甘いものやお菓子の食べ過ぎの原因はコレじゃない?食べ過ぎへの対策まとめ

f:id:C-write:20170323012330j:plain

「お菓子や甘いものをついつい食べ過ぎてしまう」という人は多いはず。

 

お菓子や甘いものには中毒性があるので、意識的に改善していかないければ、なかなか止められないかと思います。

 

そこで、今回は『ついつい食べ過ぎてしまう人が見直すべきこと&取るべき対策』をご紹介します。 

  • 食事制限をしすぎてませんか?
  • 朝食や昼食が菓子パン
  • 食べるにしろ食べないにしろ、とりあえず水
  • 楽しいこと、好きなことに熱中する
  • これを食べよう
  •  食べ過ぎた後の対処法
  •  おわりに
  • 食事制限をしすぎてませんか?

    食事制限をしているせいで、お菓子を食べ過ぎてしまうという人は多いです。

     

    これは食事の量が減っている分、「少しくらいお菓子を食べても大丈夫かな」という気の緩みから生じます。

     

    本人は、食事を減らしてるから大丈夫と思っているかもしれませんが、これは直しておいたほうが良いです。

     

     

    その理由の一つは、基本的にお菓子は腹持ちが良くないものが多いからです。

     

    仮に、食事制限をする前とカロリー自体が変わらなくても、腹持ちが良くないため、満腹感が足りずに結局食べすぎてしまう ということが考えられます。

     

     

    また、栄養のバランスも確実に悪くなるでしょう。

     

    栄養のバランスが悪くなれば、栄養不足や代謝の低下によって、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

     

    こうなってしまうと、食事制限のせいでより太ってしまうということになりかねません。

     

     

    そのため、お菓子を食べ過ぎるくらいなら、しっかり食事を摂るようにするべきです。

     

    もちろん、高カロリーな食事ばかり摂っていると、それはそれで意味がないのですが、せめてお菓子をご飯の代わりにするようなことだけはやめましょう。

    朝食や昼食が菓子パン

    先ほどの話と似ていますが、菓子パンをご飯にするのはやめましょう。

     

    菓子パンをご飯代わりに食べている人が意外と多いのですが、これも腹持ちは良くないです。

     

    そして、添加物が多く砂糖や油分を多く含むため、同カロリーのご飯よりも確実に太りやすくなります。

     

    仮に菓子パンでなくても、パンと一緒に摂るバターやジャムのようなもので、太る場合もあります。

     

     

    このようなことを考えると、やはりご飯(米)を摂るのが一番いいでしょう。

     

    ご飯は腹持ちがよく、ヘルシーなおかずを選ぶこともできます。

     

    もっといえば、主食は未精製の穀物なんかが理想であり、玄米のようなものがいいのですが、今回はそこまで徹底したことについては言及しません。

     

     

    とりあえず、一日の三食の中に菓子パンを入れるのはやめましょう。

     

    どうしてもパンがいいのであれば、ライ麦パンやベーグルなど腹持ちがよいものをオススメします。

    食べるにしろ食べないにしろ、とりあえず水

    休憩時間にとりあえず水、小腹が空いたらとりあえず水、食後にとりあえず水 といったように、水は多少摂りすぎだと感じるくらい飲んでいいでしょう。

     

    お腹がタプタプになるほど飲むのはやりすぎですが、水分を多めにとると空腹を抑えてくれるので、食べすぎを防いでくれます。

     

    そして、代謝を上げてくれる働きもあるため、過食を抑えつつ痩せやすい身体をつくる
    という意味で一石二鳥でしょう。

     

    当然ですが、ジュースはダメですので気をつけて下さい。

    楽しいこと、好きなことに熱中する

    “食べる時間とそれを考える暇があるから”というのが、ついつい食べてしまう原因になっている人もいるでしょう。

     

    そんな人は、何か熱中できるものを見つけることをおすすめします。

     

     

    食べることが趣味というのも悪いことではないですが、食べ過ぎを気にするのなら、他の趣味を見つけてバランスを取ったほうが良いです。

     

    できれば、食べること以上に楽しいと思えるものに熱中するのがベストです。

     

     

    特に、家でついつい食べてしまうような人なら、外に出かけて行う趣味を見つけると効果的かもしれません。

     

    それが身体を動かすことであれば尚良いでしょう。

    これを食べよう

    f:id:C-write:20170323005659j:plain

     

    ここからは、甘いものをついつい食べてしまうのを防いでくれる食べ物をいくつか紹介したいと思います。

     

    これらの食べ物を自然と食べる習慣が身につくように、あらかじめ多めに買っておくことをオススメします。

     

    多めに買っておけば、積極的に消費すると思いますので。

    ・無添加のハチミツを摂る

    ハチミツはその甘さの割りには低カロリーなんです。

     

    砂糖とハチミツで同じ甘さを出そうと思うと、砂糖の方が量が多くなりカロリーも高くなります。

     

     

    さらに、栄養面で優れていることも考えると、お菓子で糖分を摂るより断然良いでしょう。実際に、砂糖の代わりハチミツを使っているという人も多いです。

     

    もし甘いものが食べたくなったときには、はちみつを小さじ一杯程度口にしてみて下さい。

     

    そうすると、甘いものを食べたいという欲求がかなり薄れるはずです。

     

     

    もちろん、砂糖や水あめが入っているはちみつではダメです。

     

    普通のお菓子を食べているのと変わらないので、しっかりと無添加なものを選びましょう

     

    また、無添加だからといって食べ過ぎてしまうと当然太りますので、そこは注意しておいて下さい。

    ・グレープフルーツを食べる

    グレープフルーツの香りや苦みにはダイエット効果があると言われてます。

     

    まず、グレープフルーツの香りはリモネンとヌートカトンという成分があり、血行促進作用、脂肪燃焼効果などがあります。

     

    そして、苦味はナリンギンと呼ばれるもので、食欲抑制や抗酸化作用があります。

     

    さらに、カロリーも低く、グレープフルーツに含まれるビタミンB1は脂肪の蓄積を防いでくれるため、ダイエットには最適なフルーツではないでしょうか。

     

    ただし、ナリンギンは薬の作用を阻害する恐れがあるため、薬とグレープフルーツを一緒に摂るのは避けるべきです。

    ・ガムやスルメを噛む

    たくさん噛むほど満腹感はでますので、ガムやスルメは空腹感を抑えるのに最適です。

     

    そして、ガムであればミント系をオススメします。

     

    ミントにはリラックス効果があるので、多少なりとも食欲の抑制を促してくれるでしょう。

     

     

    また、酢昆布なんかも良いです。酢には食欲を抑える効果がありますので。

     

    ちなみに、言うまでもないことかもしれませんが、普段の食事もよく噛み、時間をかけて摂りましょう。1口30回以上、1食30分以上、を目安にするといいかもしれません。

    ・その他

    その他でいえば、

     

    ・寒天

    ・ゼリー(できるだけ低カロリーなもの)

    ・ドライフルーツ

    ・ヨーグルト

    ・酢の入ったおつまみ(低カロリーなもの)

     

    などであれば、食べ過ぎてもそこまで気にすることはないでしょう。

     

    先ほど紹介したものが飽きたときには、このようなものを取り入れてみると良いかもしれません。

     

    もしくは、ハチミツと合いそうなものは、組み合わせて食べるのも良いかもしれません。色々試してみて、自分に合ったものをどんどん取り入れていきましょう。

     食べ過ぎた後の対処法

    最後に、食べ過ぎた後の対処法として熱めの白湯を飲むことをオススメします。

     

    熱めの白湯を飲むことで、食べ過ぎた分の消化吸収を促してくれます。

     

     

    「消化吸収を促すと太るから嫌だ」という人がいそうなので言っておきますが、消化不良を起こしたほうが、結果的には太ると考えたほうが良いです。

     

    消化不良を起こした場合、基礎代謝が下がるので、摂取カロリーに対する消費カロリーが少なくなります。

    よって、摂取カロリーが今までと変わってなくても太ってしまうことがあります。

     

    太りやすい体質にならないためにも、食べたものはしっかりと消化させるようにしましょう。

    また、それだけでなく、単純に健康のことを考えた上でも消化は大事ですので、食後の白湯はぜひ取り入れてみて下さい。

     おわりに

    今回紹介した内容は、食べ過ぎか否かに関わらず、健康のためにも行ったほうが良いことです。

     

    そして、これらのことをしっかり実践できれば、ついつい食べてしまうということを多少なりとも抑えられるはずです。

     

    少しでも食生活や日頃の習慣を見つめ直すきっかけになればと思います。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする