【女友達の作り方】社会人の男性が女性と仲良くなる方法

f:id:C-write:20171221015817j:plain

女友達がほしいと思いながらも、なかなかきっかけを作れずにいる男性は多いです。

 

特に、社会人になってからだと、学生時代に比べて圧倒的に友達が作りにくくなっているはずです。

 

これは私自身悩んでいたこともありますし、周りにも同じような人がいました。

 

 

しかし、これは逆に利用できるということをご存知ですか?

 

というのも、男性が女性と仲良くなる機会がないように、女性もまた、社会人になって男性と知り合う機会が減っているのです。

 

社会人になって友達ができにくくなっているのは、なにも男性だけではありません。

 

 

つまり、このような女性と知り合うきっかけさえ作れば、その後友達になれる可能性は高いということです。

 

今回は、社会人になってからの女友達の作り方について紹介したいと思います。

大前提として絶対に必要なこと

具体的な女友達の作り方の前に、大前提として必要なことがあります。

 

必要なことは大きく分けて2つです。

ある程度の積極性

一つ目は、ある程度積極性がないと、女友達はできないということです。

 

 

学生時代であれば、同じクラスや部活、サークルなどの関係で自然と女の子と仲良くなれることもあったでしょう。

 

ですが、社会人になってしまうと、このような機会がかなり減ってしまいます。

 

そのため、自ら女性と知り合える場所に行ったり、仲良くなれるきっかけを作ろうとしたりという積極性は絶対に必要です。

 

 

もちろん積極性がなくても、運よく女性と仲良くなれることもあるかと思いますが、可能性は低いでしょう。

 

そんな運頼りで受け身な姿勢では、いつまで経っても女友達はできないと思っておいたほうが良いです。

 

現に女友達ができていないのなら、なおさら受け身な姿勢は見直すべきでしょう。

 

 

女友達ができない人のほとんどは、積極性が足りません。

 

消極的でいると、どれだけ女友達を作る方法を知ったとしても、結局女性と仲良くなるキッカケはつくれません。

 

めちゃくちゃ積極的になる必要はありませんが、ある程度は積極的でなければいけないということを覚えておいてください。

場数を踏むこと

2つ目に必要なのは、とにかく場数を踏むことです。

 

イケメンや話が上手な人であれば、最初から上手くいくこともあるでしょう。ですが、ほとんどの男性は上手くいかないことも多いものです。

 

特に、これまで女友達が少なかった人であれば、思ったように女性と仲良くなれくて当然です。

 

そのため、一度や二度上手くいかなかったからといって、いちいち消極的になってはいけません。

 

むしろ、そのような経験を重ねていくことで、徐々に女性と接し方が上手くなります。

 

女友達を作りたければ、最初は上手くいかなくても、とにかく経験を積んでいくことが重要だということを忘れないでください。

女友達を作る方法

では、具体的に女友達を作る方法について紹介していきます。

 

もちろんさまざまな方法があるので、自分にできそうなものから試してみるとよいでしょう。

男友達経由で女友達を作る

男友達つながりで女性と関わっていくというのは、無難な選択の一つでしょう。人によってはこれが一番ラクな方法かもしれません。

 

たとえば男友達に女の子を呼んでもらい、その女の子にも友達も呼んでもらうことで、複数の知らない女性と知り合うことができます。

 

これなら、既に横のつながりがあるため、女性の警戒心も少なく仲良くなりやすいでしょう。

 

もし、そのような男友達がいない場合は他の方法を考えるべきですが、まずは女友達が多そうな男友達に相談してみるのもオススメです。

社会人サークルに入る

社会人サークルには、大人になって遊ぶ機会が減った人や、出会いが少なくないことを理由に参加している人も多いです。

 

そのため、友達を作るにはうってつけと言えるでしょう。

 

 

できれば、ある程度女性の割合が多いサークルを選ぶのが良いですが、男性が多いサークルでも問題ありません。

 

なぜなら、サークルで知り合った男性と仲良くなって、合コンに誘われるようなことも多々あるからです。

 

 

実際に私の友達にも、社会人サークルで知り合った男性と仲良くなり、色んな合コンに参加している人がいます。

 

いきなり女性と知り合うことはできなくても、サークルでの交友関係をきっかけに出会いが広がることもあります。

 

まずは自分が興味のある社会人サークルに入ってみると良いでしょう。

出会いのあるイベントに参加する(街コンなど)

異性との交流を目的としたイベントに参加するのも一つの方法です。

 

街コンなんかは、出会いを求める社会人にとって定番のイベントとも言えるでしょう。

 

このようなイベントは異性との交流を目的としているため、運営側がしっかり女性と話せるようにしてくれるというメリットがあります。

 

相手の女性も、男性との出会いを求めて来ている場合がほとんどですから、男女が気軽に仲良くなりやすい環境になっています。

 

 

また、相席居酒屋なんかも女性と仲良くなるのには良いでしょう。

 

街コンと同様に、店側が女性の席に案内してくれるので、自分から話しかけるのが苦手な人にオススメです。

 

ただし、相席居酒屋は女性が無料であることがほとんどなので、タダでご飯を食べることが目的の女性もいます。

 

そのため、脈がないと判断した場合、すぐに店を出るか席を変えてもらったほうが良いでしょう。

クラブやバーに行く

クラブや立ち飲みバーなんかは、ナンパをする人も多く、男女が交流しやすくなっています。

 

女性側も、ナンパをされやすいことが分かって来ている場合が多いため、会話がしやすいです。

 

ただし、街コンと違い、自分から話しかけなければ何も始まらないので、ハードルは高いかもしれません。

 

しかし、逆に言えば、クラブやバーで女性と仲良くなれるようになれば、その他の場でも女性とどんどん仲良くなれるはずです。

 

お酒が好きな人にとっては良い出会いの場になるでしょう。

積極性と場数を踏めば女友達はできる

以上のように、女性と仲良くなる方法はさまざまです。

 

そして、どんな方法であろうと、ある程度の積極性を持って数をこなせば、女友達はできるものです。

 

逆に、女性と出会える場所は知っていても、積極性がなかったりや数をこなすことができなかったりすると、いつまで経っても女友達はできません。

 

 

もし、女性に対して苦手意識があったり、話すのが苦手だったりするような人は、最初はそれらを克服していったほうが良いでしょう。

 

女性と話すのが苦手な人は

女性との話し方:女性との会話で押さえておくべき8つのコツ 

女性と話せない自分を克服するには?女性との会話が苦手な男に必要なもの

と言った記事も合わせて読んでみてください。

 

ぜひ今回紹介したことを参考に女友達を作っていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする