いい男ラボ

~男磨きのための情報発信~

女性との話し方:女性との会話で押さえておくべき8つのコツ

f:id:C-write:20171214144448j:plain

 

会話が弾まない・話が広がらない など、自分を会話下手だと思っている人は、女性との話し方について悩むこともあるでしょう。

 

ですが、実はちょっとした会話のコツを知っておくだけでも、自然と会話が弾んだり、相手に良い印象を与えたりできるものです。

 

今回は、女性との会話で押さえておくべき8つのコツ について紹介したいと思います。

女性との話し方のコツ:基礎編

話し方のコツに関しては、基礎編と応用編に分けて紹介したいと思います。

 

まずは基礎編からです。

リアクション・共感をしっかりする

大前提として、会話の中でしっかりリアクションをすることは忘れないでおきましょう。

 

あまり大げさなリアクションをする必要はありませんが、どれだけ会話をつづけようと、リアクションが薄ければ相手は良い印象を持ちません。

 

会話が弾んだとも思われないでしょう。

 

話題を見つけることや話を広げることを考えすぎて、リアクションが薄くなってしまう人もいますから気をつけてください。

 

 

また、女性の話を聞く際には、できれば相手の意見に共感をしてあげるようにしましょう。

 

男性はどうしても理屈っぽくなりやすいですが、女性は感情重視であることが多いです。

 

たとえば、自分の悩みについて女性が話した際、男性はアドバイスをすることに終始しがちですが、女性の場合は共感をしてあげることを重視したほうが良いです。

 

アドバイスすることが悪いわけではありませんが、女性が求めているのは、解決策よりも話を聞いてもらうこと共感してもらうことだということを覚えておいてください。

話題をすぐに変えない

会話をしている最中に、コロコロ話題を変えるのはやめましょう。

 

相手の興味がなくなっているのに同じ話題をダラダラとするのもNGですが、一つ一つの話を広げずに話題を変えていると、会話は弾みません。

 

相手にも、話しにくかったという印象を与えてしまうでしょう。

 

特に、相手の話や相手の興味のある話題に関しては、しっかり広げなければなりません。

 

もちろん、「話を広げるのが苦手」という人もいると思うので、そのような人は、次に紹介する5W1Hを覚えておいてください。

5W1Hで話を広げる

5W1Hとは、

 

いつ(When)

どこで(Where)

だれが(Who)

なにを(What)

なぜ(Why)

どのように(How)

 

といった6つの要素を指します。

 

この6つの要素を意識すると、情報を分かりやすく伝達できるといったもので、文章を構成する際に使われたりしますが、これは会話を広げることにも使えます。

 

たとえば、相手の好きなこと(もの)が分かった場合、

 

「何で好きになったの?好きになったきっかけは?」(なぜ&どのように)

「最近はいつした?いつから好きなの?」(いつ)

 

と言ったように、基本的にどのような話題でも、話を広げるきっかけを作れます。

 

 

もちろん、実際にこの5つを頭に浮かべながら女性と会話をするのは現実的ではありませんので、まずは仲のいい友達や家族など、身近な人との会話で意識しながら使ってみましょう。

 

慣れてくると、相手との会話の中で、自然とどのように話を広げればよいかが身についてきます。

 

これを身につけることで、女性との会話の際にもへんに意識せず、自然と話がつながりやすくなるはずです。

話題がないときは目につくものを話題にする

話題が途切れることは誰にだってあります。そのようなときは、とりあえず目につくものを話題に挙げてみると良いでしょう。

 

たとえば、近くに子供がいたら「子どもかわいいよね。子ども好き?」と聞いてみても良いでしょう。

 

カフェが目につけば「コーヒー好き?」など、なんでも良いです。コーヒーの話題になれば、「スタバの〇〇が好き」といったように話を広げることもできます。

 

 

このときは、できれば女性が好きそうなものを話題にしていったほうが良いです。

 

仮に相手がそれを好きでなくても、「へぇー、女の子で〇〇好きじゃないって珍しいんじゃない?じゃあ〇〇とかもあまり好きじゃないの?」と、関連性のあるもので話を広げられますし、相手の好みも徐々に分かってきます。

 

相手の好みが分かってくると、自然と相手から話しやすい環境を作り、会話を弾ませることもできます。これに関しては後ほど応用編で説明します。

 

 

最悪その場しのぎでもいいので、話題がないときは目につくものから話題を作ってみましょう。

 

これもやはり、親しい人と会話をしているときに練習しておくのが一番良いでしょう。

自分の話と相手の話のバランスを考える

話題作りや話をつなげることを意識しすぎると、自分の話ばかりになったり相手を質問攻めにしてしまったりすることがあります。

 

女性と会話をする際には自分の話ばかりするのもダメですし、質問攻めにして相手にばかりに話させるのもよくありません。

 

理想は相手が話していて楽しいことを自然と話させることですが、これについては応用編で詳しく紹介します。

 

最初は、自分の話と相手への質問のどちらかに偏りすぎないようにしましょう。

 

 

たとえば、自分の好きなものについて話すときには

 

「〇〇っていうアーティストが好きなんだけど知ってる?」

「好きなアーティストとかいる?」

 

と言ったように、相手にも好きなものを聞くと良いでしょう。

 

 

また、相手が自分の好きなものを話しているときには、

 

「俺もそういうの好きだよ!〇〇が好きなら〇〇とかも好きなんじゃない?俺好きなんだけど」

 

と言ったように、さりげなく自分の意見も交えながら話を広げていくと良いでしょう。

 

ただし、相手の話をさえぎったり奪ったりしてはいけません。あくまで、相手の話に共感や自分の意見を添えるくらいのつもりでいましょう。

女性との話し方のコツ:応用編

ここからは応用編になります。

 

女性と話すことが苦手な人にとっては少し難しいかもしれないので、まずは基礎編を意識するようにしましょう。

 

そして、さらに女性と親密になれるような話をしたい人は、応用編で紹介することを意識してみてください。

相手に自然と話させる聞き上手になれ!

基本的に女性は、こちらの話を聞かされるより、自分の話をしたい生き物だと思っておきましょう。

 

といっても、最初から自分の話したいことを話す女性は少ないです。

 

もちろん、そのような女性もいますが、多くの女性は初めから自分の話したいことを話そうとは思いません。

 

「聞き上手になれ」というのは聞いたことがあるかもしれませんが、ただ話を聞くだけでは不十分です。

 

本当の聞き上手は、相手に話したいことを話させる、話しやすい空気や関係性を作れる人だと私は思います。

 

 

たとえば、相手の服装を見たときに、オシャレが好きそうだと感じたとします。

 

その際には

「その服かわいいね!すごく似合っているし。オシャレ好きなの?」

「服はどこで買うことが多いの?」

 

といった具合に、相手が自分の好きなことについて話せるように、話題を広げていきます。

 

そうすると、自然と相手は自分の話したいことが話しやすくなります。

 

もちろん見た目からだけでなく、会話の内容から相手の話したそうな話題にもっていくのも良いです。

 

 

また、相手に話したいことを話させるためには、2人の関係性も重要です。

 

相手にとってあなたが "話しやすい人" だと思われる必要があります。

  

そして、相手が自分の話したいことを話せるような関係になってくると、2人の新密度もグッと上がります。

 

 

このあと紹介することも、新密度の高い関係性をつくる上で重要なものなので参考にしてください。

 

難しそうに聞こえるかもしれませんが、これも慣れです。少しずつ試してみると良いでしょう。

自分の弱みを教える

あまり誰にでも話さないような自分の弱みを話すと、相手も心を開きやすくなります。

 

たとえば、過去の恋愛で裏切られ傷ついた話や、自分の精神的に弱い部分や悩みなどをさらけ出すことで、「この人は自分を信用してくれている、心を開いてくれている」と無意識に感じるようになります。

 

 

特に、その相手だけに話していることやごく少数の人にしか話していない内容だと、相手はよりあなたに対して心を開きやすくなるでしょう。

 

心を開いてくれれば、相手が本当に話したいことを話しやすくなるはずです。

 

 

ただし、ネガティブな印象を与えてしまうとあまりよくないので、たとえ内容が暗かったとしても、あくまで明るく話すべきです。

 

相手に心を開いてほしければ、まずは自分から開きましょう。

多少のイジりやからかいをいれる

先ほども言ったように、まずは話しやすい相手だと思われたほうがいいです。

 

相手に話しやすいと思われるには、ある程度時間がかかると思うかもしれませんが、実際にはそうとも限りません。

 

むしろ、初めて話したその日にグッと距離が縮まる人もいれば、何度会っても無難な関係にしかならない人もいます。

 

 

これには「相手にどのように思われるか、どのような会話をするのか」ということが深く関わってきます。

 

そして、相手に話しやすい人だと思わせる方法の一つとして、多少のイジりやからかいを入れるという方法があります。

 

 

逆の立場で考えれば分かると思いますが、普通に無難な会話だけをした女性と多少からかってくるような女性では、どちらのほうが話しやすい関係になるのが早いでしょうか?

 

おそらく、ほとんどの人が後者だと思います。これは男性が女性と話しやすい関係になる上でも同じことが言えます。

 

 

むしろ、女性は男性に褒められたり優しくされることには慣れている人が多いので、少しイジってみるくらいのほうが早く打ち解けやすいです。

 

もちろん、イジり方を間違えば逆効果なので注意が必要です。

 

基本的には『イジる→フォローする(褒める)』といったパターンが良いでしょう。

 

 

たとえば、ご飯を食べ終えたあと、

「あれ?ちょっとお腹出てるんじゃない?笑」

「うそうそ、痩せてる人じゃなきゃこんな冗談言わないよ」

「冗談だよ、むしろお腹出てるの俺だったわ」

 

と言ったように、軽いイジりのあとに褒めてあげたり自虐したりすることで、相手も嫌な気はしないはずです。

 

 

もちろん、たとえ食事の後だとしても、お腹が出ていると言うと人によっては気にする場合もあります。

 

そのため、相手の性格や外見などを踏まえ、言っても大丈夫なイジりを上手にすることが大事です。

 

上手くイジることができるようになれば、女性から話しやすいと思われる可能性も高くなるでしょう。

8つのコツを踏まえて回数をこなそう!

以上、女性との話し方のコツについてでした。

 

これらのコツを活かすためには、回数をこなすのが一番です。

 

スポーツが教科書を読むだけでは上手くならないように、今回のコツに関しても、いくら文章だけを読んでも実践していかなければ身につくことはありません。

 

また、最初から上手くはできないと思うので、失敗を恐れないようにしましょう。

 

むしろ、これもスポーツと同じで、失敗したほうが上手になっていくはずですし、失敗を恐れてしてはいつまで経っても上手にはなりません。

 

今回紹介したコツを踏まえて、ぜひいろんな女性と話をしてみてください。