女受けする男の服装の条件とは?オシャレ以前に重要な〇〇と5つのポイント

f:id:C-write:20170526184551j:plain

あなたは普段、どのような服を選び、どんな服装をしていますか?

 

「オシャレに興味はないが、女性受けの良い格好をしたい」

「どんな服を着たらいいのか分からない」

「分からないけど、とりあえず適当に着ている」

 

といったように “どんな服装をしたらいいのか分からない” という男性は多いです。

 

 

このような男性は、普段オシャレに興味がない分、いざ女性とデートするときや、少しいい格好をしたいと思ったとき、着る服に悩んだり、女性受けの悪い服装を選んでしまったり、ということがあります。

 

また、自分では「カッコイイ!オシャレ!」と思っているが、女性からは「残念な格好」だと思われているタイプの人もいます。

 

もちろん、本人さえ気にしないのであれば、服なんて何でもいいわけですが、実際には多くの人が周りの目、特に男性であれば女性の目を気にしますから、どうせなら良い印象を与えられる服装をしたいでしょう。

 

この記事では、そんな”どんな服装がいいか分からない人”や”服装で失敗している人”のために『女性受けする重要な要素』と『押さえるべき5つポイント』 について紹介したいと思います。

女性ウケする条件として大切なのは…

5つのポイントの前に、まず、女性受けを考える上で重要なことがあります。

それは『清潔感』です。

 

これは服装に限ったことではありませんが、女性が男性に求めるものとして、清潔感は常に上位にきています。

 

そして、服装というのは、その人の清潔感を決める上で、重要な要素の一つです。

 

ですので、仮に自分は良い格好だと思っていても、女性が清潔感を感じられる服装でなければ、良い印象は持たれないでしょう。

 

ここで一つ、勘違いしないでほしいことがあります。この “清潔感” というのは、ただ洗濯していればいいというわけではありません。

 

“清潔”と “清潔感” をごっちゃにしてしまわないように注意して下さい。

 

 

分かりにくいかと思うので、例をあげましょう。

 

ここにしっかり洗濯されたダメージジーンズがあったとします。このジーンズは “清潔” ではありますが、”清潔感” があるかどうかはまた別です。

 

ジーンズであれば、それを履く人やその履き方、デザインなどによっても清潔感は変わってきます。

 

もし、このジーンズを髪がボサボサの太った人が履いたり、オシャレに無頓着な人が何も考えずに腰パンをして履いていたりすると、おそらくこのジーンズは清潔感のないジーンズに見えてしまうでしょう。

 

しかし、ズボン以外の身なりをしっかりと整え、服装全体として上手な着こなしができていれば、しっかりと清潔感は出せます。

 

つまり、清潔感というのは、事実として清潔かどうかではなく、その雰囲気で決まる ということです。

 

女性が綺麗に化粧をすると、清潔感は出せますが、実際、肌にとっては清潔とは言えませんよね?

 

この “清潔感が何なのか” ということは、ちゃんと理解しておきましょう。

押さえるべき5つのポイント

f:id:C-write:20170531221004j:plain

ではここから、服装を考える上で押さえてほしいポイントを5つ紹介します。

 

あまり服について分からない人でも、この5つを押さえておけば、失敗することは少ないでしょう。

 

また、洋服が好きな人でも、これらのポイントを見落としている可能性は十分ありますので、一度確認してみてください。

ポイント1.シワ・汚れ・型崩れを確認

「お気に入りのTシャツだから」「まだ着れるから」といって、首回りがヨレヨレのTシャツや色があせた服を着てはいませんか?

 

オシャレに興味がない人ほど、まだ着れると思って、シワシワのTシャツや襟や袖が汚れたシャツを気にせず着ていることがあります。

 

これらは清潔感を損ない、不潔な印象やだらしない印象を与える原因になるので、せめてアイロンをかけるなどして、綺麗な状態で着るようにしましょう。

 

おすすめは、洗濯してもシワになりにくいような、サラッとした素材の服を選ぶことです。ポリエステルが多めに含まれている服なんかがそうです。

 

反対に、安物のTシャツで綿100%とかだと、すぐシワができたりヨレヨレになったりしやすいです。

 

ですので、価格帯や素材を見て選ぶことも大切です。

 

 

また、靴が汚いということも清潔感を損なう原因であり、汚れた靴を平気で履いている人は少なくないです。

 

底が擦れた靴や全体的に薄汚れた靴に見慣れてしまい、気づかずに履いていると、「汚い・清潔感がない」と思われる可能性があります。

 

一番汚れやすい部分でもあるので、しっかりチェックしておきましょう。

ポイント2.ニオイに気づこう

長期間にわたって保管されていた服を久しぶりに着るときや、部屋干しした服を着るときなどは、一度臭いを確認してください。

 

見た目に清潔感があったとしても、臭いがクサければ、確実に清潔感は感じないです。

 

それどころか、『不潔・汚い』といった印象を与えかねません。

 

少しでも嫌な臭いを感じる服は、そのまま着ないようにしましょう。

 

しっかり洗濯し直し、外に干して、ファーブリーズなどの消臭剤で除菌や消臭も行いましょう。

 

 

また、夏場であれば、汗臭い服にも気をつけたいです。

 

これは、制汗スプレーや身体に塗る消臭クリームなどで対応することになるでしょう。

 

基本的には、服に限らず、臭いというのは清潔感を損ないますから、常に意識してケアしたいものです。

 

臭いに関しては

www.iiotokolab.com

 

この記事で詳しく書いているので、合わせて読んでみて下さい。

ポイント3.サイズ感が重要

全く同じ服であっても、サイズが違うだけで印象はガラッと変わります。

 

オシャレの一つとして、あえてオーバーサイズの服を着るようなことはありますが、ファッションに興味がない人が着ていると、だらしなく見え、清潔感も損なうでしょう。

 

ですので、「何を着ればいいか分からない」という人は、せめて、自分の身体のサイズに合った服を着るようにしましょう。

 

オシャレに感じられないサイズ感のズレは、周囲に良い印象を与えませんし、ジャストサイズで着ているほうが、清潔感も出しやすいでしょう。

ポイント4.下手なことをするくらいならシンプルに

オシャレに興味のない人が、女性受けを狙ってオシャレな服を着ようとすると、大体失敗します。

 

仮に、オシャレなアイテムを買ったとしても、その他のコーディネートによって、それを台無しにしてしまうことはよくあります。

 

それよりは、『清潔感』というオシャレ以前に重要な部分をしっかり押さえておいたほうがよっぽど良いです。下手なことをするより好印象を与えやすいでしょう。

 

そして、このような “清潔感を優先したい場合” にオススメしたいのが、シンプルな服装です。シンプルな服装というのは、見ていて清潔感を感じやすいです。

 

夏であれば、無地の白Tシャツにジーンズなんかでもよいでしょう。

 

また、これに加えて『シンプルな服装+時計やアクセサリーを付ける』という組み合わせができると、なお良いかと思います。

 

服装がシンプルなだけに、時計やアクセサリーが引き立ってカッコイイですし、一気にオシャレ感も出ます。

ポイント5.色や服の種類で清潔感を出すのもアリ

もし、「シンプルな服装と言われてもピンと来ない」という人は、色やアイテムで清潔感を出してもいいと思います。

 

色であれば、王道は白ですが、青色やその他の淡い色なんかも清潔感を感じやすいです。

 

また、アイテムで言えば、シャツなんかは清潔感を感じやすいでしょう。

 

ですので、迷ったときは、白いシャツや青系のシャツなどを着ておけば、とりあえず清潔感は出せるはずです。「迷ったときは白シャツ」と覚えておきましょう。

 

 

 

以上のようなポイントを重視していれば、服装で失敗することは、かなり減るかと思います。

 

あとは、多少ファッション誌やファッションサイトなどを見てマネをしながら、いくつかパターンを持っておけば大丈夫でしょう。

 

自分を良く見せようと、無理して背伸びをした格好をしてしまうより、とにかく清潔感のある服装を、まずは心がけてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする