いい男ラボ

~男磨きのための情報発信~

『うざい男とモテる男』送るLINEの違いとは?LINEテクニック

f:id:C-write:20170611055759j:plain

「女性とのLINEが続かない」

「どんな風にやりとりを続けたらいいのか分からない」

「返事が来なくなった・連絡が途絶えた」などなど、

女性とのLINEに関して悩む男性は多いでしょう。

 

実際、どのような連絡のとり方が良いのかは、相手の性格やその時の状況よって異なる部分もあるので、難しいかと思います。

 

しかし、そんな中でも、モテる男のLINEやうざいと思われる男のLINEには、ある程度の似たパターンがあるのも事実です。

 

もし、女性とのLINEが上手くいかないという人の場合、もしかすると『うざい男のLINE』と同じことをしているかもしれません。

 

その場合には、一刻も早くそのLINEをやめなければ、再び同じ失敗をしてしまうことになるでしょう。

 

今回は、『うざい男とモテる男のLINEの違い』や『LINEが上手な男が使っているテクニック』などについて紹介します。

 

とにかく、まずはうざい男を脱出するため、しっかりとそのポイントを確認しておきましょう。

 

そして、できる限りモテる男のLINEに近づけるようになりましょう。

うざいと思われやすいLINE

f:id:C-write:20170611084641j:plain

まずは、うざい男がやりがちなLINEから。

 

いざ自分が当事者になると、自覚なくうざいLINEをしていることもあるので、当てはまるものがないか、よく確認しておいてください。

疑問形ばかりのメッセージ

疑問形は話をつなげやすく、相手が返信しやすくなる場合もあるのですが、これが多いと相手に圧迫を与えてしまうようです。

 

ひたすら聞かれたことに対して考えて答えるのは面倒くさいですし、LINEのやりとりを嫌がられても仕方ないでしょう。

行動を監視されているような内容

「今何してる?」「今日は何してた?」「誰といたの?」など、相手の行動を把握したがるような内容が多いのもNGです。

 

これは、ひどい場合には、恋人同士でも嫌がられる内容ですから、付き合ってもいない男性にされては、女性も嫌になって当然です。

 

 

もし、何か理由があって訊く場合は、

「今日(どこどこで)見かけた気がしたけど、何してた?」

「ちょっと電話で話したいんだけど、今何してる?」など、

先に理由を言ってしまったほうが良いかもしれません。

重い内容や長文のメッセージ

LINEで重い内容のメッセージを送られても、相手は返事に困ることが多いでしょう。

 

真剣な話を文字でやりとりするのは、受け手にとってかなり負担です。せめて、電話や直接会うなどして話すようにした方が良いかと思います。

 

また、メッセージが長文だと、内容を読むことや返事をすることに疲れてしまいます。

 

基本的にLINEの内容は、ある程度速いテンポ感でやりとりできるくらいが望ましいでしょう。

どうでもいい報告や内容のないメッセージ

「今日〇〇行ってきた」「今から〇〇」など、相手にとってはどうでもいい報告のみのメッセージは "うざい・面倒くさい" などと思われやすいです。

 

せめてただの報告ではなく、「映画好きだったよね?〇〇今日見てきたんだけど、もう見た?」と、相手が興味を持ちそうなことにつなげるようにしましょう。

 

また、「おーい」「暇すぎる」などの内容がないメッセージも避けるべきでしょう。

 

このようなメッセージはある程度仲が良く、いい意味で適当なやりとりもできるくらいの仲でないと、返事に困る人が多いかと思います。

絵文字やスタンプを多用する

女性であれば大丈夫かもしれませんが、男性がこれをやると、引く女性も多いようです。

 

特に、普段あまり絵文字やスタンプを使わない女性に対しては、かなり悪い印象を与えてしまうはずです。

 

なかには使ってほしいという女性もいるので、相手にもよりますが、基本的にはやめておくべきでしょう。

返信が早すぎる

連絡はマメな方がいいと思って、いつも数分以内に返信していたりすると、「暇人?」「ちゃんと働いているのか?」など悪い印象を与えかねません。

 

また、早く返しすぎると、相手も「こっちも早く返した方がいいのかな?」とプレッシャーに感じることがあります。

 

このような状態が続くと、徐々に相手は連絡を取るのが嫌になってくるので注意しましょう。

短文・複数に分けてメッセージを送る

一回のメッセージを2,3個に短く分けて送信するパターンも、面倒くさいと思われることがあるようです。

 

女性でもこれをする人は多いので、そのような人に対してはまだ大丈夫かもしれませんが、できればしないほうが無難かと思います。

返事の催促や連投

返事の催促をするのが嫌がられるのは言うまでもないでしょう。うざい男の鉄板とも言える行為です。

 

また、返信がまだ来ていない状態なのに、追加でメッセージを送るのもNGです。

 

これは、たとえ既読スルーされていたとしても、しっかり相手からの返信を待つべきでしょう。

 

そのまま相手から返信が無く、再度こちらから送る場合には、期間をしっかり置いて、全く別の話題で連絡しましょう。

 

その際には、できるだけ連絡する口実を作っておいた方がいいかもしれません。

返事をしなかったときに謝ってくる

相手から返事が来なかった場合に、「ごめん、何か気分を悪くするようなこと言ったかな?」といった内容のメッセージを送るのも、あまり良い方法とは言えません。

 

優しい人であれば、気を遣ってしっかり返してくれて、そのまま連絡が続くこともありますが、捉え方によっては催促されているような気分になりますし、重く感じられる可能性もあります。

 

基本的にネガティブなメッセージを送るのは良くないと思っておいた方が良いでしょう。

おはよう・おやすみなど、あいさつだけのメッセージが多い

恋人ならまだしも、付き合ってもいない女性に対し、このようなあいさつだけのメッセージを送っても、面倒くさいと思われやすいです。

 

このようなメッセージは、寝落ちしてしまったときや寝る前までラインが続いたときなどに、他のメッセージに付け足すくらいに留めておきましょう。

ギャグっぽいメッセージが多い

毎回面白ければ、まだいいかもしれませんが、基本的にギャグっぽいメッセージが多いと、相手は飽きてきます。

 

そして、それにいちいち反応するのも「面倒くさい」と思われてしまうので、無理して面白くしようとしすぎて墓穴を掘らないようにしましょう。

 

たまに軽く挟むくらいの感覚のほうが良いかもしれません。

好感を持たれやすいLINE

f:id:C-write:20170611084557j:plain

ここからは、うざいと思われる男ができていない『好感を持たれやすいLINEの送り方』について紹介します。

 

万人に好感を持たれるわけではありませんが、少なくとも、悪い印象はほとんど与えないかと思います。

相手に合わせた連絡の取り方をする

今回、うざいと思われやすいLINEや好感を持たれやすいLINEについて紹介していますが、実際は、これらには全て個人差があります。

 

『うざがられやすい・好感を持たれたやすい』というのは、あくまで確率的なものでから、なかには、連絡はゆっくり時間を空けながら取りたいと思う人もいれば、返事は早すぎるくらいがいいという女性もいるでしょう。

 

ですので、このような『相手が望む連絡のとり方』をできる限り考えて、相手に合わせることができる人は悪い印象を与えにくいです。

 

たとえば

「相手が絵文字を使ってほしいと思うような人であれば、適度に絵文字を使う」

「連絡をマメにとるのが苦手な人に対しては、こちらもある程度時間を空け、相手の返事も気長に待つ」

といったような工夫ができると良いでしょう。

 

これを読み取るのは、最初は簡単ではないかもしれませんが、慣れれば特別難しくもないはずです。自分本位な連絡をするよりは確実にいいので一度試してみてください。

既読や未読についてイチイチ気にしにない

自分の中で多少気になってしまう分には仕方ないかもしれませんが、そこに触れてしまうのはよくありません。

 

「返せるときでいいよ」「むしろ忙しそうなのに返事ありがとう」くらいの気持ちで余裕を持っておきましょう。

 

既読がついたからといって、相手は連絡が返せる状態とは限りませんし、そこで催促や詮索をしてしまうと、相手に面倒くさがられます。

 

『相手にも都合がある』ということを理解し、余裕のある対応ができた方が好感も持たれやすいでしょう。

ある程度の間隔を空けつつ、マメな連絡をする

先ほどいったように、あまりに速い返信は相手に良い印象を与えません。

 

しかし、連絡自体はマメな方がいいという女性は多いですから、程よい間隔を空けながら、しっかり返信していくのが良いかと思います。

 

この間隔は人によりけりですが、仕事中でないなら、目安は30分~1時間以内といったところでしょうか。

 

もちろん、場合によって、もっと長くても短くてもいいとは思いますが、その辺は相手によって合わせるのが一番良いでしょう。

程よい内容のメッセージ

重すぎるメッセージや内容がないメッセージは、相手にとって返しにくいことが多いです。ですので、ある程度軽めでテンポよくトークが続くような内容が好ましいでしょう。

 

LINEの場合、テンポの良いやりとりを好む女性は多いですし、そのような内容であれば、ある程度返事が早くても問題ないかと思います。

たまに絵文字やスタンプを使う

絵文字やスタンプの多用は基本的にNGですが、全く使わないと、それはそれで「そっけない・適当」などの印象も与えかねません。

 

ですので、一番無難かつ効果的なのは、テンションがあがった時などに、適度に絵文字やスタンプを織り交ぜることです。

 

これくらいなら、絵文字やスタンプが好きじゃない相手でも、さほど気にしないと思いますし、普段のメッセージとのギャップで好印象を与えることもあります。

 

これに関しても、相手の普段の絵文字やスタンプの量を見ながら調整すると良いかもしれません。

 

頻繁に絵文字やスタンプを使う相手であれば、多少増やしても問題ないでしょう。

こちらから終わらせるように仕向けてあげる

LINEでのやりとりを続けていくと、だんだんとお互いに話題がなくなり、やりとりをする時間の間隔も広がっていくことがあるかと思います。

 

そのようなとき、相手はLINEに疲れているかもしれません。

 

しかし、心ではそう思っていても、自分でLINEを終わらせようとするのは、なかなか難しいものです。

 

ですので、そのようなときは、こちらから察して「今日は疲れてるから早めに寝ようかな」「それじゃ、また明日」「また連絡するね」など、こちらから一度やりとりを終わらせてあげたほうがいいでしょう。

 

相手がしにくいことをこちらからしてあげることは、『気遣いができる人』といった印象を与えることもできるので、長い目でみると、関係が続きやすいかと思います。

少し踏み込んだLINEでのテクニック

最後に、少し踏み込んだLINEでのテクニックについて紹介します。上手くできれば効果のある方法だと思いますので、ぜひ使ってみてください。

やりとりの最後は相手のメッセージで終わらせる

一旦LINEのやりとりを終わらせる際に、「おやすみー」などをこちらが送って終わるのではなく、最後のメッセージを相手で終わらせるようにしましょう。

 

やりとりが終わっていても、最後にメッセージを送った側というのは、次のメッセージは自分から送りにくい状態であり、自然と『待つ側』の心理になりやすいです。

 

この状態になると、相手の頭の中に「LINEくるかな?」といったことが思い浮かびやすく、こちらのことを考える機会も増えます。

 

相手にとって少しでも気になる存在になりたいときには有効な手段でしょう。

感情を共有する

感情の共有は、恋愛においてすごく効果的です。

 

たとえば、相手が仕事で大きなミスをしてしまい、今までにないくらい悩んでいたとします。

 

このとき「俺も一回とんでもないミスをしてしまって、それこそ本気で辞めて逃げ出したいなんて思った時があったよ。」といったように、相手と似たような経験や感情を共有することで「自分を理解してくれる」「気が合う」などの印象を抱き、こちらに対して好意的になりやすいです。

 

特に、相手の喜怒哀楽が大きいときほど、より効果的かと思います。これができるとかなり距離が縮まるはずです。

 

いきなり大きな出来事はなかなか起きないと思うので、まずは相手の趣味や好きなことから、感情を共有しやすいものを見つけてみましょう。

さりげなく相手の名前を呼ぶ

シンプルですが、意外と効くのが "相手の名前を呼ぶこと" です。

 

ある程度やりとりを続けた後に、さりげなく文章の中に相手の名前を入れましょう。悪い印象をもたれていない限り、相手にとっては嬉しいことなはずです。

 

逆の立場で考えれば分かりますが、自分の名前を呼んでくれる人と呼んでくれない人ではどちらが良い印象を抱くでしょうか?

 

名前を呼んでくれる相手の方が好意的に写り、距離も縮まっている気がして嬉しいですよね?

 

相手の名前を呼び、こちらの好意的な印象を作ることで、より距離が縮まりやすくなるかと思います。

大事な話はLINEでしない

重い話や大切な話を「直接話したいから、今度ゆっくり話そう」といったように、敢えて "直接話したい" と伝えることで、『大事なことは直接話したい人』といった誠実な印象を与えることができます。

 

また、さりげなく "今度会って話そう" ということを予め伝えることで、次に会ったときのことを相手が想像しやすく、こちらの存在を印象付けることもできます。

最低限でもうざい男は脱出しよう

いかがでしたか?かなり項目が多くなってしまいましたが、最低でもうざいと思われやすいLINEだけはしないようにしましょう。

 

これに当てはまる人は、LINEのせいで女性との関係を台無しにしまっている可能性が高いです。

 

ですので、一番に気をつけるべき点と言えます。

 

 

そして、余裕がある人は、好感を持たれやすいLINEやテクニック意識してみると良いでしょう。

 

自分本位なLINEではなく、相手を思いやるLINEができれば、特別難しいことではないと思うので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。