鼻毛ワックスは超危険?デメリット&適切な鼻毛処理の方法(切り方)

f:id:C-write:20170523215133j:plain

男性のムダ毛の中でも、地味に鬱陶しいのが “鼻毛” です。

女性が許せないムダ毛とも言われる鼻毛は、「不潔・汚い・ダサい・気持ち悪い」といった印象を持たれてしまいます。

実際どれだけカッコいい人であっても、鼻毛が出ててるだけで相当ダサく見えますからね。にも関わらず、油断して鼻毛が出ちゃってる男性は意外と多いものです。

なかには「コイツいつも鼻毛出てんな….」という人もいるくらいです。あれって気付いていないんですかね?

女性に嫌われないためにも鼻毛はしっかりと処理しておきたいものですが、じつはこの鼻毛処理、方法によってはさまざまなリスクが存在します。

そして多くの人が、危険な方法によって鼻毛を処理しています。

最近ではワックスを使う人も多いですが、そのような人たちは鼻毛の処理がどれだけデリケートなものであるか、しっかり理解していただきたいです。

というわけで今回は、鼻毛処理によるリスクおすすめの鼻毛処理方法について紹介します。

鼻の中の構造

鼻毛処理のリスクを知るには、まずは鼻の中の構造について知っておいた方が良いです。

ここでは鼻毛処理のリスクに関わる2つのポイントについて説明します。

鼻毛の持つフィルターとしての役割

知っている人も多いと思いますが、鼻毛には呼吸をする際のフィルターとしての役割があります。

私たちは日頃、空気中の酸素を取り入れて生活していますが、この空気中には目に見えない細菌・ホコリ・ウイルスなどが漂ってます。

これらが体内に侵入するのを防いでいるのが鼻毛です。

女性には”許せないムダ毛”なんて言われていますが、むしろ健康的な身体を保つための役割を担った大事な毛なんです。

鼻の中には粘膜がある

もう一つ重要なのが、鼻の中にある粘膜に関してです。

役割としては鼻毛と似たようなもので、細菌やウイルスなどを肺に送らないようにするために、鼻の中には粘膜があります。

この鼻毛と粘膜の2つが、鼻の中で重要な役割を果たしているということを覚えてお着ましょう。

ちなみに口呼吸だと風邪を引きやすいといわれるのは、鼻にこのような役割があるからです。

危険な鼻毛処理

ここまでの内容を踏まえた上で、危険な鼻毛の処理方法について説明します。

何も知らずに危険な処理を行なっている人は多いので、自分がしていないか確認しておいてください。

鼻毛を抜くのはNG!

毛抜きやワックスを使って鼻毛を抜く人は多いですが、これらの使用は避けた方が良いです。

鼻毛はフィルターの役割をしているため、鼻の中は常に汚れやホコリなどがあります。

そんな状態で鼻の中の毛を抜いてしまうと、毛穴に菌が入り、炎症を起こす危険性があります。

また、ワックスを使って鼻毛をたくさん抜くと、鼻の中の粘膜を傷つけてしまう危険性や、鼻毛のフィルターとしての役割を損なうことがあります。

脱毛を行うクリニックでも、「鼻毛の脱毛はトラブル避けるため扱っていない」というクリニックが多いです。それくらい鼻の中はデリケートな部分なのです。

ハサミによる雑なカットもダメ!

鼻毛を抜くのが危険である以上、カットをするのが安全な方法になります。ただし何も考えずにハサミで切っていると、これもまた危険です。

鼻毛を根元から切ったり、鼻の奥のほうまで切ったりすると、脱毛と同じように鼻毛のフィルターとしての役割が損なわれる可能性があります。

また、根元や奥のほうを切っていると、ハサミの先で鼻の中の粘膜を傷つける可能性もあります。傷つけてしまえば、その後炎症を起こすことも考えられます。

このようなリスクを避けるためにも、鼻毛は安全性の高い適切なカットをするべきでしょう。

鼻毛の適切な切り方

f:id:C-write:20170524061341j:plain

鼻毛処理の危険性は分かったと思うので、ここからは適切な切り方について説明します。

使用するのは以下の2つのどちらかです。

・先の丸い小さなハサミ(鼻毛カット専用のハサミ)

・鼻毛カッター

これらを使用し、まずは鼻の穴の入り口付近の毛を少し切ってください。

切り終えたら、一度鼻をつまんでみてください。もし鼻をつまんだ時に鼻毛が出ていたら、そその部分もカットしましょう。

その次に、笑顔を作ってください。このときにも出ている鼻毛があれば、再びカットしてください。

これを行い鼻毛が出なくなれば終了です。手順をまとめると以下の通りです。

1.鼻の入り口付近の毛をカット

2.鼻をつまんで、出ている鼻毛をカット

3.笑ったときに鼻毛がでていたら、それもカット

この切り方であれば、鼻毛が外から見えることはありません。鼻毛の機能の損なうことも、炎症をおこすこともないでしょう。

鼻毛のカットは習慣化してしまえば大したことはない

一応適切な処理方法については説明しましたが、おそらくワックスや毛抜きを使って鼻毛を抜いていた人だと、

「カットなんて面倒くさい」

「すぐ生えてくるじゃん」

なんて思うでしょう。ですが実際には、鼻毛のカットなんて大して時間はかかりません。

そのため私がおすすめしているのは、いっそのこと習慣化してしまうことです。これが一番ラクです。

たとえば毎日行う習慣には歯磨きやシャンプーなどがありますが、これらを「面倒くさい」なんて思いながらやってますか?

シャンプーの場合、風呂に入るのが面倒くさいと思うことはあっても、風呂に入ってしまえば何も考えずにシャンプーをしますよね?

歯磨きも同じで、日課になっているものは難なくこなせているはずです。

そして鼻毛の処理は、歯磨きやシャンプーよりも簡単で早く終わるなものです。

これらを踏まえれば、鼻毛処理は日課にすると全く面倒ではなくなるということが分かっていただけるでしょう。

ちなみに習慣化する際は、現在行っている習慣と一緒に行うと、より簡単に習慣化されます。個人的におすすめなのは、以下の方法です。

  • 風呂場に鼻毛カッターやハサミを置いておき、シャンプーや身体を洗うことと同じように、風呂で毎日行う作業にする。
  • 歯ブラシの横に置いておき、歯磨きをする前、もしくは歯磨き後に鼻毛の処理を行う。

これは私自身行なっている方法ですが、このように鼻毛の確認と処理を日課にしてしまうことが最も良い方法だと思います。

日課になれば、「鼻毛が出てる!」なんてことにはなりませんし、面倒くさいと感じることもありません。

風呂場や洗面台で毎日鼻毛をチェックする癖を付けて、鼻毛が出そうな時は処理しておく。これで十分です。

鼻毛処理は安全な方法で日課にすべき

以上、鼻毛ワックスのデメリットや適切な鼻毛処理についてでした。

冒頭でも言いましたが、鼻毛は女性に悪い印象を与えます。

かと言ってワックスを使うのは危険であるため、安全なカットを日課にしてしまうのが最適な方法でしょう。

今回紹介したことを参考に、一度ご自身の鼻毛処理を見直していただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする