髭脱毛の後は腫れや赤みが出る?心配な人はパッチテストと体験を受けよう

f:id:C-write:20170622185908j:plain

髭脱毛を検討している人の多くは、何かしら不安を抱えているものですが、その中の一つに脱毛後の肌への影響があります。

ヒゲ脱毛をしても肌荒れなどは起こらないでしょうか??

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1192290301?__ysp=6autIOiEseavmyDogozojZLjgow%3D

髭の永久脱毛したら100%レーザー後にきびみたいのできたり肌あれますか?

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14166568099?__ysp=6autIOiEseavmyDjg4vjgq3jg5M%3D

このように施術後の肌への影響を心配する人は多いです。

そこで今回は、実際に施術を受けた人の意見を交えながら、”施術後の肌への影響や確認方法について紹介したいと思います。

肌への影響が心配な人は、しっかり確認しておいてください。

一時的には、腫れや赤みが出る

なかには腫れや赤みがほとんどでない人もいるようですが、基本的には一時的に腫れや赤みが出ることが多いようです。

〔Q〕

髭の永久脱毛したら100%レーザー後にきびみたいのできたり肌あれますか?

〔A〕

毛根やバルジ領域をレーザーで破壊するので、軽いやけどになって赤くなったりはします。
私はアトピーですが赤くなることはたまーにで、範囲も狭いです。でも、毛穴のやけどで小さいので、夜やって翌朝には治ってます。
ニキビにはなりませんよ。なったとしたら、偶然脱毛のあとのタイミングにできただけで脱毛のせいじゃありません。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14166568099?__ysp=6autIOiEseavmyDjg4vjgq3jg5M%3D

サロンやクリニックでも、一時的に赤みが出ることを前提として施術を行っているところが多いです。

また、この症状には個人差があり、2~3時間ほどでひく人もいれば、数日間残るような人もいるようです。

そのため腫れや赤みが目立ちやすい人の場合には、念のためマスクで数日過ごすことも考えたおいたほうがいいかもしれません。

ただし、これらの症状はあくまで一時的なものなので、基本的には時間と共に治まると思っていていいでしょう。

一部、肌荒れや赤みが長期間残る人も

基本的には腫れや赤みが出たとしても、時間が経てば治まりますが、なかには肌荒れを起こしたり、赤みが長期間残ったりする人もいるようです。

このような症状は、その人の体質による影響が大きいでしょう。

そのためアレルギー体質の人や肌が弱い人は注意が必要です。

もし肌への影響を事前に確認したいのであれば、パッチテストやひげ脱毛の体験を受けてみるしかないでしょう。

肌への影響に個人差がある以上、実際にテストしてみるしかない

腫れや赤みが気になる人は、ネット上で調べて答えを探していると思いますが、ハッキリ言ってどれだけ調べても答えは見つからないでしょう。

なぜなら先ほどから言うように、肌荒れや赤みの程度には個々人の肌質や体質による影響が大きいからです。

ある人は全く赤みが出なくても、別の人は数日間腫れと赤みが残るという違いがあって当然です。

他人の症状がどうであろうと、自分自身がどうなるかは全く分かりません。

そのため本当に気になるのであれば、パッチテストで確認するのが一番早いでしょう。

脱毛サロンやクリニックでは、パッチテストで肌に合わないかどうかを確認することができるので、どれくらい赤みや腫れが起きるかも確認できるはずです。

ちなみにパッチテストとは、狭い範囲の一部分にだけ軽い出力で試し打ちをしてみることです。

〔Q〕

ヒゲ脱毛をしても肌荒れなどは起こらないでしょうか??
もともと肌が黒いんですがレーザーは照射できますか?お願いします!

〔A〕

お試しでレーザーを照射できるところが多いですので試してみたらいかがでしょうか。アレルギーや肌荒れがないか、わかると思います。私の義理の兄もレーザーでひげの脱毛して、楽になったといっています。肌の色は関係ないようですよ。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1192290301?__ysp=6autIOiEseavmyDogozojZLjgow%3D

また、パッチテストを受けるのであれば、ついでに一度体験の脱毛に申し込んでみると良いでしょう。

パッチテストを受けた後に体験を受けておけば、肌への影響は大体把握できるはずです。手順としては以下の通りです。

1.パッチテストで肌への影響を確認

2.1で問題がなければ、体験を受けてみて肌への影響を確認

3.2で問題がなければ、実際に脱毛を開始するか検討してみる

パッチテスト後にいきなり本契約をしてしまうよりは、パッチテスト後に念のため体験もしておいたほうが安全ですし、失敗もしないでしょう。

一度契約をしてしまった後で、「肌への負担が大きすぎて自分には合わない」なんてことになっては勿体ないですからね。

髭脱毛の体験に関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。

www.iiotokolab.com

体験を受けたい人は合わせて読んでおいて下さい。

より慎重に、安全に脱毛をしたい人こそ、まずは試してみるべき

以上、ひげ脱毛の赤みや腫れについてでした。

脱毛をした際には一定の赤みや腫れが出るものですが、あくまで一時的なものであり、数時間~2、3日ほどで治まることがほとんどです。

なかには赤みや腫れが長引く人もいますが、こればかりはその人の肌質や体質による影響が大きい以上、一度診てもらわなければ判断もできません。

もし髭脱毛による肌への影響が気になるのであれば、まずはパッチテストを受けましょう。ついでに一度髭脱毛の体験に行き、その上で脱毛を検討することをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする