携帯代は今や月々2000円が当たり前。格安SIMを分かってない人必読!

f:id:C-write:20170406140758j:plain

格安SIMが広まったおかげで、月々の携帯代が2000円程度で済む人も増えてきています。

 

しかし

「格安SIMを知らない」

「聞いたことはあるが、よく分かっていない」

「何となく良いイメージが無い」

 

といった人は未だに多いです。

 

そのような人は格安SIMのメリットを知らないまま、毎月8000円~1万近くもの携帯代を支払っています。

 

 

もちろん、メリットやデメリットを知った上で、ドコモ・softbank・auなどの大手キャリアを選んでいるのであれば問題無いですが、格安SIMを分かっていない人はかなり損をしていると思います。

 

そこで今回は、格安SIMがどのようなものであるか、メリットやデメリット などについて、簡単に解説してみようかと思います。

 

月々の携帯料金を大幅に安くできる可能性があることを考えれば、知っておいて損はないでしょう。

  • 格安SIMとは?MVNOとは?
  •  大きな2つのメリット
  • 注意点
  • このような人は変えるべき
  • MVNOの選び方
  •  最後に
  • 格安SIMとは?MVNOとは?

    メリットとデメリットを紹介する前に、まずは格安SIMとそれを提供している事業者について簡単に説明します。

     

    格安SIMを提供している事業者は、大手キャリア(NTTドコモ・auなど)から回線を借り、通信サービスを提供しています。

     

    そして、この通信事業者のことをMVNOと呼びます。

     

    MVNO = 格安SIMによる通信サービスを提供してる事業者ということが分かっていれば、とりあえずは大丈夫かと思います。

     

     

    続いて格安SIMについてですが、まず、SIMというのはデータ通信を行うために必要な小さなカードです。

     

    スマホにはこれが挿入されており、挿入されていないスマホはデータ通信が行えません。

     

    そして、大手キャリアではスマホ本体とSIMをセットで提供しています。

     

    多くの人にとってSIMという言葉に馴染みがないのは、大手キャリアでは既にスマホにSIMが組み込まれた状態で提供されているからです。

     

     

    一方、MVNOではこの二つを分けて提供しています。

     

    そのため、SIMカードだけを提供してもらい、現在使っている大手キャリアのスマホ本体に挿入して使うこともできますし、MVNOが提供するスマートフォンを購入しての使用も可能です。

     

    これが格安SIMです。

     

     

    知らない人は格安SIM用のスマホしか使えないと思っている人もいるようですが、iphoneなども普通に使用できるので安心してください。

     大きな2つのメリット

    では、実際に格安SIMにはどのようなメリットがあるのかを紹介したいと思います。

     

    といっても、1つはすでに言っていますが、大きなメリットは以下の2つでしょう。

    1.料金が安い

     冒頭でも書いた通り、大手キャリアと比較すると月々の料金が断然安いです。

     

    大手キャリアから格安SIMに変えた場合、

    金額でいえば月々5000円~7000円、割合でいえば1/3~1/4 ほど安くなる人が多いようです。

     

    仮に月々6000円安くなるとしたら、1人当たり年間7万2000円も変わることになります。なかなか大きな差ではないでしょうか?

    2.更新月を気にする必要がない

    大手キャリアを使用していると、基本的には2年契約で更新月があることがほとんどです。これを煩わしく感じたことがある人は多いのでしょう。

     

    しかし、格安SIMには更新月がありません。

     

    使用している格安SIMによっては、最低使用期間が半年~1年で設定されているものもあり、その期間内に解約した場合には違約金が発生してしまいます。

     

    ですが、二年契約&更新月が設定されていることに比べればかなり楽かと思います。

    注意点

    メリットを2つ紹介しましたが、もちろん良い面ばかりではありません。

     

    いくつかデメリットもあるのでそちらの紹介もしておきます。

    キャリアメールが使えない

    〔~@docomo.ne.jp・~@ezweb.ne.jp・~@softbank.ne.jp〕といったキャリアが提供しているメールアドレスが使えなくなります。

     

    しかし、フリーメールなど、キャリアとは関係のないアドレスを取得すればいいだけなので、そこまで気にする必要はないでしょう。

     

    また、現在はメールはほとんど使わず、LINEのみ使用しているという人も多いので、そのような人にとっても問題はないでしょう。

     

    Gmailやyahoo!メールを使ったことがない人が、最初だけ不便に感じる程度かと思います。

    実店舗が少ない

    大手キャリアであれば、全国どこにでも実店舗がありますが、MVNOは実店舗がかなり少ないです。

     

    そのため、地方に住んでいる人の場合、格安SIMのサポートや対応はweb上になることが多いです。

     

    ある程度インターネットの使用に慣れていれば、それほど不便ではないかと思いますが、そうでない人にとっては不便かもしれません。

    通話の多い人は料金が高くなる可能性あり

    大手キャリアを使っている場合、多くの人が「かけ放題」に入っているかと思いますが、格安SIMにはこれがありません。

     

    通話料を安くするための方法やプランはいくつかありますが、回数と通話時間がどちらも無制限というのは、今のところ無いようです。

     

     

    ただし、友達同士の通話であれば、LINEなどを使えば全く問題ないでしょう。

     

    問題があるのは、仕事で音声通話をたくさん使わなければいけないような人です。

     

    そのような人は、通話料を安くするプランに入っても割高になる可能性があるので確認が必要です。

    このような人は変えるべき

    以上のようなメリット&デメリットを踏まえると、

     

    ・携帯料金が高すぎると感じている

    ・長時間の通話をあまりしない or こちらからかけない

    ・日頃の通話の多くはLINEで代用できる

    ・二年契約や更新月が面倒くさい

     

    以上に当てはまる人は、格安SIMに変えた方が良いかもしれません。

    MVNOの選び方

    では、実際に格安SIMに変えるときに、どのような基準で事業者を選べばよいかですが、同じデータ量で比較した場合の通信料に関しては、ほとんど差はないでしょう。

     

    重要なのはプランの内容です。

     

    たとえば、多くの場合3GBで月々1600~1800円くらいですが、「3GBじゃ少し不安…..」という人は、5GBのプランがあるMVNOを選んだほうが良いです。

     

    また、「通話時間は長くないのだが、細かい短時間の電話をよくかけることがある」という人であれば、”〇〇分以内の通話はかけ放題” といったサービスのある事業者が良いでしょう。

     

    自分の使い方にあったプランを選ぶことが一番大切です。

     最後に

    格安SIMを知らなかった人も、少しは理解できたのではないでしょうか?

     

    毎月の支払いは気にするのに、格安SIMのことは知らないというのは非常に勿体ないです。

     

    実際、格安SIMに変えてもほとんど問題ないのに、未だに大手キャリアで契約している人は多いでしょう。

     

    もし、日頃の支出を少しでも抑えたいと考えているなら、一度格安SIMへの乗り換えを検討してみて下さい。

     

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする