すね毛&脇毛をすきカミソリで処理した写真:GBボディトリマー比較

f:id:C-write:20170617144411j:plain

あなたはすきカミソリを使ったことはありますか?

おそらく使ったことがない人も多いと思うので、今回は写真付きですきカミソリのレビューをしたいと思います。

ちなみに筆者は、脱毛によってすね毛や脇毛が薄くなっているので、今回は知人に協力してもらうことにしました。

今回用意したすきカミソリは、以下の2つです。

f:id:C-write:20170613174605j:plain

・貝印 kai razor – レッグトリマー

・マンダム GATSBY – GBボディ ヘアトリマー

ちなみに、ギャツビーは600円ほどであるのに対し、貝印の方は2本入りで300円ほどですので、価格的にお手頃なのは貝印です。

今回はこの2つのカミソリで、すね毛と脇毛を処理してみようかと思います。

すきカミソリを使う目的とメリット

実際に使用する前に、なぜすきカミソリを使うのかについて少し話しておきます。

すきカミソリの目的は、体毛を自然に薄く見せることです。

普通のカミソリやシェーバー、除毛クリームなどを使うと、処理した部位がツルツルになってしまいます。

これを防ぎ、自然な薄さに見せたいときにすきカミソリを使います。

ちなみになぜツルツルではなく、自然に薄さにするのかに関しては、以下の記事で紹介しています。

www.iiotokolab.com

すね毛と脇毛をすきカミソリで処理

では実際に、すきカミソリを使ってみたいと思います。

※ここからは写真付きで説明するので「すね毛や脇毛なんて見たくねーよ」「汚ねーよ」という方は画面を閉じて下さい。

では、まずはすね毛から。

すね毛の場合

剃る前のすね毛の状態はこんな感じです。

f:id:C-write:20170613192050j:plain

それなりに濃いので、これをできるだけ自然な薄さにしたいと思います。まずは貝印から使ってみましょう。

f:id:C-write:20170613194844j:plain

f:id:C-write:20170613195351j:plain

かたちはカミソリにバリカンの先端部分を付けたような感じですね。

実際に剃ってみると、「あれ、剃れているのかな?」と感じで、多少剃れにくさがあるようです。

同じ箇所を2,3往復ほど剃ることになると言っていました。剃ったあとの状態は以下の通りです。

f:id:C-write:20170613200657j:plain

左が剃る前、右が剃り終えた後になります。

f:id:C-write:20170613200835j:plain

極端な変化ではありませんが、全体的に薄くなったようには見えます。

ただ、写真だと自然に見えるかもしれませんが、実際にはまばらな仕上がりになっているので、多少の不自然さは残っています。

遠目で見る分には問題ないかもしれませんが、ある程度近くでみると違和感を感じるでしょう。やはり完全に自然な状態とはいかないようです。

では続いて、ギャツビーを試してみます。

f:id:C-write:20170613203132j:plain

f:id:C-write:20170613203224j:plain

貝印のカミソリと違って、こちらは櫛(くし)のようなカタチになっています。

剃ってみた感触は、「貝印よりも剃れる」といった印象だそうです。そのため剃る時間はコチラの方が短くて済むかもしれません。

しかし剃れやすい分、貝印以上に仕上がりにムラができやすいのとも言っていました。剃った後の状態はこんな感じです。

f:id:C-write:20170613214019j:plain

先ほどと同様に、左が剃る前で、右が剃った後です。貝印のときよりも、多少薄くなった印象です。

f:id:C-write:20170613214847j:plain

先ほどよりも薄くはなりましたが、その分カミソリで剃った感じも出ています。

結局どちらのカミソリを使ったとしても、薄くなればなるほど不自然さが出るということですね。

特にすね毛が濃い人だとくムラが目立ちやすくなるかと思います。

脇毛の場合

サクサク進みますが、続いて脇毛の処理に移りたいと思います。(※脇毛はすね毛よりも汚い画像ですのでご注意を….)

まずは貝印の仕上がりから。

f:id:C-write:20170613220540j:plain

正直自然な仕上がりとは言い難いですね…すね毛以上に近くで見たときの違和感は大きいかと思います。

続いてギャツビーの仕上がりです。

f:id:C-write:20170613221911j:plain

もうどちらでも変わりませんね。とりあえず不自然です。笑

多分もっと上手く剃れば自然にできるのかもしれませんが、それでもある程度薄くしようと思うと不自然な状態になってしまいます。

個人的に良かったのは、貝印

2種類のカミソリを使用しましたが、正直そこまで大差があるわけではありません。

ただし、個人的には

・適当に剃ってもムラになりにくかったこと

・値段が安いこと

というのを踏まえて、貝印の方が良いのでは?と感じました。

ちなみにギャツビーには二面の刃がありますが、個人的には必要ないような気がしました。

そもそもどちらの刃を使った方がいいかよく分からず、下手に剃っている途中で切り替えたりすると、余計にムラになりやすいです。

そのような意味でも、あえてシンプルな貝印の方が良いという印象です。

といっても総評としては、どうしても不自然さが残るので、すきカミソリ自体おすすめできるアイテムではないといったところです。

やはり脱毛が一番

今回はすね毛と脇毛で試しましたが、正直すきカミソリを使うメリットは少ないと感じました。

特に腕の毛には使うべきでないと思います。

本当は腕でも試したかったのですが、今回協力してくれた知人も、筆者自身も腕の毛が薄く、参考にならないためできませんでした。

ただ、すね毛や脇毛の状態を見る限り、腕の毛にすきカミソリを使うとかなり不自然な状態になるかと思います。

腕の毛はすねや脇よりも近距離で見る機会が多いので、他人が見たときに違和感を感じるでしょう。

腕の毛にすきカミソリを使うくらいなら、いっそのこと除毛クリームでツルツルにしてしまったほうが良いでしょう。

腕毛の処理に関しては、以下の記事を参考にしてください。

>>腕毛を脱毛するオススメの方法:男の腕毛処理はこうしろ!

まぁどの部位にせよ、やはり一番良いのは脱毛だと思います。ムダ毛のケアにおいて脱毛以上に良いものはないなと改めて実感しました。

特に脇毛やすね毛に関しては、脱毛をするのが一番自然な状態にできます。

脱毛をするとツルツルになると思っている人もいますが、自然な薄さにすることも可能です。

といっても殆どの人は「脱毛なんてよく分からない」という感じだと思うので、私がオススメしているのは、一度体験を受けてみることです。

男性専用の脱毛サロンには、初回に限り1000円での脱毛体験を行なっているところがあります。

脱毛の体験が受けられるのは以下の2つのサロンです。

MEN’S TBC

ラ・パルレ

もちろん脇毛やすね毛も1000円で脱毛が可能なので、ムダ毛が気になる人は一度受けておいて損はないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする