顔のテカリや脂が目立つ男はNG!皮脂を抑える方法とは?脂性肌防止

f:id:C-write:20170626214658j:plain

男性であれば、多くの人が一度は悩むことになるであろう “顔のテカリ” 。

今はまだ気になっていない人でも、加齢とともにいずれ気になり始めるでしょう。

顔のテカリや皮脂に悩まされている男性が多いことは、実際の意見を見ても明らかです。

顔の脂がすごくて困っています。20代の男です。
ティッシュや脂取り紙を使っても1時間もすればギトギト・・・。顔の脂が気になって他のことに集中できないし夜だってべたつきが気になって何度も起きてしまいます。
一体原因は何で、どうすれば脂の分泌を抑えられるのでしょうか?

二十歳の男です。最近顔のテカリと乾燥がやばいです。
化粧水だけではなく乳液もつけるべきですか?

26歳の男ですが、テカリがすごいです。
10代のころからですが、風呂上りの洗顔後で油を落とした状態でも頬等を中心にテカっています。
油肌ですが、洗顔後でもテカリがあるので、油取り紙では意味がありません。
男なのでファンデーションをするというわけにもいきません。
一応乳液と化粧水のようなものは最近使うようになりました。
どうすればテカリをなくすことができるでしょうか?

このように、たとえ20代の男性であっても、多くの人が顔のテカリや皮脂の過剰分泌に悩まされています。

これらの原因は一体なんなのか。また、効果的な解決方法はあるのか。

今回はそのようなことについて紹介していこうと思います。

なぜテカる?

「なぜ顔がテカってしまうのか」この原因は人によって異なります。

考えられる原因をいくつか紹介するので、まずは自分に当てはまりそうなものがどれくらいあるか確認しておいて下さい。

男性ホルモンやホルモンバランスの影響

まず知っておいてほしいのは、皮脂の分泌には男性ホルモンが大きく関わっており、男性ホルモンが多い人は、皮脂の分泌量が多くなりやすいということです。

また、ホルモンバランスが乱れることも、皮脂の過剰分泌を引き起こす原因の一つです。

ホルモンバランスが乱れるキッカケは、日常生活の中にたくさんあります。これらが皮脂の過剰分泌を促していることも多いです。

過剰なストレス

日頃の生活で強いストレスを受けているような人は、ホルモンバランスの乱れによって皮脂の過剰分泌が起こっている可能性があります。

たとえば新しい職場や学校など、身の周りの生活環境が大きく変化したときなどには、強いストレスを受けやすくなります。

このような環境の変化がホルモンバランスの乱れを招き、結果的に皮脂の過剰分泌を促している可能性は十分あります。

睡眠不足

ストレスと同様に、睡眠不足もホルモンバランスを乱す原因になります。

睡眠不足といっても、ただ単に睡眠をとればいいというわけではありません。睡眠時間が多くても、睡眠の質が悪いと身体は完全には回復しません。

具体的には

・電気をつけたまま寝る

・寝る前に強い光(スマホやPCなど)を浴びる

などが睡眠の質を下げてしまいます。

また、睡眠不足はストレスと相関性があります。

強いストレスがあるときには、寝つきが悪くなることや睡眠の質の低下を招きやすくなることが考えられます。

反対に睡眠不足になっていると、ストレスを抱えやすくなることや睡眠不足自体がストレスになることが考えられます。

つまり、ストレスの軽減と睡眠の質の向上は同時に考えたほうが良いということです。

偏った食生活

普段の食生活で、肉類やジャンクフードが多い人は、皮脂の過剰分泌の原因になっている可能性が高いです。

甘いものや油っこいものを好む人は要注意です。

不適切なスキンケア

間違ったスキンケアによって皮脂の分泌を悪化させることもあります。これをしてしまっている男性は意外と多いです。

適切なスキンケアというのは、その人の元々の肌質や体質によって変わりますから、他人とっての適切なスキンケアが自分にとっても良いとは限りません。

これを理解していない人は間違ったスキンケアをしている可能性が高いので、一度洗顔料の選び方や洗顔の仕方などからスキンケアを見直してみましょう。

適切なスキンケアに関しては後ほど紹介します。

元々の体質

皮脂の分泌には男性ホルモンが関係していると言いましたが、なかにはもともと男性ホルモンが多い人もいます。

そのような人は、 “生まれつき皮脂を分泌しやすい体質” と言えますから、生活習慣を見直しても、あまり改善は見込めないかもしれません。

そのため、この場合には直接男性ホルモンを抑制するようなアプローチをしたほうが効果的でしょう。その方法についても後ほど詳しく紹介します。

テカリは女性からの印象を悪くする?

これは男性が顔のテカリを気にする理由の一つでもありますが、テカリが目立つ男性は女性からの印象が悪いです。

顔が脂でテカっていると、どうしても

・清潔感がない、汚い

・臭そう

・あまり近づきたくない

などの印象を持たれるようです。

実際に、皮脂が多いと臭いも発生しやすくなるので、このような印象を持たれてしまうのは当然と言えるでしょう。

女性は男性の清潔感をかなり気にしますから、できる限り、清潔感は保っておきたいものです。

顔のテカリを抑えるためには

では「顔のテカリや皮脂の分泌を抑えるためにはどのようなアプローチが必要なのか」についてここからは紹介していきます。

顔のテカリは正しいケアを行わないと改善しないので、しっかり確認しておいて下さい。

生活習慣の改善と適切なスキンケア

テカリの原因を見て分かったかと思いますが、以下の二つは非常に大切です。

・生活習慣を改善すること

・適切なスキンケアを行うこと

テカリに悩む人が必ずしも脂性肌とは限りませんので、まずは自分の肌質を確かめる必要もあります。

これに関しては以下の記事で詳しく書いています。

www.iiotokolab.com

肌荒れやニキビについての記事ではありますが、皮脂を抑えるスキンケアや生活習慣についても同時に書かれているので、参考にしてみてください。

顔のテカリ専用のスプレーを使用する

生活習慣の改善やスキンケアは大切ですが、正直これらは即効性に欠けます。気を遣ったからといって急に顔のテカリが抑えられるわけではありません。

それに体質的な問題でテカリを抑えるのが難しい場合もあります。そのような人は、顔のテカリ専用のスプレーがオススメです。

顔汗やテカリ、皮脂のベタつきやニオイを抑えるために作られたトリムクールは、顔のテカリに悩む人には打ってつけのアイテムです。

このスプレーをサッと顔に振りかけることで、顔汗や皮脂をしっかりと押さえてくれます。

なかには脂取り紙なんかで顔を拭く人もいますが、あれってその瞬間に皮脂を取り除くだけだなので、ほぼ無意味なんですよね。

このスプレーならしっかり効果が持続するので1本持っておくと安心です。顔汗やテカリのケアに特化したアイテムはなかなか無いのでオススメです。

一つデメリットを挙げるなら、値段が少々高いところでしょうか。定期コースで1本あたり4,000円なので、人によっては値段を理由に利用をためらうでしょう。

ただ、顔のテカリは仕事面や恋愛面において大きく支障をきたします。特に、異性からの印象は最悪でしょう。

清潔感が全くないですし、ニオイもしますからね。

価値観は人それぞれですが、これを4,000円で解決できると考えれば、利用する価値はあるのでは?と個人的には思っています。

人によっては毎月払う携帯代なんかの方がよっぽど高いですからね。

さらにこのスプレーには、90日間の全額返金保証が付いています。

もし商品に納得できなければ返金保証を利用すればいいだけなので、一度試してみて損はないでしょう。

詳しくは公式ページを参考にしてみて下さい。

>>【トリムクール】公式サイトはこちら

身体の中から皮脂を抑制する

先ほどから言うように、皮脂の分泌には男性ホルモンが大きく影響しています。

そのため男性ホルモンの抑制やホルモンバランスを整えることができれば、皮脂の分泌量も減らすことができます。

ただ、これを生活習慣で改善しようと思うと、結構大変です。特に普段から忙しいような人だと難しいでしょう。

そんな場合にオススメしたいのが、サプリメントを摂ることです。

たとえば最近メディアでも取り上げられ、男性によく使われている『ジェントルフェイス』というサプリがありますが、このようなサプリを積極的に取り入れるのも一つの手です。

ジェントルフェイスは、皮脂の根本的な原因である男性ホルモンに働きかけるため、顔のテカリや肌荒れに悩む人に使われています。

他にも、ビタミンをはじめとした肌環境を整えてくれる成分がいくつも含まれています。詳しくは商品ページを確認してもらえれば分かるでしょう。

初回価格が500円に設定されているところも嬉しいですね。興味があれば、一度使ってみると良いでしょう。

>>【ジェントルフェイス】公式サイトはこちら

皮脂を抑えるサプリメントについては以下のような記事もあるので、合わせてチェックしてみてください。

www.iiotokolab.com

原因を知り、自分に合った適切なケアを

顔のテカリを改善したければ、意識的にケアをしていく必要があるでしょう。

そのためにはテカリの原因を知り、表面的なケアだけでなく身体の中からのケアも考える必要があります。

ぜひ今回の記事を参考に、自分にふさわしいケアを行い、顔のテカリや皮脂の抑えることに役立て下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする