いい男ラボ

~男磨きのための情報発信~

頭皮がくさいの気づいてる?男の頭の臭い、原因とその対策とは

f:id:C-write:20170521141731j:plain

男にはさまざまな体臭がありますが、その中の一つに "頭の臭い" があります。

 

頭の臭いは、基本的に30代半ばや40代以降から強くなる印象が強いかと思います。

 

しかし、時には20代や30代前半であっても、ちゃんとケアができてなかったり、頭皮に負担をかけていたりすると臭いを放つようになり、その臭いはどんどんキツくなっていきます。

頭皮のニオイは対策しにくい?

実は、身体の臭いの中でも、頭皮の臭いというのは対策が難しい部分です。

 

たとえば、脇や足などに比べて、頭皮というのは非常にデリケートな部分であり、間違った対策をすれば、臭いが悪化してしまうことも十分考えられます。

 

また、さまざまな原因が複合された臭いを発することも多く、これも対策が難しい一つの原因です。

 

ですので、脇や足の臭いは、着る服や制汗剤・スプレーなどで簡単に抑えられることも多いですが、頭皮に関しては、そう簡単にいかないことが多いということを知っておきましょう。

 

 

ただ、難しいとはいっても、なかにはシャンプーを変えるだけで改善する人もいますから、「とりあえずやれることをやってみる」という気持ちが、まずは大事かと思います。

頭皮の臭いの原因

先ほど言ったように、頭皮は間違ったケアをしていると、臭いや症状が悪化してしまう可能性があります。

 

ですので、どのような原因が考えられるのか、しっかり確認しておいた方が良いです。

 

大きく分けて3つの原因が考えられるので、まずはそれを紹介します。

皮脂の臭い

一番多い頭皮の臭いの原因が、皮脂によるものでしょう。実は、頭皮は身体の中で最も皮脂腺が発達している場所なのです。

 

その皮脂腺の量は、Tゾーンの2倍とも言われています。

 

皮脂は酸化すると悪臭を放つため、皮脂腺が多い頭皮は他の部位に比べて、キツい臭いを放ちやすくなります。

 

そして、頭皮が臭い人は、皮脂の過剰分泌や皮脂が毛髪にこびりつき、毛穴に詰まっている可能性があります。

 

古い皮脂が詰まっているのですから、当然臭いもキツくなります。

 

また、これらの皮脂によるトラブルは頭髪の成長の妨げにもなり、抜け毛や薄毛の原因にもなりかねません。

 

ですので、このような原因はできる限り取り除いておいた方が良いでしょう。

フケによる臭い

フケにも臭いを発生させる原因があります。まず、フケというのは頭皮が剥がれたものであり、タンパク質を多く含みます。

 

そして、このタンパク質は雑菌のエサとなるため、フケによって有害菌やカビが繁殖し、臭いを発生させます。フケが多い人は要注意です。

皮膚炎による臭い

おそらく、これが一番デリケートで深刻な問題ではないかと思います。頭皮の皮膚炎で多いのが、脂漏性皮膚炎です。

 

これは、皮脂の過剰分泌によって菌が繁殖し、頭皮が炎症を起こしてしまうものなのですが、この皮膚炎はフケを増やし、かゆみやかさぶたもでてきて、頭皮の臭いもキツくなります。

 

また、間違ったケアや悪い生活習慣によって悪化することも多く、一度発症するとなかなか治りにくいのも特徴です。

 

もし、「頭皮が赤く炎症を起こしている・痒みが強い」といった症状がみられる場合には、臭いの対策をする前に、まず皮膚科に行った方が良いでしょう。

頭皮のニオイを強くするNGな行動・対策

f:id:C-write:20170521141809j:plain

ではここから

『頭皮のニオイを悪化させないために避けるべき行動と対策』について紹介していきます。

 

長い目で見ても、これらの行動は髪や頭皮に悪いので、当てはまる人は改善しましょう。

過剰な整髪料の使用

たまに整髪料をベッタリとつけた髪型の男性を見ますが、あれはやめた方がいいです。

 

過剰な整髪料の使用は、頭皮への付着や洗髪の際のすすぎ残しが出る可能性があります。

 

これらは、頭皮の毛穴を詰まらせたり、炎症やフケを生んだりする原因になりかねません。

 

結果、薄毛のリスクや頭皮の臭いにもつながってしまいます。使うとしても、頭皮に付かないくらいの少量にとどめておき、シャンプーで洗い流しやすいものを選ぶようにしましょう。

帽子をよく被る

帽子を被ると禿げるというのを聞いたことがありませんか?

 

あれは『帽子を被ることによって頭皮が蒸れて、皮脂から雑菌が繁殖してしまう』という理由があるからです。

 

皮脂から雑菌が繁殖するということは、頭皮のにおいも確実にクサくなります。

 

ですので、体温が高いときや長時間の帽子の着用は避けましょう。

頭を洗わないまま寝る

頭皮は一日のあいだに、皮脂の酸化やホコリ・細菌などの付着によって、不衛生な状態になっています。

 

これを落とさずに寝てしまうと、雑菌の繁殖や頭皮環境の悪化につながり、フケや臭いを発生させやすくなります。

 

また、夜に頭を洗わない場合、朝に頭を洗うと思いますが、これも頭皮には良くありません。

 

まず適度な皮脂には、頭皮を菌や紫外線から守る役割があります。

 

しかし、頭を洗ってすぐというのは、この皮脂がまだ形成されておらず、この皮脂の形成には6時間ほどかかると言われています。

 

ですので、朝に頭を洗って6時間以内に外出をしてしまうと、紫外線のダメージや細菌の影響を受けてしまうのです。

 

これらも頭皮環境を悪化させる原因になるので、シャンプーは夜、一日の終わりにするようにしましょう。

洗髪後のすすぎ残し

頭を洗ったあと、しっかりすすぐことができていないと、シャンプーやリンス、整髪料などの成分が残り、フケや細菌を繁殖させる原因になります。

 

ですので、すすぎはシャンプー以上に時間をかけてください。

 

 

また、もし洗面器を使っている人がいたら、シャワーに変えましょう。

 

洗面器を使うよりも、シャワーを使ったほうがしっかりすすぐことができます。

濡れた髪を乾かさずに寝る

濡れた髪をそのまま放置した頭皮は、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。

 

ですので、髪を乾かさずに寝るような生活を続けていると、フケは増加し、頭皮環境も悪化していくため、臭いも強くなります。

 

短髪の人ならまだいいのですが、それでも頭皮に悪いことには変わりないので、しっかり乾かして寝るべきでしょう。

頭を洗い過ぎる・成分の悪いシャンプーの使用

頭皮の臭いに気を遣うことは大事ですが、気を遣いすぎ、頭を洗いすぎると逆効果になるため気をつけてください。

 

先ほど言ったように、皮脂は取り除きすぎても良くないので、一日複数回のシャンプーは避けるべきです。

 

また、洗浄力の強いシャンプーも、皮脂の取り除きすぎや頭皮の炎症の原因になるので、シャンプー選びも重要です。

 

シャンプーを選ぶ際、特に気にかけてほしいのが、合成界面活性剤が含まれているかどうかで、これは洗浄力の強いシャンプーに多く含まれています。

 

具体的には

ラウレス硫酸

ラウリル硫酸

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩

パレスー3硫酸

アルキルエーテル硫酸

などの硫酸系は、頭皮への負担が大きいため避けるべき成分です。

 

ですので、上記の成分が入っているシャンプーを使っている人は、シャンプーを変えた方が良いでしょう。

 

オススメは頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーです。毎日使用するものですので、できる限り身体に優しいものを選びたいですね。

カラーリングやパーマが多い

カラーやパーマをする際にヒリヒリしたことはありませんか?

 

当然のことですが、カラーやパーマは肌に悪く、刺激が強いため、ヒリヒリすることがあります。

 

そして、一番注意してほしいのが、これらが原因でアレルギー体質になったり、皮膚炎を発症させたりする恐れがあるということです。

 

このような症状は

「いつもしてるから大丈夫」

「今まで問題なかったから大丈夫」といった人が、ある日突然発症することもあります。

 

また、一度発症してしまうと治りにくく、最悪の場合、治らないことも考えられるものですので、発症してしまってからでは遅いのです。

 

さすがに「カラーやパーマをやめろ」とは言いませんが、せめて、しっかり期間を空け、頭皮の状態を定期的に見てもらいながら使用するようにしましょう。

 

もちろん、一番いいのは何もしないことですから、おすすめはカラーやパーマをしないことです。

肉類・乳製品の食べすぎ

体臭全般を抑えるための基本ではありますが、肉類・乳製品・ジャンクフードなどの摂取が多い方は控えるようにしましょう。理想は、和食&野菜中心の食事です。

 

ただし、他の体臭(脇の臭い・口臭・汗の臭いなど)はそれほどクサくないのに、頭皮だけが臭いという人の場合、

食事よりも、これまで紹介した他の部分を見直すことを優先した方がいいでしょう。

頭皮がどれだけデリケートなものか分かっていただけましたか?

ここまで読んでいただければ分かると思いますが、頭皮というのはとてもデリケートです。

 

デリケートな分、雑に扱えば臭いも発生しやすいですし、一度悪くなった頭皮環境を戻すのも難しいです。

 

ですので、重要なのは、臭いの発生や頭皮環境の悪化を防ぐため、日頃の予防や対策をどれだけ怠らないかだと思います。

 

皮脂の分泌量に関しては、男性であれば特に、増えるのも仕方ないのですが、皮膚炎が発症するまで放っておくことだけは避けるべきです。

 

何度も言うように、頭皮環境は悪化すればするほど、治すのが困難になりますから、発症してからでは遅いのです。

 

不安な方はとりあえず皮膚科を受診することをおすすめします。

 

もしかすると、既に発症してしまっている人もいるかもしれませんが、どんな状態にせよ、『良好な頭皮環境を保つための対策をするべき』ということに変わりはありませんので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。