仕事の人間関係でストレスを抱える人へ【職場で考えるべき5つのこと】

f:id:C-write:20180117110725j:plain

仕事での人間関係がストレスになっている人は少なくありません。

「仕事だから仕方ない」なんてことを言う人もいますが、これが通用するのはストレス耐性が高い人だけです。

ストレス耐性がそれほど高くない人にとっては、人間関係が原因のストレスは精神的な負担が大きすぎます。

最悪の場合、うつ病などの精神障害につながる可能性もあるでしょう。

こうなっては仕事どころではありません。このような事態だけは絶対に避けるべきです。

そこで今回は、『仕事の人間関係でストレスを抱えるが考えるべきこと』について紹介したいと思います。

考えるべき5つのこと

もし、仕事の人間関係がストレスになっているようであれば、これから紹介する5つのことを一度考えてみてください。

そして、これを考えた結果、自分はどうするべきなのかを判断していただけたらと思います。

1.何が嫌なのかハッキリさせる

もし、人間関係がストレスとなっているのであれば、確実にその原因となっているものがあるはずです。

まずはそれをハッキリさせるために、「自分にとって何が嫌なのか」ということを一度しっかり考えてみてください。

これは一つではなく複数ある場合もあるので、細かく挙げてみましょう。

「仕事中、上司の威圧的な態度がプレッシャーになっている」

「上司の怒り方が辛く、精神的に参っている」

「先輩の誘いを断れない」

「同僚に性格の合う人間がいなくてつらい」

「職場内にある派閥のようなものが面倒くさい」

「イジメにあっている」

細かく挙げていくと、いくらでも例がありそうですが、まずは自分の嫌なことをハッキリさせましょう。そして、それを解決する方法が無いか考えてみてください。

たとえば、上司の怒り方がストレスになっているのなら、会社側に相談してみると良いかもしれません。

あなたが敵意を持っているわけではない場合、理解のある上司であれば分かってくれる可能性も十分にあります。

他にも、行動を起こせば解決できるということはありますから、一度嫌なことをハッキリさせ、解決策を真剣に考えてみてください。

2.相手の良いところを考えてみたことはあるか

もし特定の人物と合わなかったり嫌いだったりする場合は、一度相手の良いところについても考えてみてください。

無いなら無いでいいのですが、人は一度相手を嫌いになると、その人の悪い面ばかり見えてしまうものです。

「嫌い」という思いこみが、余計に相手の印象を悪くしてしまっている可能性もあります。

こちらがそのような見方をしていては、たとえ言葉や態度に出していなかったとしても、相手もこちらを嫌ってしまう可能性が高いです。

人間関係とは自然とそうなりやすいものです。そのため、一度は相手の良い面や自分の落ち度についても考えてみましょう。

3.時にはどうにもならないこともある、あなたは悪くない

ここまでの内容は、ある程度人間関係の改善が見込める場合には有効です。しかし、本当に人間関係が悪すぎる場合には、どうにもならないこともあります。

どうしようもない人というのは存在しますし、どう転んでも分かり合えない人というのもいます。

なかには、いじめや嫌がらせパワハラやセクハラを受けているという人もいるでしょう。

修復不可能になった人間関係はどうしようもないですから、ある意味開き直るしかないかと思います。

後ほど詳しく説明しますが、どうしようもなくなった場合は、仕事を変えるのが一番良いかと思います。

4.居心地の悪い環境は、その人の成長を阻害する

人間関係を理由に仕事を辞めたいと思う人は少なくありません。ですが、その一方で仕事を辞めることを不安に思う人も多いです。

「本当にやめてしまって大丈夫なのか」

「人間関係を理由に辞めるなんて考えが甘いんじゃないか」

といったことを考えている人もいるかもしれませんが、むしろ今の職場で仕事を続けることが、あなたの成長を阻害することもあるのです。

居心地の悪い環境では、人は本来の能力を発揮できない可能性があります。

それどころか、環境が悪いせいで、働く意欲や成長欲求が削がれ、仕事へのやる気もなくなっているかもしれません。

過度なストレスは、その人の肉体や精神に関わるさまざまな出来事に悪影響を及ぼすのです。

5.その会社にしがみつく価値は本当にあるのか

正直、「いっそのこと仕事を辞めてしまった方がその人のためになる」という状況は少なくありません。

特に、どうにもならない職場環境や人間関係は、仕事を辞めてしまうことが最適な場合が多いです。

ですが、日本人にはあまりにも「同じ会社で働き続けなければならない」という感覚が強いです。

もちろん、会社を辞めるのが早すぎる場合、次に就職で不利になることもあるかもしれません。

しかし、嫌な人間関係を我慢し続け、その会社で働くあなたの未来は明るいものでしょうか?

自分精神をすり減らしながら耐えるほど、その会社にしがみつくメリットでもあるのでしょうか?

よっぽど給料が良かったり将来性があったりするのであれば、精神をすり減らしてでも耐える価値はあるのかもしれません。

ですが、自分の心身を犠牲にしてまで居続ける価値のある会社なんて、そんなに多いとは思えません。

何より、満足に仕事ができるのは、健康な心身があってこそです。

健康な身体があってこその人生ですし、仕事をしているのも、あくまで人生のためでしょう。仕事のために生きているわけではないはずです。

社会の価値観に染まりすぎると、このような優先順位が分からなくなってしまいます。仕事が原因で自殺をしてしまうような人もいるくらいですから恐ろしいものです。

もちろん、現状どれくらいのストレスを抱えているかにもよりますが、「いざとなれば、いつでも辞められる」という気持ちを持っているくらいの方が丁度いいのです。

実際、ストレスが原因で仕事を辞め、新たな環境に踏み出す人は多いです。このような人の多くは、「仕事を辞めてよかった」と思うものです。

これは、決して逃げではなく、より良い人生を送るための決断なんです。

いつでも準備はしておこう

以上、仕事の人間関係でストレスを抱える人が考えるべきことについてでした。今回の内容を読んで、

「もう少し頑張ってみるか、いざとなったらやめればいいし」

「今の仕事はやめて新しい環境で頑張ってみよう」

と考えられる人が増えてくれればと思います。

ちなみに、もし転職を考えるのであれば、早めから準備を始めておくことをオススメします。

事前にしっかり準備をするかどうかで、転職の質は大きく変わってきます。

たとえば、キャリコネというサイトを利用すれば、以下のようなことができます。

・企業の口コミを検索

・面接レポート検索

・他社サイト横断求人検索

・求人応募

これらは、企業選びや判断、面接の対策などに役立ちます。

就職や転職を考える人にとっては登録しておいて損はないはずですから、このようなサイトに目を通しておくと良いでしょう。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

ぜひ今回紹介したことを参考に、一度自分の仕事について考えていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする