女性と話せない自分を克服するには?女性との会話が苦手な男に必要なもの

f:id:C-write:20171214085737j:plain

女性と話すことに対して苦手意識を持つ人は多いです。

 

特に、現代はそのような男性が増えていると言われます。

 

これは、自然と治っていくということは少なく、多くの場合、放っておくと苦手意識がどんどん強くなってしまいます。

 

 

そのため、女性と話せないことを克服するためには、意識的に改善していく必要があります。

 

今回は、女性と話せないことを克服するために必要なもの について紹介したいと思います。

女性と話せない原因って?

まずは、なぜ女性と話せないのか?その原因について考えてみましょう。

 

おそらく、人によってさまざまな原因があるかと思いますが、以下のようなものが原因となっていることが多いでしょう。

 

 

・過去に女性関係で苦い経験をした

・元々人と話すこと自体得意ではない

・相手にどう思われているか気にしすぎる

・自分自身に対してネガティブ

 

 

もちろん、これだけではないと思いますし、あくまで一例ですが、多くの人は1つくらい当てはまるものがあるのではないかと思います。

 

 

たとえば、以前テレビ番組で、女性と関わるのが苦手な男性が出ていましたが、その人も過去に苦い経験をしたことで、女性に対する苦手意識が強くなったと言っていました。

 

その人の場合は、学生時代に好きな人に告白してフラれてしまったのですが、そのときの告白からフラれるまでのやりとりの画像が、同級生たちに広まっていたようです。

 

さすがにこの例は極端ですが、過去の経験が女性への苦手意識につながっている人は少なくありません。

 

この他にも、自分に自信がなかったり相手にどう思われるかを気にしすぎたりして女性と話せない人は多いです。

結局は、劣等感や思い込みが強いから

このような女性と話せない原因には、共通点があります。

 

それは、自分自身に対する劣等感や思い込みが強いことです。

 

女性と話せない原因は、ほとんどこれに当てはまるでしょう。

 

「自分は話すのが下手だ」

「こっちから話しかけると嫌がられるんじゃないか」

「話してもつまらないと思われるんじゃないか」

「自分なんかと話したくはないだろう」

 

といった思い込みや劣等感が強ければ、女性と話せなくて当然です。

 

 

そして重要なのは、女性と話せる男性にこのようなものが無いわけではないことです。

 

もちろん、なかにはポジティブで劣等感が全くない人もいます。

 

ですが、仮に劣等感や多少の思い込みが多少あったとしても、女性と話せる人はそのようなことが自分の勝手な思い込みでしかないことを分かっているのです。

 

この意味に関して詳しくは、このあとの内容を読んでいけば分かると思います。

女性と話せないことを克服するために必要な5つのこと

では、女性と話せないことを克服するためには何が必要か紹介したいと思います。

 

必要なことは大きく分けて5つです。

とにかく素直になること

女性と上手く話せない人は、それを悟られないようにしがちですが、いちいち格好つける必要はありません。

 

むしろ、女性と話すことが苦手なら、それを相手に伝えるくらいのほうが良いです。相手に自分が話下手であることが伝わっていれば、気持ち的にもラクになるはずです。

 

また、へんに着飾っている男性よりも、不器用であることを素直に言える男性のほうが女性からの好感度も高いです。

 

場合によっては、それがあなたの魅力になることも十分あるのです。

 

どうせなら素直になって、あなたの苦手な部分を魅力の一つにしてしまったほうが良いでしょう。

思い込みは勘違い&自意識過剰だと自覚する

「相手にどう思われるか」なんてことを無意識に考えてしまう人は多いですが、はっきり言ってこれはムダであり、自意識過剰だと思ったほうがいいでしょう。

 

なぜなら、女性にもさまざまな人がいますから、あなたがどう思われるかなんて結局相手次第でしかないからです。

 

 

たとえば、見た目が好みじゃないだけで話す気にならないという女性もいれば、異性に話しかけられること自体を喜んでくれる女性もいます。

 

極端な話、だれがどのように話かけても好意的に受け取らない女性というのはいます。

 

つまり、あなたが何を気にしてようが、それはあくまで思い込みの域を脱さず、結局は実際に話をしてみなければ何も分からないのです。

 

 

それに、多くの場合h何とも思われずに終わるものです。あなたが思っているほど、相手はあなたに対して感情を抱くことはありません。

 

そのため、話す前から相手がどう思われるかなんて考えるのは、自意識過剰とも言えるでしょう。

 

まずは実際に話してみることから始めなければ、話にならないということです。

話の上手さより相性が重要

好かれやすさや好かれにくさに差はあったとしても、基本的に会話なんてのは相性が合うかどうかの問題です。

 

明るくてよく喋る男性が好きな女性もいれば、控えめで真面目な男性が好きなひともいます。

 

聞き役に回りたがる女性もいれば、話をしたがる女性もいるのでしょう。

 

 

また、趣味が合えば自然と話は盛り上がりますし、結局はどんな人と巡りあうかの方が重要になってきます。

 

そのため、いちいち上手く話そうとか相手にどう思われるのかを気にしないほうがいいです。

 

人より相性の合う女性は少ないのかもしれませんが、もともと万人と上手くいく人間なんていません。

基本的な会話のコツを押さえておく

相性が重要と言っても、やはりある程度は話が上手いにこしたことはありません。

 

もちろん、話下手な人がいきなり上手に話すのは難しいですから、誰でもできる基本的なコツを押さえておきましょう。

 

会話のコツに関しては

女性との話し方:女性との会話で押さえておくべき8つのコツ という記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

興味のない異性ともコミュニケーションを

 万人と上手くいく人間がいない以上、誰しも異性との会話で失敗する経験はあるものです。

 

特に、すでに女性に対して苦手意識がある人はなおさらです。

 

そんななかで、女性と話せない人と話せる人を大きく分けているのは、場数や失敗の数です。

 

結局は、どれだけいろんな人と話をしたことがあるかが重要になってきます。

 

 

女性と話せない人の多くは、苦手意識があるため日頃から女性とあまり話そうとしません。

 

そして、いざ話をしたいと思う女性があらわれたときに、上手く話せず悩むものです。

 

 

そのようなひとは、日頃からさまざまな女性と話しておくべきですし、むしろまずは興味のない女性と会話をしてみましょう。

 

興味のない女性であれば、最悪どう思われようが、さほど気にならないはずですから、話しやすいはずです。

 

女性との会話に限らず、どのようなことにおいても場数を踏むことは重要です。

 

言い方は悪いですが、会話をするハードルが低い相手こそ、日頃から話しておくべきでしょう。

女性と話せない自分は意識的に克服していかなければならない

以上、女性と話せないことを克服するために必要なもの についてでした。

 

今回の内容を簡単にまとめると、

 

 

・思い込みは勘違い&自意識過剰であると自覚すること

・話の上手さより相性が重要であると認識しておくこと

・基本的な会話のコツを押さえておくこと

・とにかく素直になること

・興味がない異性こそ話すこと

 

 

といったことが必要になります。

 

女性と話せない男性は、いらない思い込みや自意識によって、さまざまなチャンスを逃しがちです。

 

女性と話せる男性は誰しも失敗を繰り返しているものです。

 

今回紹介したことを参考に、へんに意識しすぎず、とりあえず話してみるくらいの軽い気持ちで女性と接していただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする