足が臭い男がすべきニオイ対策はコレ!この方法ならいつでも安心!

f:id:C-write:20170522224933j:plain

・座敷の居酒屋

・友達の家にあがったとき

・仕事中に靴を脱ぐ瞬間

ふとしたときに、足の臭いが気になったことはありませんか?

足の臭いは自分で気づきやすいため、自覚している人も多いでしょう。

それなのに、人前で靴を脱ぐことが少ないせいか、足のニオイ対策を怠っている人も多いです。

このような人は

「仕事終わりに行った店が座敷だった」

「営業先で靴を脱ぐことになってしまった」

といったシチュエーションで失敗してしまいます。特に女性と一緒にいる場合は最悪です。

女性は臭いに敏感なので「どれだけイケメンでも臭い人は無理!」なんて人も少なくありませんから、足がクサいなんて思われれば確実に印象は悪くなります。

靴を脱ぐシチュエーションは、不意打ちのごとく突然やってきます。

そんな状況で失敗しないためにも、日頃から足のニオイ対策を行っておくことをオススメします。

今回は誰でも簡単にできる足のニオイ対策を紹介するので、参考にしてみてください。

ニオイの原因として考えられるもの

f:id:C-write:20170522225611j:plain

まずは足のニオイの原因について知っておきましょう。悪臭の基本的な原因は、雑菌の繁殖です。

雑菌は高温多湿な場所を好むため、靴や靴下の中は雑菌が繁殖しやすいです。

足がクサくなりやすいのはこのためですが、雑菌の繁殖による臭いを悪化させる要因は『外的要因』と『内的要因』に分けられます。

足のニオイの対策をする上では重要な要因なので、簡単に紹介しておきます。

外的要因

まずは外的要因についてですが、靴や靴下に問題があると、ニオイが悪化しやすくなります。たとえば、

同じ靴や靴下をずっと使っている

靴下を部屋干ししている

といった場合、靴や靴下に潜む雑菌が多くなり、足の臭いを悪化させやすくなります。

靴や靴下単体の臭いは感じなくても、じつは雑菌が多く潜んでいるというケースは少なくありません。

このような雑菌は多湿な環境に置かれたとき、一気に悪臭を放つので注意が必要です。

内的要因

続いて内的要因ですが、これは足や体質に原因があってニオイが発生している場合を指します。

先ほど雑菌の繁殖について話しましたが、じつは皮膚上にも常在菌が存在しています。この常在菌は汗をかいたときに繁殖しやすいです。

また足がしっかり洗えてない場合なんかにも、常在菌は繁殖しやすいですが、正直内的要因によるニオイは、もともとの体質に左右される部分も大きいです。

そのため根本的な原因の完全に無くすというのは難しいでしょう。

ただし難しいといっても、対策さえしておけばそれなりに防げますから、それほど深刻に考える必要はありません。

足の臭い対策

f:id:C-write:20170522225211j:plain

では今回の本題でもある具体的な対策について紹介していきます。

誰でもできる簡単なものもあるので、ぜひすぐに実践してみてください。

靴のインソールを洗う・定期的に変える

靴のインソールは同じものを使い続けていると、どんどん雑菌が繁殖しやすい状態になります。

これを防ぐためにも、できるだけ清潔な状態のインソールを使うようにしましょう。

おすすめは消臭効果付きでメッシュ素材のインソールです。

もし良いインソールを使いたいのであれば、菌ピタ君

がおすすめです。

インソールにしては少々高めですが、返金保証が付いているので一度試してみて損はないでしょう。

靴を天日干しする

同じ靴を長く使用したいなら、風通しの良い場所でしっかり乾燥させましょう。

日光にあてて乾燥させることで、雑菌の繁殖を軽減できます。

ただし日に当てると素材が傷むような靴(革靴など)は、日陰で干すようにしましょう。

靴下を熱いお湯につける・アイロンをかける

熱によって靴下を除菌するという方法もあります。個人的にはそれほど効果は感じませんでしたが、ひとによっては効果を感じるかもしれません。

ただし、靴下の素材によっては傷んでしまうので注意してください。

靴下を重曹につけておく

重曹には、中和・消臭・吸湿などの作用があるので、この重曹を利用した対策を行ってみるのも良いでしょう。

まず重曹水をつくります。重曹水は、一リットルの水に大さじ3杯ほどの重曹を目安にしてください。

そしてこの重曹水に、一晩靴下をつけておきます。一晩つけ終えたら水ですすぎ、普通に洗濯をして完了です。

今回紹介する方法の中では少々面倒くさいので、他の方法が難しかったり効果を感じなかったときに試してみると良いかもしれません。

替えの靴下を常にバッグに入れておく

とてもシンプルな方法ですが、替えの靴下を常に持ち歩くというのは結構実用的で効果的な方法です。

替えの靴下をバッグに入れておけば、靴を脱ぐ前に外やトイレなどで履き替え、その場をしのぐことができます。

履き替える前に制汗剤やボディペーパーで消臭すると、より効果的でしょう。

厚めの靴下を履く

薄い靴下の場合、汗が靴下の表面まで届きやすい分、臭いも外に出てきやすいです。

厚みのある靴下であれば表面まで汗が届きにくいため、外に臭いが漏れにくくなります。

ただしその分、足自体は余計に蒸れやすくなるので、靴下を脱いだ時のニオイは強烈になりやすいです。

靴下を脱がなければいけない状況になると最悪の結果になるので気をつけておきましょう。

制汗剤・消臭クリームなどを塗っておく

私が一番おすすめするのは、殺菌力の高い制汗剤を塗っておくことです。これは今回紹介する対策の中でも、最も効果が高いです。

スプレーや水っぽい制汗剤は持続力がないので、クリームタイプを使いましょう。

殺菌力の高さでいえば、薬用デオドラントクリームの ネオテクト

がおすすめです。

99.999%という殺菌率は強烈なワキガのニオイでさえ抑えてしまいます。

ここまでいくつか対策を紹介しましたが、正直これを塗っておけば他の対策はいらないくらいでしょう。

一つデメリットを挙げるとするなら料金面でしょうか。初回980円で以降毎月3980円という金額は、人によっては高く感じるかもしれません。

ただ、これ一つで足のニオイの悩みが解決するなら安いもんではないでしょうか。どうせ使用するなら、これくらい効果が高いものを使った方がいいです。

足のニオイに悩んでいる人は、ぜひ一度使ってみて下さい。

>>【ネオテクト】公式サイトはこちら

足の臭いは、油断しなければ怖くない!

以上、足のニオイ対策についてでしたが、いかがでしょうか?シンプルな対策が多かったので「なんだ、そんなことか」と思った人もいるかもしれません。

ですがこんな簡単な対策さえせずに、クサい足の臭いを周囲に振りまいている人は沢山います。

臭いの対策は自分のためでもありますが、周囲を不快にさせないためのエチケットでもあります。

これまで足のニオイ対策を怠ってきた人は、ぜひ今回の記事を参考に足のニオイケアに対する意識を高めてもらえたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする