イベントスタッフのバイトは出会い目的にも最適!男女が出会える理由

f:id:C-write:20180117093954j:plain

「なかなか出会いがない」

「どこかでいい出会いはないかな」

男女問わず、出会いが欲しいと思っている人は少なくありません。

そんな人におすすめなのが、イベントスタッフのバイトです。イベントスタッフのバイトは、出会いを求める人に最適のバイトと言えるでしょう。

これは学生だけではなく、フリーターや社会人にもおすすめできるバイトです。じつは、社会人でもイベントスタッフのバイトをしている人はいるんです。

今回は、イベントスタッフのバイトで出会いがある理由おすすめする理由について紹介したいと思います。

イベントスタッフのバイトで出会いがある理由

なぜ、イベントスタッフのバイトで出会いがあるのかというと、続ければ続けるほど、さまざまな人と知り合えるからです。

イベント系のバイトには、”単発で一日だけ入る人”や”空いた日だけ入っている人”が多くいます。

このようなバイトは登録制であることが多く、とりあえず派遣会社やイベント会社に登録をしておけば、あとは好きなときに稼働できます。

そのため、派遣会社やイベント会社には学生~社会人まで、数多くの人が登録しているため、知らない人と知り合える機会も多いです。

また、イベントスタッフとして稼働している人には、息抜きや新鮮さを求めてバイトをしている人も少なくありません。

社会人が登録しているパターンも、これに当てはまることが多いです。このような人たちは、新しい出会いに積極的な人も多いため、仲良くなりやすいです。

イベントスタッフのバイトで出会いが多いのには、以上ような理由があります。ここからは、もっと具体的なメリットについて紹介していきます。

イベントスタッフのメリット

すでに紹介した部分もありますが、イベントスタッフのバイトのメリットは大きく分けて4つあります。

一つずつ見ていきましょう。

常に新しい異性と知り合うチャンスがある

イベントスタッフのバイトは、常に新しいスタッフの登録が増えている状態です。そのため、現場に入るたびに、毎回知らない異性がいることも多いです。

普通のバイトであれば、ある程度人数も限られてますし、新しいバイトが入る機会も少ないですから、これはイベントスタッフならではのメリットでしょう。

可愛い子が多い

異性と知り合うチャンスが多いだけでなく、イベントスタッフには可愛い子も多いのです。

というのも、イベントスタッフのなかには、キャンペーンガールやコンパニオンをしている人もいますから、スタイルの良い子や可愛い子の割合も自然と多くなります。

男性にとっては、かなり大きなメリットだと思います。

都合がいい日だけ入れる

学生やフリーターはもちろん、社会人にもオススメする理由は、都合のいい日だけ入れるからです。

仮に、何ヶ月間もバイトに入れなかったとしても、何も問題はありません。極端な話、1日だけ入ってその後全く入らなくても大丈夫です。

実際に、「登録はしているが全くバイトに入っていない」という人は大勢います。その分新しい人も入りやすいからこそ、常に新しい出会いがあるのです。

時給、日給が高い案件も多い

イベントスタッフのバイトにはメリットが多いですから、多少給料が安くても働きたいという人はいるでしょう。

しかし、意外と時給や日給が高いイベントも多いのです。そのため、副業として収入を増やしたいと思っている人にとっても、悪くないかと思います。

出会いもあってお金も稼げる一石二鳥なバイトと言えるでしょう。

イベントスタッフのデメリット

イベントスタッフのバイトにメリットが多いことは分かっていただけたかと思います。ただし、メリットしかないというわけではありません。

人によってはデメリットになる部分もあるので、一応紹介しておきます。

同じ人と一回きりしか会えないこともある

先ほどから言うように、イベントスタッフのバイトは新しい人と出会えることが多いです。

しかし、その分同じ人と一回きりしか会えないこともあります。仮に、少し気になる人がいたとしても、その後会えないなんてことも多いです。

そのため、もし、気になる人がいれば、積極的に声をかけなければなりません。

普通のバイトであれば、何日も時間をかけて仲良くなっていくこともあるため、これはイベント系のバイトならではのデメリットでしょう。

ただし、あくまでこのようなパターンもあるというだけの話です。

何回も顔を合わせるうちに仲良くなっていくということも普通にありますから、 個人的にはそれほど大きなデメリットだとは感じていません。

また、本当に出会いを求めているのなら、どちらにせよ積極性はあったほうがいいので、イベントスタッフのバイトを機に、積極性を高めていくのも良いかと思います。

他のスタッフと話す機会がないこともある

イベントや当日の業務内容によっては、他のスタッフと話す機会が少ない場合もあります。

つまり、はずれの日もあるということです。こればかりはイベントスタッフに限ったことではないため、仕方ないでしょう。

むしろ普通のバイトの場合、そのバイト先自体がはずれだったら、異性と仲良くなることは諦めなければなりません。

イベントスタッフのバイトであれば、その日、もしくはイベントごとにあたりはずれはあったとしても、次のチャンスがあります。

そう考えると、メリットを得るためのデメリットとも言えるかと思います。

イベントスタッフのバイトで気をつけるべきこと

最後に、イベント系のバイトで出会いを求める際に、気をつけるべきことを紹介しておきます。

イベントスタッフとしてバイトをするときには、のようなイベントに入るかをしっかり考えましょう。

少し話しましたが、場合によっては他のスタッフと接する機会がほとんどない仕事もあります。

最初は全く分からないため仕方ないですが、何度か入っていると、どんな現場が異性と接する機会が多いのか分かってきます。

そのため、慣れてきたらできるだけ異性と接する機会がある現場を選ぶようにしましょう。

また、仕事内容によっては、同性ばかりのときもあります。異性がいる現場かどうかは、前もって確認したり想像できたりすることも多いので、これも事前に確認するようにしましょう。

このようなことに気をつけていると、より異性と出会える機会が増えるかと思います。

登録だけでもしておこう!

以上、イベントスタッフのメリットやデメリットについてでした。

デメリットがないわけではありませんが、やはりイベントスタッフのバイトには、メリットが大きいと思います。

学生でも社会人でも可能であるため、とりあえず登録だけをしておいて、暇な時だけ入っているという人も多いです。

逆にいえば、派遣会社やイベント会社への登録を済ませておかないと、いざ稼働したいときにすぐにバイトに入れません。

そのため、もしイベントスタッフのバイトに興味を持っているのであれば、まずは登録だけでも済ませておくことをオススメします。

ちなみに、イベントスタッフのバイトを探すなら、アルバイトEXがおすすめです。

アルバイトEXは、大手求人サイト(an、マイナビ、イーアイデム、マッハバイトなど)20社以上の求人情報を一括で検索できます。

そのため、わざわざそれぞれの求人サイトごとで検索する必要がなく、より効率的に条件の良いバイトを探せるでしょう。

特に、イベントスタッフの登録会社は色々ありますから、自分の条件にあった求人を探しやすいはずです。

また、現在アルバイトEXでは、対象求人に採用された場合に、もれなく3万円のお祝い金がもらえるキャンペーンも行なっているので、気になる人はこちらもチェックしてみてください。

>>イベント系のアルバイトを探してみる

もし出会いが欲しいと思っているのなら、今回の記事を参考に、ぜひイベントスタッフのバイトを始めてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする