女友達がいない男の原因はコレ!じつはこんなに損しているんですよ…

f:id:C-write:20171216175133j:plain

世の中には女友達がたくさんいる男性もいれば、全くいないという男性もいます。

当然ですがこれ、メチャクチャ損してますよ。

おそらく今あなたが思っている以上に損していると思います。ハッキリいって女友達が多い男性の方が得をします。

人生レベルで差が出るほどに損をしていると思っていいでしょう。

もし現在女友達がいないのであれば、今からでも作ることをオススメします。

というわけで今回は、女友達がいない男の原因&解決策 や 女友達を作った方がいい理由 などについて紹介したいと思います。

女友達がいない原因

女友達がいない男性にはいくつかのタイプがあります。

これらの原因が複数重なっている人もいるでしょう。まずは当てはまるものがないか確認してみてください。

女性と接するのが苦手

f:id:C-write:20171216175446j:plain

女性と接するのが苦手というのは、女友達がいない男性の典型です。これは言うまでもないでしょう。

ハッキリいって、積極性の低い男性と仲良くなろうなんて女性は殆どいません。ある程度は男性の方から関わっていかなければ、女友達はできないでしょう。

女性に話しかけたり連絡をしたりすることをヘンに意識してしまう男性もいますが、女友達が多い男性はこれがありません。

男友達と連絡を取るように、女友達とも連絡を取ります。この違いは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

男友達といる方が気楽(気楽と思い込んでいる)

f:id:C-write:20171216175203j:plain

「女性といるより男友達と居たほうがラクだから」という男性は少なくありません。

これは私も共感できますし、一理あるでしょう。ですが大半の男性は、女性に対する免疫がないだけです。

女性と居ると緊張してしたり気をつかったりするのは、単純に女性と接している機会が少ないからです。

男友達といる方がラクだったとしても、そのままでは一生女性に対する免疫がないままです。

むしろ男友達といる方がラクだからこそ、女性と接して免疫をつけるべきだと思った方がいいかもしれません。

女性=恋愛対象・性的対象としか見ない

f:id:C-write:20171216175220j:plain

女性と関わるときに、『恋愛対象 or 性的対象であるかどうか』のみを考えている男性もいます。

「どうせ仲良くなるなら可愛い子の方がいい」と思うのは、男であれば当然ですよね。

ですが関わる女性を恋愛対象or性的対象かどうかでしか判断しない人ほど、友達として女性と接することが難しく、結果的に女友達ができにくくなります。

どうしても男女を意識した関係になってしまうか、仲良くなれずに終わってしまうでしょう。

本人がよければ、このような女性との関わり方もアリだと思います。

「女なんてエッチするか彼女にするかのどっちかでしょ」

「ただの女友達なんていらん」

という男性も少なくないと思います。ただ、このような男性であっても、結局は女友達を作った方が得をするんですよね。

女の子とエッチしたい、可愛い彼女が欲しいなんて男性にとっても、女友達がいるかどうかは重要なんです。

これに関して後ほど詳しく紹介します。

男友達になりやすい人&なりにくい人の違いとは?

ここからは少し女性目線で考えてみましょう。

女性から見たとき、友達になりやすい男性友達になりにくい男性には以下のような違いがあります。

友達になりやすい男性 友達になりにくい男性
・気軽に話しかけてくれる

・女性として意識されすぎていない人

・下心がなさそう

・気をつかってしまう

・異性として意識されているのを強く感じる

・下心がありそう

大前提として気軽に話しかけてくれる人のほうが女性は友達になりやすいです。

“気軽に” というのが結構重要で、かしこまって話されると女性側も気をつかってしまいます。

もちろん嫌な印象持たれるわけではありませんが、友達になりたいのであれば、まずは気楽に話せる関係になる必要があります。

仲のいい男友達と話すときを考えてみて下さい。イチイチ話す内容なんて考えませんよね?お互い無意識に声をかけ、自然と会話が成立するはずです。

女の子と話すときにも、これに近い状態が望ましいです。完全には無理だと思いますが、より自然と話せる関係になれば、女友達は確実にできます。

また、あくまで友達として仲良くなるのであれば、あまり異性として意識していることを感じさせないほうがいいでしょう。

コチラが異性として意識しすぎると、相手も気軽に接しづらくなることもあります。

下心を感じるような場合も同様です。純粋に友達として接することが難しくなるでしょう。

女友達を作りたければ、下手に女性であるこを意識せず、気軽に接するほうが仲良くなりやすいです。

女友達を絶対に作った方がいい理由

男性のなかには「女友達はいなくてもいい」と思ってる人も少なからずいるでしょう。

ですが冒頭でも言ったとおり、女友達がいないことによる損失は大きいです。

ここからはなぜ女友達を作ったほうがいいのかどれだけ損をしているのかということについて紹介します。

出会いが格段に増える

まず圧倒的に変わるのが交友関係です。

女友達がいる男性の方が、新しい女性との出会いも多いです。これは言うまでもないでしょう。

特に誰もがSNSを利用する現代では、女友達の友達と繋がりやすいです。

「写真よく一緒に写ってるあの子可愛くない?」→「今度連れてこようか?」みたいなことも普通に起こりますからね。

気軽に異性との交友関係を増やせるというメリットは大きいです。

女性の本音を聞ける

女友達がいると”女の本音”を聞く機会が増えます。

異性として意識している男性や親密でない男性に対して、女性は本音を言いません。

女子会での会話は、男に聞かせられないような内容だとよく言われますが、じつは親しい男友達になると、なかなか聞けない女の本音が聞けたりするものです。

恋愛対象ではない親密な男友達に対しては、わりと本音を語ってくれるんですよね。

そしてこれを知っている男性の方が、女の扱いが上手くなります。

女性は様々な場面で建前と本音がありますからね。女の扱いが上手くなると当然モテやすいですし、エッチな関係なんかも作りやすいです。

本音で話してくれる女友達が何人かいると、結構役立ちますよ。

可愛い女の子と付き合える可能性が上がる

他人のカップルを見て 「何でこの男がこの女性と?」と思ったことはありませんか?

美女と野獣のようなカップルは結構多いですが、じつは女友達も多い男の方が可愛い彼女を連れている確率は高いです。

明確なデータがあるわけではありませんが、少なくとも私の周りを見ていると、かなりこの傾向が強いです。

実際の私の友人に例えてみましょう。私には以下の2人のような友人がいます。

A君・・・顔は大してカッコよくないが、女友達がそれなりにいる

B君・・・顔が良くイケメンと言われることも多いが、女友達がほぼいない

顔だけで言えば圧倒的にB君に軍配が上がるわけですが、A君の方が可愛い彼女と多く付き合ってきています。

もちろん、この2人だけで判断しているワケではありません。他の知人を見ていても、やはり女友達が多い人の方が、可愛い彼女を連れている確率が高いんです。

これは単純に出会う人が多いからというのもありますが、親密な女友達が多い人の方が、ふとした時に可愛い女性と出会えるものです。

女友達を作るためにはこれをしよう!

女友達がいた方がいいことは分かってもらえたでしょうか?

モテたい、可愛い彼女が欲しい、色んな女の子とエッチしたい、といった男性の欲望は、女友達が多い人の方が満たされやすいということです。

というわけで最後は、女友達を作るためにすべきことを紹介したいと思います。

当たり前だと思う部分もあるかもしれませんが、大切なことなのでしっかりと確認しておいて下さい。

女性と関われる場所へ積極的に行く

当然ですが、女友達をつくるためには女性と関わらなければなりません。

もちろん関わった女性と毎回友達になれるなんてことはありませんから、色んな人と関わる必要があります。

ただ、社会人になるとそのような機会は少ないため、自ら積極的に女性と関われる場所に行く必要があります。

たとえば社会人サークルに入ってみたり、街コンや相席居酒屋に行ってみたりという努力は必須でしょう。

もしくは職場にいる女性と仲良くなってみるというのもアリです。

一番良いのは学生時代に女友達を作っておくことですが、それが叶わなかった人は今から頑張るしかないです。

女友達を作る具体的な方法に関しては、以下の記事で紹介しています。

【女友達の作り方】社会人の男性が女性と仲良くなる方法って?

今回紹介したことと重なる部分もありますが、気になる人は目を通してみてください。

相手が話しやすいと思える関係性を作っていく

女性と親密になろうと思うなら、お互い話しやすい関係になっていくことが非常に重要です。

女性に限ったことではありませんが、話にくい人や気をつかってしまう人と親密になんてなれません。

仮に何度か会話をしたことがあっても、話やすい相手でなければ知り合い止まりでしょう。

これはお互いの相性にもよりますが、ある程度のコミュニケーションスキルはあったほうが良いです。

女性と上手くコミュニケーションがとれないせいで仲良くなれない人も多いです。反対に話が上手な人は、女性と仲良くなりやすいです。

もし女性との会話があまり得意でないのなら、基本的な会話のコツくらいは押さえておいたほうがいいでしょう。

女性との会話のコツに関しては

女性との話し方:女性との会話で押さえておくべき8つのコツ という記事で紹介しているので参考にしてみてください。

私はネットで女の子と関わりまくった

余談ですが、じつは私も女友達が全くいなかった時期があります。女性と接するのが苦手で、男といる方がラクだと思っていたんです。

まぁ男といる方がラクというのは今も変わりませんが、女の子への免疫は相当つきました。

「暇だからちょっと飲みにでも行こうよ」「〇〇行きたいんだけど明日ヒマ?」

というように、気軽に会える女の子も普通にいます。

昔の自分とは本当に大違いなワケですが、これは全てネット経由で女の子と関わりまくったからです。

どうしても対面で女性と仲良くなるのが苦手だった私は、最初ネットで女の子とやりとりをすることから始めました。

ネットでのやりとりはメッセージがメインなので、直接女の子と話すよりもハードルがだいぶ低かったです。

メッセージの内容を考える時間もあるので、会話のように途中で途切れてしまうようなこともありません。こちらの緊張が相手に伝わることもないです。

そしてメッセージのやりとりをした後、実際に会って遊ぶということを繰り返したんです。

当然最初は一回会ってそれっきりなんてこともありました。やっぱり実際会うと緊張してしまいますし、女性も一緒にいて楽しくなかったのでしょう。

ですがこれを繰り返していると、女の子に慣れてくるんですよね。ラインもテンポよく続くようになって、一緒にいる時も自然と会話が弾むようになります。

結局は慣れが大事なんだなとつくづく感じました。これから女友達を作る人も、とにかく女の子と沢山関わることを意識しましょう。

数をこなせば自然と結果はついてきますから。自信がない人は私のようにネットで知らない女性とやりとりをすることから始めてみて下さい。

その方がラクだと思います。

ちなみに私が使っていたのは、 PCMAX (R18) というサイトです。出会い系サイトは良いイメージを持たない人もいますが、むしろ逆です。

出会い系サイトに登録している時点で女の子も男と仲良くしたいと思っているので、やりとりがスムーズで出会える子も多いです。

登録は無料で最初にサービスポイントも貰えるため、とりあえず利用してみて損はないでしょう。

むしろサイトで女の子と関わることさえできないようではダメです。最低限これくらいの積極性は必要なので、女友達が欲しい人は試しに利用してみて下さい。

注意すべきなのは、出会い系サイトにも良いサイトや悪いサイトがあるということです。悪いサイトだと、全然女の子と出会えないので気をつけて下さい。

この辺のことは以下の記事を読むと分かるでしょう。

使うべき出会い系サイトはココ!出会い系選びで重要なポイントとは?

優良サイトが紹介されているので参考にしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする