痩せたい!けど痩せられない…という男は一旦コレを真剣に読もう

f:id:C-write:20180207140525j:plain

「太っている人は人生損している」と言われることは少なくありません。

痩せている人から見れば当然のことでしょう。これは太っている人自身も分かっていることではないかと思います。

太っているというだけで他者からの印象は大きく左右されますし、特に異性の対応は明らかに変わります。

私の友人にも一人、劇的なダイエットに成功した人がいますが、その彼もこう言っていました。

痩せたら世界が変わる、周りの対応が全然違うと。

大袈裟に感じるかもしれませんが、彼は冗談ではなく本気で言っていました。

その彼は、学生時代はほとんど女性と関わることすら無かったのですが、社会人になってからは、さまざまな女性と関わるようになり、彼女もできるようになりました。

人の体型には、それほど大きな影響力があるのです。

にも関わらず、世の中には「痩せたいけど痩せられない」という人が多くいます。これは非常にもったいないことです。

そこで今回は『男が痩せるためにすべきことの全て』ということで、ダイエットのコツ~痩せられない人の本質的な問題まで、細かく紹介していきたいと思います。

「本気で痩せたい!」と思っている人ほど、しっかり読んでいただけたらと思います。

ダイエットの基本的な要素

f:id:C-write:20180207142331j:plain

まず最初に、ダイエットの基本的な要素について説明しておきます。

わざわざ説明するまでもないかもしれませんが、ダイエットの基本は以下の3つです。

・摂取カロリーを減らすこと

・運動でカロリーを消費すること

・筋肉をつけて代謝を上げること

普段からカロリーを摂取しすぎている人は摂取カロリーを減らし、運動不足な人は運動をする。そして、筋肉が衰えている人は筋力をつけること。

ほとんどの人は分かっているかと思いますが、痩せるためにはこれらが必要です。

今回は、これらをより効果的に行うコツについて紹介したいと思います。

食事制限を効果的に行うコツ

f:id:C-write:20180207142402j:plain

痩せられない人の多くは、食生活の管理が下手です。

たとえ運動不足であったとしても、摂取カロリーが抑えられていれば、それほど太りはしないはずです。

反対に、いくら運動をしていても、それ以上にカロリーを摂取していれば必ず太ります。

つまり、食生活の管理が最もダイエットを左右すると言っても過言ではありません。

そこで、食事の管理が上手くできていない人のために、食事制限を効果的に行うコツについて紹介したいと思います。

ちなみに、甘いものや脂っこい食事を控えるなんてことは当然のことですので、わざわざ紹介はしません。

多くの人は、『何を食べるべきでないか』ということは分かっているはずだからです。

『分かっているけど上手くいかない』という部分が問題なので、これが上手くいきやすくなるコツを紹介したいと思います。

炭水化物を減らし、食物繊維の多い食材を増やす

ダイエットにおいて、炭水化物を減らすというのは有名ですが、これと同時に食物繊維の摂取量を増やすことを意識して下さい。

まず、炭水化物を減らすと、食物繊維が不足しやすくなります。これは、炭水化物が多くの食物繊維を含むからです。

そのため、ただ炭水化物を抜くだけだと、便秘を引き起こす可能性があります。便秘を引き起こすと、便に含まれる老廃物を血液中に取り込んでしまいます。

これは、全身に行き渡るはずだった栄養が脂肪に蓄積されること促してしまい、結果的に皮下脂肪や内臓脂肪を増やしてしまいます。

つまり、便秘はダイエットの妨げになるのです。

ダイエットの為に始めた食事制限がダイエットの妨げになるということですから、これでは本末転倒でしょう。

これを防ぐためには、しっかり食物繊維を補う必要があります。

また、食物繊維には、以下のような効果もあります。

・胃の中で水分を含み膨張する

・血糖値の急な上昇を防ぐ

これらはダイエットに効果的です。

食物繊維が胃の中で水分を含み膨張すると、満腹感を感じやすくなり、食べ過ぎを防いでくれる効果があります。

そして、人は血糖値が急に下がる瞬間に空腹を感じます。

血糖値の急な低下が起こるのは、血糖値が急に上昇する食事を摂ることが原因です。

そのため、日頃から間食が多い人は、血糖値が上昇しやすい食事を摂っていること多いです。

食物繊維には、これを防いでくれる効果もあるのです。

つまり、炭水化物を減らし食物繊維を増やすというのは、健康面においてもダイエットにおいても、非常に理にかなった方法なのです。

ちなみに、食物繊維を多く含む食材は以下の通りです。

・豆類

・海藻類

・きのこ類

・野菜(特に根菜)

炭水化物を減らし、これらの食材を多く摂ることを意識してみてください。

一つ注意すべきなのは、炭水化物を減らし、食物繊維の量を増やすというのは結構大変だということです。

ただでさえ、炭水化物を抜くことで食物繊維の摂取量は減ってますから、これを補うだけで精一杯になることがほとんどでしょう。

もし、より効果的に食物繊維を摂りたいのであれば、食事の管理と合わせて青汁を飲むのがオススメです。

青汁は豊富な食物繊維を含むので、合わせて摂ることができれば、かなりの食物繊維を補えるはずです。

ちなみに、ダイエット目的で青汁を飲むのであれば、ダイエットの専門家が開発に携わる『 フレッシュフルーツ青汁 』が良いです。

ダイエット目的に作られた青汁なので、上手く活用できれば痩せやすく健康的な食生活を送れるでしょう。

また、フルーツ青汁なので、今まで青汁を飲んだことが無い人でも飲みやすいはずです。

個人的には、青汁は牛乳と混ぜて飲むと美味しくなり飲みやすいです。

お試し定期コースでは、初回が980円でありながら、いつでもキャンセル&解約が可能

なので、最も試しやすい青汁と言っても過言ではないかもしれません。

より効果的なダイエットをしたい人は、一度試してみてください。

>>【フレッシュフルーツ青汁】公式サイト

タンパク質を多めに摂る

食物繊維と同様に、ダイエットの際に不足してはいけないのが、タンパク質です。

人の身体の約20%はタンパク質で構成されていると言われ、筋肉や皮膚、臓器などに必要な栄養素です。

そのため、タンパク質が不足すると筋肉が減りやすく、基礎代謝が落ちてしまいます。

基礎代謝が低いと、脂肪が燃焼しにくく、痩せにくい身体になるので注意が必要です。

そして、なぜダイエット中にタンパク質が不足しやすいのかと言うと、多くの人は肉を食べることを控えてしまうからです。

「肉は太りやすい」というイメージから、真っ先に食事制限の対象になることもあるでしょう。

ですが、これが痩せにくい身体を作っている可能性もあるのです。

もちろん、肉の種類や調理方法によっては太りやすくもなりますが、この部分にさえ注意していれば、むしろ肉は積極的に摂るべきなのです。

ちなみに、タンパク質を多く摂取できるのは以下のような食材です。

・鶏のささみ

・鶏むね肉

・豚肩ロース

・青魚

肉は、できる限り脂身を落としたものが良いでしょう。また、肉だけではなく、青魚も積極的に摂ることをおすすめします。

水を多めに摂る

非常にシンプルな方法ですが、日頃から水分を多めに摂っていると、余計な食欲が抑えられやすいです。

もちろんジュースはNGなので、水を飲むようにしましょう。

また、たとえ水であろうと摂りすぎは良くありませんが、多くの人は水分の摂取量が少なことが多いため、多少多めに摂るくらいがちょうど良いでしょう。

日頃から水を持ち歩き、こまめに飲む習慣をつけておくことをオススメします。

間食が多い人は、ガムやスルメを活用する

間食が多い人は、水と合わせてガムやスルメを持ち歩くのもオススメです。

ガムやスルメは、普通の食べ物に比べて、自然と噛む回数が多くなります。

噛む回数が増えると満腹中枢が刺激され、食欲を抑えることにつながります。

また、スルメには、先ほど紹介したタンパク質も多く含まれているため、ダイエットに活用している人も多いです。

ただし、スルメ自体のカロリーが低いわけではないので、スルメを食べることによってその他の間食が抑えられなければ意味がありません。

むしろ、余計に太ってしまう可能性もあるので、その点には注意してください。

なんとなくでコンビニやスーパーに入らない

意外と多いのが、なんとなく入ったスーパーやコンビニで、余計なものを買って食べてしまうことです。

痩せられない人には、これが習慣化している人が多いです。

「ちょっとだけだから大して変わらない」と思っているかもしれませんが、体型維持において重要なのは習慣です。

当然ですが、ここまで紹介したものも一日だけ実践したところで効果はなく、継続することで効果を発揮します。そして、これは買い食いも同じです。

たとえ1回の買い食いが少しであっても、それが習慣化されてしまうと、悪い意味で徐々に効果を発揮します。

そのため、コンビニやスーパーには、必要なものがあるとき以外は入らないようにしましょう。

また、必要なものがあるときは、予めそれを頭に思い浮かべ、それだけを買うようにしてください。

運動や筋トレは意識しすぎなくていい?

f:id:C-write:20180207142432j:plain

より効果的に痩せたいのであれば、運動や筋トレを取り入れたほうがいいのは言うまでもありません。

特に、ただ痩せるだけではなく、いい身体を作りたいというのであれば筋トレは必須でしょう。

ですが、とりあえず痩せることが目的なのであれば、正直食事の管理さえしっかりできていれば、特別過度な運動や筋トレをしなくても、基本的には痩せられるはずです。

それよりも、最初に運動や筋トレを頑張りすぎて、結局ダイエット自体が続かなくなる方が問題です。

それだったら、初めから食事の管理だけをしっかりと行い、軽い運動を取り入れるくらいの方がマシでしょう。

もちろん、現在の体型や目指す体型にもよりますが、基本的には続かないトレーニングを無理してするのはオススメしません。

もし痩せることが目的なのであれば、一番簡単な運動は、日常生活の行動を変えることです。

あえて不便な行動をとる

運動というと、ジョギングやランニングを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、じつは一番効率が良いのは、日頃の行動を変えることなのです。

たとえば、普段エスカレーターやエレベーターに乗る機会が多い人は、あえて階段を使うなどです。

これなら、わざわざ運動やトレーニングをする時間を確保する必要はないですし、日頃の習慣の一部を運動に変えているため、継続しやすいです。

「大した効果はなさそう」と思うかもしれませんが、先ほどから言うように、何事も継続することで効果を発揮しますから、下手に続けることが困難な運動をするよりも、よっぽど効果的なはずです。

もちろん、エスカレーターやエレベーターだけではありません。

近所に買い物に行くとき、普段車やバイクを使っているのなら、あえて自転車や徒歩で買い物に行くようにしましょう。

「いかに効率よく、継続しやすい運動を取り入れるか」という部分も、ダイエットを成功させる上では重要なことなのです。

※痩せる方法だけを知っても、多くの人は痩せられない

ここまで、ダイエットを成功させるコツについて紹介してきましたが、じつはここからが本題です。

というのも、ここまで細かいコツを説明しても、結局ダイエットが上手くいく人は一部だからです。

紹介してきた通り、運動不足であれば運動をし、摂取カロリーが多ければカロリーを減らすといったように、多くの人は痩せ方を知っているんです。

にも関わらず、実際に結果を出せる人はほんの一部であり、多くの人は痩せられません。

もちろん、今回紹介したダイエットのコツを実践することで、ダイエットが成功するということもあるでしょう。

しかし、どれだけ効率の良い方法や効果的なコツを知ったところで、結局は痩せられないという人が世の中にはたくさんいます。

これには、先ほどから何度も繰り返している「結局、継続ができない」ということが深く関わっています。

一応、継続しやすくなるテクニックについては説明しましたが、結局はこのテクニックさえも、自己管理が継続できなければ意味がありません。

つまり、根本的に痩せられない人というのは、ここで紹介したダイエットを継続させるテクニックすら継続できないという可能性が高いのです。

そのため、痩せられない人が最も知っておくべきなのは、ダイエットの方法やコツ以上に、継続ができないということが本質的な問題だということです。

まずは、この『本質的な問題は継続ができないこと』という事実をしっかりと認識してください。これは非常に重要なポイントです。

ここからは、そもそもなぜダイエットは続かないか、その理由を紹介します。

おそらく、ほとんどの人が当てはまるはずなので、しっかり確認しておいてください。

結局、自力では痩せられない

まず、一つ目の大きな理由は、モチベーションの持続力が無く、自分に甘いからです。

ダイエット開始直後は、誰しもモチベーションは高まっているかもしれません。ですが、自制心が弱く自分に甘い人は、すぐにラクな方に逃げてしまいます。

このような人の場合、いくらダイエットのコツを知ったとしても、3日後、5日後、1週間後と、日が経つにつれて、どんどん自分への甘さが出てきます。

つまり、この部分が変わらない限り、このような人はそもそも自分の力だけでは痩せられないということになります。

「そんなことはない!」と思う人もいるかもしれませんね。

もし、そう思ったのであれば、今日から即行動をおこし、結果を出してみましょう。これで痩せられれば、それで一件落着です。

しかし、ほとんどの人はそうはいきません。

結局、今この瞬間に私がどれだけ煽ろうと、あなたのモチベーションが上がるのは、あくまで「今だけ」なのです。

だからこそ、多くの人は痩せられずに苦労しているのです。

ただ、多くの人がダイエットのモチベーションを維持できないことは、ある意味仕方がないことでもあります。

というのも、人が継続しやすいのは、自分の欲求がすぐに満たされる行動であるからです。

たとえば、飲酒や喫煙、過食などが、なぜやめられないか分かりますか?

やめられないというのは、言い方を変えれば、簡単に継続できるということでもあります。

これらは全て、その行動をとった直後に自分の欲求が満たされます。欲求がすぐに満たされるから、継続できるのです。

そして、これは悪い行動に限ったことではありません。良い習慣でいえば、歯磨きなんかも同じです。

「歯磨きが続かないんです」なんて人はほとんどいないでしょう。

これは、「寝起きの気持ち悪い口内が、歯磨きをすることでスッキリする」というように、その行動をとった直後に欲求が満たされるため、当たり前のように毎日こなせているのです。

一方、これがダイエットとなると、「痩せたい」という欲求はすぐには満たされません。

好きな食べ物を我慢したり、頑張って汗をかいたりという行動をとっても、本来の目的である「痩せたい」という欲求が満たされるのは、かなり先のことです。

加えて、「お菓子を食べたい」「お酒が飲みたい」といった、すぐに満たされる欲求を抑えないと達成できないのが「痩せたい」という欲求です。

ダイエットが成功しにくい本質的な理由は、ここにもあります。このような欲求を理性でコントロールできない人は、自力では痩せられないのです。

まれにこのような人が痩せられるパターンもありますが、それは大きな外的要因がきっかけになったときです。

たとえば、「失恋をした」「体型のせいでヒドく傷ついた」「体型が原因で病気になった」などです。

このような出来事があれば、人は痩せられるようになるのですが、あくまで外的なきっかけありきなので、結局は自力では痩せられないことを表しているも言えるでしょう。

要するに、これほどのきっかけがなければ痩せられない人が、世の中にはたくさんいるということです。

ただ痩せるだけでは意味がない!

もう一つ重要なポイントは、多くの人が「痩せる」ということを目的にしているということです。

たとえば、痩せたいと思っている人が頑張って2~3kg体重を減らした場合、「よし!痩せている!」と喜ぶでしょう。

これはモチベーションを保つという意味では良いことですが、「痩せる」ということが最終目標になっている人にとっては危険でもあります。

仮に、目標体重が-10kgだったとしましょう。2~3kg痩せた後も、努力を重ね、-10kgを達成したとします。

この時点では、大きな達成感に包まれるかと思います。ですが、その達成感を機に、多くの人の体重は、最終的には増えてしまいます。

どういうことかというと、この例だと『-10kg』という結果が目的となっているため、その目的を達成した後は、徐々にもとの生活に戻っていくからです。

いわゆるリバウンドですが、この場合、痩せるために頑張って生活を変えていただけなので、目標を達成した後は、自然と太っていた頃の生活に近づきやすいのです。

もちろん、なかにはリバウンドをしない人も中にはいますが、これはあくまで目標体重を達成した場合の例です。ほとんどの人は、目標を達成する前にプチダイエットとプチリバウンドを繰り返します。

体重が少し減ってはまた増え、再び少し減ってはまた増え、ということを繰り返し、結局目標を達成できないという人がほとんどです。心当たりはありませんか?

これも、「痩せる」ということが目的になっているため、2~3kg痩せた時点で達成感が湧き、気が抜けてしまい自分に甘くなるのです。

つまり、何が重要かというと、「痩せる」ということを目標にするのではなく、「痩せた体型を維持できる生活を習慣化させる」ということが最も重要なのです。

バランスの良い生活が当たり前の感覚になれば、痩せやすくリバウンドしにくい状態になります。

ダイエットは、一度痩せてからが本当の勝負と言っても過言ではありません。特に、食生活が習慣化していないと、多くの場合リバウンドをしてしまいます。

逆に言えば、体重を無視していてもバランスの良い生活が習慣化されれば、結果は後からついてきます。

この本質部分を見誤っている人は、いつまで経っても痩ることはできないでしょう。

痩せられない人⇒本当に痩せられる人になるためには?

以上のように、多く人には、この場だけで教えるダイエットのコツやテクニックだけではどうしようもない根本的な問題があるのです。

もちろん、前半で紹介した内容が無意味なわけではありません。痩せ方のコツやテクニックは知っておくべきです。

ただ、そのあとに紹介した本質的な問題は、それ以上に重要なことです。

最後に、これを抜け出すための方法として考えられるものを紹介したいと思います。

「痩せる」ではなく「習慣化」を最終目標にする

もし、どうしても自力で痩せたいというのであれば、目標の設定方法や意識を変える必要があります。

繰り返しになりますが、「痩せる」ということが目標になっていると、少し痩せてはまた太りという状態になりかねないので、「太らない生活を習慣化させる」ということを目標にしてください。

一度痩せた後、生活習慣が太っていたころの状態に戻らなければ、痩せた体型を維持できます。

そして、そのような生活がしっかり習慣化されてしまえば、無理な努力をして体重を維持する必要もないのです。

本当の意味でダイエットを成功させたいなら、この『意識を変える』ということが非常に重要なのですが、正直これを自力で行うのは簡単ではありません。

ここまでの内容を理解していれば、あらためて説明をしなくても分かるでしょう。

痩せさせてもらう

どうしても痩せたい人にとって、一番確実な方法は、他人の力を借りて痩せることです。

なぜ、ライザップを利用すると今まで痩せられなかった人が痩せられるようになるのか考えたことはありますか?

もちろん、洗練されたプログラムが良いというのもありますが、もう一つの大きな理由としては、他人がダイエットを管理してくれるからです。

結局、自分の力だけで痩せられる人が少ないから、ライザップのようなパーソナルトレニングは成功しているのです。

「パーソナルトレーニングは高いから無理」というのであれば、自力で頑張ってみるしかないと思いますが、「確実に痩せたい」「どうしても痩せたい理由がある」というのであれば、選択肢の1つとしてはアリでしょう。

それに、「ライザップは高い」と考える人は多いですが、実際には月々9900円ほどで受けられます。

月に9900円ほどの負担であれば、アルバイトをしていれば受けられるくらいの金額だと思います。

自力で痩せられない人がこれで痩せられるのであれば、安いものでしょう。

もちろん、人によっては月々9900円ほどの金額でも「お金がもったいない」と考える人もいます。

ですが、中途半端な努力だけをして時間をムダにする人は多いです。結局痩せられず、太ったままの人生がズルズルと長引くほうが、客観的に見ればよっぽど勿体ないでしょう。

それだったら月々9900円を払って痩せてしまったほうが、人生レベルで考えれば間違いなく得と言えます。

ちなみに、パーソナルトレーニングを受けるのなら、下手なプログラムに申し込んでしまうより、圧倒的な実績がある RIZAP を利用したほうが確実に痩せられるはずです。

「他人を痩せさせる」というのは、結構大変なことです。

実際に、実績の分からないジムのパーソナルトレーニングに高いお金を払ったが、結局痩せられなかったという人も少なくありません。

そのため、パーソナルトレーニングを受ける際には、実績があるジムで受けることが絶対条件と言ってもいいくらい重要なのです。

もしくは、返金保証がしっかりしているジムを選ぶべきです。

低価格でありながら、痩せられなかった場合の全額返金保証がある『完全個室のダイエットジム es three[エススリー] 』であれば問題ないでしょう。

料金に関しては、パーソナルトレーニングの中でも最安値と言っていいくらいに割安です。分割払いにも対応しており、月々9000円程度の料金でスタートできます。

実績の高いRIZAPか、圧倒的な低価格と全額返金保証のエススリーか、といったところでしょう。

パーソナルトレーニングを受けるのなら、この2択のどちらかをおすすめします。あとは、住んでいる地域も考慮して選ぶといいでしょう。

それぞれのジムの店舗所在地域は以下の通りです。

< RIZAP 店舗所在地域 >

北海道 北海道
東北 秋田県 青森県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 
関東 東京都 栃木県 埼玉県 千葉県 神奈川県 茨城県 群馬県
中部 愛知県  静岡県 岐阜県 石川県 新潟県 長野県 山梨県 富山県 福井県
近畿 大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 三重県 奈良県 和歌山県
中国 広島県 山口県 岡山県
四国 愛媛県 香川県 高知県 徳島県
九州・沖縄 福岡県 熊本県 鹿児島県 大分県 佐賀県 宮崎県 長崎県 沖縄県

完全個室のプライベートジムRIZAP

< es three 店舗所在地域 >

北海道 北海道
東北
関東 東京都 神奈川県
中部 愛知県
近畿  
中国
四国
九州・沖縄 福岡県

完全個室のダイエットジム es three[エススリー]

痩せさせてもらう part2

なかには、月々9000円でも高いという人はいるでしょう。

そのような人には、2000円で受けられるダイエット向けエステもオススメです。

『  メンズ ラ・パルレ 脂肪撃退コース 』は、初回限定で2000円で受けられます。

この金額であれば誰でも受けられるはずので、とりあえず一度受けてみて損はないでしょう。

ラ・パルレの店舗がある地域は以下の通りです。

< ラ・パルレ 店舗所在地域 >

北海道 北海道
東北
関東 東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県
中部 愛知県  静岡県 長野県 富山県
近畿 大阪府 京都府 兵庫県
中国 広島県
四国
九州・沖縄 福岡県

メンズ ラ・パルレ 脂肪撃退コース

もし、近くにラ・パルレがなければ、『MEN’S TBC』でもダイエット向けのエステが受けられます。

< MEN’S TBC 店舗所在地域 >

北海道 北海道
東北 宮城県
関東 東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県 茨城県 群馬県
中部 愛知県  静岡県 石川県 新潟県 長野県
近畿 大阪府 京都府 兵庫県
中国 広島県 岡山県
四国 愛媛県 香川県 高知県 徳島県
九州・沖縄 福岡県 沖縄県

たるんだお腹へ集中シェイプ!MEN’S TBCシェイプ体験★初回限定5,000円★

自力で痩せるのが難しいと感じている方は、一度利用してみてください。

ダイエットの本質をしっかり頭に入れておこう

以上、『男が痩せるためにすべきことの全て』でした。

今回の内容をまとめると、痩せたい人は以下の2通りのパターンに分かれます。

・自力で痩せられる人

・他人の力を借りなければ痩せられない人

前者のパターンの場合、今回紹介した内容の前半部分を実践すれば、おそらく痩せられるでしょう。

ただし、今までに何度か痩せようと思ったことがありながら痩せられていない人は、後者のパターンである可能性が高いです。

そのような人が確実に痩せようと思うなら、パーソナルトレーニングを受けるのが最も手っ取り早いです。

お金がもったいないという気持ちも分かりますが、中途半端な努力で時間をムダにし、太ったままの人生が長引くほうが、客観的に見ればよっぽど勿体ないのです。

それだったら、毎月9000円を払って痩せたほうが、人生レベルで考えれば間違いなく得をします。

もしくは、試しに一度エステを受けてみるというのも良いでしょう。

今回紹介したことから、いくつかの選択肢が考えられたかと思います。あとは、自分がとるべき選択肢はどれなのかを考えてみてください。

最後に言えるのは、何事も始めるなら早い方が良いということです。

特に、ダイエットに関しては、早く痩せたほうが人生レベルで考えたときに得です。

今回の記事では、ダイエットを成功させるための本質的な部分について語っているので、ぜひ何度も読み返してください。

より良い方法でダイエットを成功させてもらえたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする