男のぽっこりお腹は放置すると危険!お腹周りの脂肪を早急に落とすべき理由

f:id:C-write:20180207224700j:plain

「最近お腹が出てきた」

「ぽっこりお腹が気になる」

そんな男性は少なくないでしょう。お腹周りの脂肪は突然つき始めるものです。

特に社会人になってお酒の席が増えた人や、加齢による基礎代謝の低下などによってお腹が出始めることは多いです。

気をつけてほしいのは、これを放っておくと脂肪がドンドン落ちにくくなるということです。

もしお腹周りの脂肪が付き始めているようなら、脂肪が落としにくくなる前に、今すぐにでも対策を打った方がいいでしょう。

ということで今回は、お腹周りの脂肪を効率よく落とす方法について紹介したいと思います。

お腹周りについた脂肪の仕組み

まずは、お腹周りの脂肪について知っておいた方が良い知識を簡単に説明しておきます。お腹の脂肪には、大きく分けて以下の2つの脂肪があります。

・内臓脂肪

・皮下脂肪

図で表すと、以下の通りです。

f:id:C-write:20180207225154j:plain

お腹周りの脂肪を落とす上では、これら2つの脂肪の違いについて知っておいたほうが良いので、それぞれの脂肪の特徴について紹介しておきます。

内臓脂肪

内臓脂肪は生活習慣の影響を受けやすく、食生活の変化や不規則な生活リズムになどによって変化が現れやすいです。

蓄積が早く落としやすい脂肪と言われており、男性ホルモンや筋肉量が影響から、男性に付きやすい脂肪でもあります。

そのため、「最近急にお腹が出てきた」という人は、内臓脂肪が増えている可能性が高いです。

内臓脂肪の増加は、以下のような生活習慣病を引き起こすことがあります。

・糖尿病

・高血圧症

・高脂血症

最悪の場合、動脈硬化症のような重度の病気につながる可能性もあります。

ダイエットとは関係ないと思うかもしれませんが、このようなリスクがあるということは知っておくべきです。

リスクを知っておいた方が危機感も出るため、結果的にダイエットも成功しやすくなります。

皮下脂肪

内臓脂肪とは対照的な皮下脂肪は、時間をかけて蓄積される分、落とすのにも時間がかかる脂肪と言われます。

お腹の表面を触ったとき、指で簡単に摘める脂肪がコレにあたります。

基本的には女性に付きやすいと言われる脂肪であり、内臓脂肪ほど健康面におけるリスクは多くないようです。

ただ、見た目がたるんだ印象になるため、外見的なデメリットが大きい脂肪と言えるでしょう。

時間が経てば経つほど、お腹周りの脂肪は落ちにくくなる?

これら2つの脂肪の特徴から分かることは、お腹周りの脂肪を放っておくと、どんどん落ちにくくなるということです。

説明した通り、内臓脂肪であれば比較的落としやすいです。

しかし一度皮下脂肪が蓄積してしまうと、お腹の脂肪は落としにくくなってしまいます。

放っておけば放っておくほど、ダイエットの難易度も上がってしまうということです。冒頭で「早めに対策をしたほうがいい」と言ったのはこのためです。

皮下脂肪は女性の方が付きやすいとは言いましたが、放っておけば当然男性でも蓄積していきます。

なかには、既に多くの皮下脂肪が蓄積している人もいるでしょう。

そのような人も今以上に皮下脂肪が蓄積されてしまえば、どんどん痩せにくい身体になってしまいます。

そのため、どちらにせよ早めに対策をしていかなければなりません。

「気づいた時点ですぐに対策を打つ」というのが、お腹周りの脂肪を落とす上では重要ということを覚えておいてください。

お腹の脂肪を効率よく落とすためには?

ここからは「どのようにお腹周りの脂肪を落とせばよいのか」について紹介していきます。

お腹周りが気になる人はしっかり確認しておいてください。

腹筋だけでは、お腹の脂肪は落ちない?

ダイエットの際、よく重要だと言われるのが基礎代謝を上げることです。

基礎代謝を上げるには筋肉が必要なので、筋トレは痩せやすい体質を作る上では重要です。

ただしここで勘違いされやすいのが、筋トレによって痩せられるという認識です。

筋トレはあくまで基礎代謝を上げるためのものであり、筋トレそのものが脂肪の燃焼に高い効果を発揮するわけではありません。

特にお腹の脂肪を落とすときには、多くの人が腹筋ばかりしてしまう傾向にありますが、ただ腹筋をするだけではお腹の脂肪は思ったように落ちません。

もちろん筋肉をつけて基礎代謝を上げることは大切ですし、お腹周りの引締め効果があることも考えると、適度な腹筋はしたほうがいいです。

ただ、腹筋だけをしていればお腹の脂肪が落ちるという勘違いはしないようにして下さい。

また身体の筋肉が衰えている人と、すでにある程度の筋肉が付いている人では、筋トレによるダイエット効果は大きく異なります。

筋肉が衰えている人の場合は筋トレによって代謝が上がりやすいですが、ある程度の筋肉がある人の場合だと、筋トレによって得られるダイエット効果は小さくなります。

つまりどれくらい筋肉が付いてるかによって筋トレの重要度も変わるということです。

どちらにせよ筋トレだけでお腹周りの脂肪を落とすのは難しいので、注意しておいてください。

有酸素運動を取り入れる

しっかり脂肪を落としたければ、運動を取り入れることが重要になります。

運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、脂肪を燃焼する際に効果的なのは有酸素運動です。

ちなみに有酸素運動と無酸素運動の違いは、以下の通りです。

有酸素運動

体内に取り込んだ酸素を使い、エネルギーを生み出します。軽度~中度の負荷であり、長時間の継続が可能です。

無酸素運動

酸素をほとんど必要とせず、短時間に強い力が必要となる運動です。筋肉に貯めてあるグリコーゲン(糖質)がエネルギーの主原料になります。

脂肪の燃焼には有酸素運動の方が効果的であり、長時間続けることで、より高い効果を発揮します。

目安としては、20分以上有酸素運動を継続すると脂肪燃焼効果が高まるため、40分ほど行うのが良いでしょう。

ただし必ずしも長時間行う必要はありません。むしろ長時間の運動をしたところで、それを習慣として継続できなければ意味がありません。

5分~10分ほどの運動でも全く効果が無いわけではありませんので、まずは継続可能な有酸素運動を取り入れるようにしましょう。

ちなみにお腹周りに効く有酸素運動としてよく挙げられるのが、スクワットです。

スクワットといえば筋トレというイメージが強いかもしれませんが、じつは有酸素運動になるんです。

やり方については、以下の動画が分かりやすいです。

www.youtube.com

これはハーフスクワットとも呼ばれますが、お腹周りを引き締めるのに効果的と言われます。

回数はできるだけ多く行ったほうが良いですが、先ほども言った通り継続できなければ意味がありませんから、まずは自分が継続できる範囲で行うようにしましょう。

といっても、最低でも5分間くらいは行ったほうが良いかと思います。

やっぱり食生活が一番重要?

ダイエットの基本は、摂取カロリーを減らし消費カロリーを多くすることです。

言うまでもなく、食事制限はダイエットにおいて大きな効果を発揮します。特に内臓脂肪に関しては、食生活の管理によって改善されやすいです。

お腹周りが気になる人にありがちな食生活は、以下の3つです。

  • 高カロリーなものを好む(揚げ物、甘いものなど)
  • よくお酒を飲む
  • 食事の時間が不規則

お腹周りの脂肪が気になる人の多くは、上記のいずれかに当てはまる可能性が高いです。これらを改善するだけでも、ぽっこりお腹は改善しやすくなります。

ただし皮下脂肪が多く付いている場合、食事の管理だけでは落ちにくいため、運動が必須になります。

運動を面倒くさがり、食事制限だけをしている人も少なくないので気をつけましょう。

ちなみに「お酒は太らない」という人がいますが、これは半分正解で半間違いです。

というのも、お酒の種類によってはカロリーを多く含むものもあります。

また、お酒を飲むと身体はアルコールの分解を最優先にするため、脂質やたんぱく質の分解が後回しにされてしまいます。
分解を後回しにされた脂質やたんぱく質が体内に蓄積されると脂肪が増え、結果的に太ってしまいます。

サプリメントを摂る

より効果的に脂肪を減らしたい人におすすめなのが、サプリメントの摂取です。より効果的に脂肪を落としたければ、利用するべきでしょう。

お腹周りのダイエットであれば【 シボヘール 】がおすすめです。シボヘールはお腹の脂肪を減らすことに特化した機能性表示食品です。

シボヘールに含まれる”葛の花由来イソフラボン”は、BMI25~30の肥満気味な方を対象とした研究で、お腹の脂肪を減らす効果が報告されています。

この効果は、内臓脂肪と皮下脂肪のどちらにおいても確認されています。

さらに、初回が980円でありながら定期契約の縛りがないため、初めての人でも気軽に試せるはずです。

これからお腹の脂肪を落とそうと思っている人は、ぜひ一度試してみてください。

「シボヘール」>>詳しくはこちら

痩せ身エステを受ける

お腹周りの脂肪を落とすために必要なのは、

・摂取カロリーに気をつけること

・脂肪を燃焼すること

この2つです。そのために運動と食事管理必要であることは誰でも知っています。

にもかかわらず、多くの人はダイエットに失敗します。

ほとんどの人はお腹周りの脂肪を落とす方法は知っているのに、それを実現できていないのです。

なぜこのようなことが起こるのか。

つまりこれは、「痩せる方法を知っているかどうか」が問題なのではなく、「自力で痩せられるモチベーションや意志力があるかどうか」が本質的な問題ということなんです。

実際、痩せる方法については何度も調べているのに、未だに痩せられていないという人は多いはずです。

あなたも思い当たる節があるのでは?

この本質的な問題に気づけていない人は、どれだけ効果的なダイエット方法を知ったとしても痩せられません。

正直、本当に痩せられる人は専門的な知識や方法を知っていなくても、基本的な運動や食事の管理だけで痩せられるものです。

そのため、もしなかなか痩せられないようであれば、自分自身の意志力やモチベーションを見直していくしかありません。

といっても、これは簡単なことではありません。これが難しいからこそ、ダイエットに挫折してしまう人が多いワケですから。

そこで一つおすすめしたいのが、エステを受けてみることです。

男性には馴染みがないかもしれませんが、エステにはダイエット用の痩せ身コースがあります。

自力で痩せられないようであれば、自分以外の力を上手く活用して痩せるしかありません。

たとえばラ・パルレというエステサロンでは、脂肪撃退コース 初回2000円で受けられます。

お腹の脂肪燃焼や筋肉の増加に効果的なエステが体験できるので、試しに受けてみて損はないでしょう。

ちなみにラ・パルレの店舗がある地域は以下の通りです。

< ラ・パルレ 店舗所在地域 >

北海道 北海道
東北
関東 東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県
中部 愛知県  静岡県 長野県 富山県
近畿 大阪府 京都府 兵庫県
中国 広島県
四国
九州・沖縄 福岡県

>>【脂肪撃退コース】公式サイトはこちら

もし、近くにラ・パルレがなければ、『MEN’S TBC』でもダイエット向けのエステが受けられます。

< MEN’S TBC 店舗所在地域 >

北海道 北海道
東北 宮城県
関東 東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県 茨城県 群馬県
中部 愛知県  静岡県 石川県 新潟県 長野県
近畿 大阪府 京都府 兵庫県
中国 広島県 岡山県
四国 愛媛県 香川県 高知県 徳島県
九州・沖縄 福岡県 沖縄県

>>【ボディシェイプコース】公式サイトはこちら

自力で痩せるのが難しいと感じている方は、一度エステを利用してみてください。

早め早めの対策が大切

お腹の脂肪が付いてきたとき、一番に考えてほしいのは放っておくと脂肪がどんどん落ちにくくなるということです。まずはこれを忘れないでください。

そしてできる限り早め早めに対策を打つことが重要です。今回の記事を参考に、すぐにでもお腹の脂肪対策を始めていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする