いい男ラボ

~男磨きのための情報発信~

禁煙のメリット&タバコのデメリットまとめ:あまりに多すぎる...

f:id:C-write:20170329141301j:plain

喫煙者の方は、何のためにタバコを吸っているのか考えたことはありますか?

 

ほとんどの人が「何となく」や「吸いたいから吸う」程度の理由でしかないと思います。

 

百害あって一利なしとよく言われる様に、タバコにはデメリットしかないというのは周知の事実でしょう。

 

「 そんなこと今更言われなくても分かっている 」 と言われてしまいそうですが、改めてその目で確認してほしいです。

 

喫煙者目線では分かりにくいことも細かく書いてみました。

 

頭の中では分かっているつもりでも、改めて文章にして見てみると、また考えさせられるものです。

ルックス

まずはルックスに関してです。

 

タバコを吸うことによって、体内のビタミンが失われていくのは有名な話です。

 

もちろん、ビタミンが不足すれば肌荒れを起こしやすくなるでしょう。

 

 

さらに、タバコは血行不良も引き起こします。

 

血管の収縮により栄養や水分が送られにくく、新陳代謝も低下するため、血色の悪い顔や再生しにくい肌を作る原因になります。

 

これは美容の天敵といえるほどの作用でしょう。

 

 

タバコの悪影響はまだまだこれだけではありません。これらに加えて、老化を早める作用もあります。

 

喫煙により発生する一酸化炭素や活性酸素は、肌の再生力やハリを低下させるため、シワもできやすくなります。

 

男性であれば、薄毛を促進させる危険性もあります。

 

 

血色の悪さ

肌荒れとその治りにくさ

老け顔

薄毛

 

細かく見ていけば、見た目ひとつとってもこれだけのデメリットがあるんです。

臭い

続いては臭いです。これは他人に対しても害を与えているため、たちが悪いです。

 

まず知っておいてほしいのが、「歯磨き、ガム、その他ブレスケア」など喫煙者なりに対処はしていても、ハッキリ言って非喫煙者からすればクサイんです。

 

もちろん何もしないよりはマシだとは思いますが、そんなことは吸わない人にとっては関係なく、臭いものは臭いんです。

 

そして、その臭いはあなたの衣類や持ち物、髪の毛や身体にも付きます。

 

 

さらに、その臭いは、なにも純粋なタバコのみの臭さだけではありません。

 

あなたの体臭や生活臭・環境の臭いと混ざり、余計に臭くなるのです。

 

これは元々の体臭や生活臭が臭いものではなくても、タバコのニオイと混ざることで臭くなってしまうのです。

 

 

つまり、タバコを吸うことによって新たな臭さを生み出しているのです。

 

コーヒーとタバコの組み合わせがいい例ですよね。

 

それぞれ単体の臭いに対しては、そこまで抵抗のない人でも、組み合わさった臭いに関しては耐えられないという人がほとんどではないでしょうか。

 

 

加えて、喫煙による活性酸素を増加や新陳代謝の低下は加齢臭を強くする ということも覚えておきましょう。

 

このように、タバコにはあなたを臭くする要素がふんだんに盛り込まれているということを忘れてはなりません。

味覚

これもよく聞く話だとは思いますが、タバコを吸っていると味覚オンチになります。

 

これは、舌の上にある味蕾(みらい)という味覚を担う器官が、タバコの化合物の刺激により、感覚が鈍くなるからと言われてます。

 

 

他には、タバコの強い味や臭いに鼻や口が慣れているため、料理の美味しさを感じにくいという意見もあります。これもあながち間違ってはいないのでしょう。

 

タバコをやめるとご飯が美味しくなるというのはこのような理由があるからです。

 

また、プロの料理人に喫煙者が少ないのもこのためでしょう。

 

 

この味覚障害は、単純にご飯が美味しく感じられないだけではなく、食べるものが自然と濃い味になってしまうという弊害もあります。

 

味覚が鈍っているため、濃い味でないと美味しく感じられなくなり、結果的に不健康な身体になっていくということが考えられるので注意が必要です。

無駄なストレス

これは指摘されないと気付きにくいかもしれませんが、実は、喫煙者の多くは非喫煙者にはないストレスを抱えているのです。

 

たとえば、タバコを吸いたいと思ったときに喫煙できる場所が近くに無いことでイラついたことはありませんか?

 

また、それによって他人に気を遣ったことはないですか?

 

いちいち吸う場所を探すために時間や労力を使ったり、それによってイライラすることは非喫煙者にはないストレスです。

 

 

また、忙しくて手が離せない時なんかには、吸うタイミングがないという状況に直面することもあるでしょう。

 

喫煙者はそんな時でも、イライラしたりそわそわしたりと、目の前のことに集中できなくなります。

 

しかし、非喫煙者はそんなことを考えたことすらないのです。

 

タバコによってストレスを解消しているという人もいますが、そもそも抱える必要のないストレスをタバコによって抱えていることを忘れてはいけません。

時間

あなたはタバコのためにどれだけの時間を費やしているでしょうか?

 

・タバコを買いに行く時間

・吸う場所を探す時間とそこまでの移動時間

・吸っている時間

 

このようなタバコに使っている時間を合わせると、かなりの時間になるでしょう。

 

吸う場所がどんどん限られてきた現代では、より時間に対するコストは大きくなっているはずです。

 

 

あなたがタバコに使ってる時間で非喫煙者は仕事をすすめたり、やるべきことを早め早めに済ますことができるのです。

 

また、寿命が縮むという意味でも失っている時間はさらに大きいと言えます。

 

これらの時間がもし正確に算出できるとしたら、あなたはタバコをやめられるかもしれません。

お金

時間と合わせて考えたいのがお金ですね。殆どの人が考えたことのあることではないでしょうか。

 

仮に、あなたが1箱420円のタバコを吸っているとしましょう。

 

その場合、1日2箱吸うのであれば、5年で153万3000円も使っていることになるのです。軽自動車であれば、新車を買ってもおつりがきますね。

 

 

もし、タバコを手放すだけでこれだけのお金が手に入るのであれば、やめたいというのが本音ではないでしょうか?

 

ちなみに、1日1箱だったとしても76万6500円、2日で1箱でも38万3250円 にもなるのです。

 

自分がタバコをやめた場合、これからの5年間でどれだけのお金が手に入るのか、計算してみるといいでしょう。

周りからの評価

基本的に喫煙者であることが評価を下げることはあっても、非喫煙者だということが評価を下げるということは殆どないはずです。

 

なかには、「自分が喫煙者だから付き合う相手も喫煙者がいい」という人もいます。ですが、「非喫煙者だから無理!」とはならないはずです。

 

しかし、反対はどうでしょう?喫煙者であるがために恋愛対象から外れることだって十分にあるわけです。それくらい非喫煙者はタバコが嫌いなのです。

 

 

ちなみに、女性喫煙者の割合は、女性全体の1割程度といわれてます。

 

つまり、9割の女性にとっては、タバコを吸っているということがマイナスになる可能性が高いのです。

 

男性喫煙者にとっては結構辛い現実でしょう。

 

タバコを吸わないというだけで9割の女性に良い印象を与えられると考えれば、非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

タバコのデメリットは想像以上

いかがだったでしょうか?

 

本来はこれに加えて健康についても書きたいところですが、今回挙げたもの以上に、健康については周知の事実だと思うので省略しました。

 

実際、健康へのメリットやデメリットは、文章だけでは感じにくいとも思ったので。

 

 

ただ、ここで挙げたメリットだけでも、十分にタバコをやめる価値はありますよね。

 

「百害あって一利なし」といいますが、「千害あって一利なし」の間違いではないかと思うくらいです。

 

 

今回の記事をまとめると、喫煙者は自ら

 

ルックスを下げ老けていき、臭くなり、食事をまずくし、無駄なストレスを抱え、

時間を失い、周りからの評価を下げ、これらのことにお金を使っている

ということになります。笑

 

 

もちろん、タバコを吸うこと自体は自由ですし、筆者自身吸ってました。これらのことは過去の筆者自身にも当てはまることです。

 

しかし、だからこそ、より吸わないメリットをより感じられるので、このような記事を書いてみました。

 

 

これを機に、今一度あなたがタバコを吸う意味を考え直してみるのも良いかと思います。

 

ちなみに、タバコに関しては

【タバコをやめられない人に使えそうなタバコのやめ方】まとめてみた

という記事も書いていますので、よければ合わせて読んでみてください。