いい男ラボ

~男磨きのための情報発信~

ブラジリアンワックスによるヒゲ脱毛は危険!オススメしない3つの理由

f:id:C-write:20170713220559j:plain

最近はブラジリアンワックスを使った髭の脱毛動画や検証記事をよく見かけます。

 

意外にも、これらが多くの人の目にとまっているようで、ブラジリアンワックスによる髭の脱毛を試す人が増えています。

 

しかし、できればブラジリアンワックスによる髭の脱毛はやめておいたほうがいいでしょう。

 

もちろん、自己責任で試すぶんには自由ですが、この方法はメリットよりもデメリットのほうが圧倒的に大きいです。

 

あなたはブラジリアンワックスで髭脱毛を行うことがどれくらい危険か知っていますか?

 

 今回は『ブラジリアンワックスによる髭脱毛のデメリットとメリット』について紹介したいと思います。

オススメしない3つ理由

まずは、ブラジリアンワックスによる髭脱毛をオススメしない理由から紹介していきます。

 

このデメリットを軽く見て、危険な行為をしてしまっている人は多いです。

 

後で後悔しないよう、そのリスクをしっかり確認しておいてください。

肌への負担が大きすぎる

オススメしない理由の中でも、最大のデメリットと言えるのが肌への負担でしょう。

 

髭は体毛の中でも特に毛根が強く毛が太いため、これを抜くにはかなり大きな力が必要になります。

 

そんな毛を無理矢理力引っこ抜くのですから、肌への負担も大きくて当然です。

 

おそらく、ブラジリアンワックスで髭を脱毛すると出血を伴いますし、肌荒れや炎症を引き起こす可能性も高いでしょう。

 

 

そして、髭が生える部分が肌荒れや炎症を起こしてしまった場合、治りにくくなる可能性が高いです。

 

これは髭剃りの負担や髭に付着する汚れによって、炎症や肌荒れの悪化させやすいからです。

 

最悪の場合、跡が残ってしまうこともあるでしょう。

 

髭周りは、一度炎症や肌荒れを起こすと慢性化しやすい環境であるということを覚えておいてください。

ある程度ひげの長さがないと効果が薄い

続いて、髭の長さの問題についてです。

 

ブラジリアンワックスの効果をしっかり発揮させるためには、毛の長さが1cmほどはあったほうが良いと言われています。

 

もし中途半端な長さで使用してしまうと、綺麗に脱毛されず、ただ肌を傷つけるだけになってしまいます。

 

ですので、使用するなら髭を1cmくらいの長さまで伸ばす必要があるのですが、髭にとっての1cmは結構長いです。

 

これを知らずに、短い髭にブラジリアンワックスを使用すると、中途半端な仕上がりになってしまいます。実際、このような失敗は多いです。

かなり痛い

3つ目の理由は、ブラジリアンワックスを髭に使うととにかく痛いです。

 

これは、その人の髭の濃さや太さによっても変わってきますが、基本的には激痛だと思っておいたほうがいいでしょう。

 

先ほどいったように、毛根が強く出血する可能性も高いわけですから、激痛なのは当然ですよね。

 

このように

・肌への負担が大きすぎる

・長さが足りないことで失敗しやすい

・とにかく痛い

というのがブラジリアンワックスによる髭脱毛をオススメしない理由ですが、

これらのリスクをとってまで行うメリットが果たしてあるのでしょうか?

メリットをあげるとすれば...

デメリットについては理解していただけたかと思いますが、実はメリットが全くないというわけではありません。

 

ですので、一応メリットについても紹介しておこうと思います。

剃った場合よりも、次ひげが生えてくるまでが遅い

毛は剃るよりも抜いたほうが、次に新しく毛が生えてくるまでに時間がかかります。

 

カミソリやシェーバーで剃るとすぐに髭が生えてくる人も、ブラジリアンワックスで抜いてしまえば、いっときは手入れが必要なくなります。

 

ただし、いっとき手入れが必要ないとはいっても、そんなに長期間毛が生えなくなるわけではありません。

 

そして先ほど言ったように、ブラジリアンワックスの効果を発揮するには1cmほど髭を伸ばさなければなりません。

 

ですので、ブラジリアンワックスのみの使用で、常にツルツルの状態を保てるわけではありません。

 

このメリットには、髭を一旦伸ばすという手間がかかるので、そこまで大きなメリットとは言えないでしょう。

一時的に青髭が目立たなくなる

髭は剃るよりも抜いてしまったほうが、青髭が目立ちにくくなります。

 

これは、剃るだけでは取り除けない毛根をブラジリアンワックスによって取り除くことができるからです。

 

ブラジリアンワックスを使う一番のメリットはコレかと思います。

 

青髭が目立つ男性は、女性からの印象がかなり悪くなってしまいますから、青髭を解消する目的としてブラジリアンワックスを使っている人もいるでしょう。

メリットを踏まえても、デメリットのほうが大きすぎる

冒頭でも言ったとおり、ブラジリアンワックスによる髭脱毛は、メリットよりもデメリットのほうが圧倒的に大きいです。

 

改めてメリットとデメリットを比較すると以下のようになります。

 メリット  デメリット
次ひげが生えるまでに時間がかかる 肌への負担が大きすぎる
一時的に青髭が目立ちにくくなる ある程度ひげの長さが無いと失敗する
  とにかく痛い

 

青髭を解消したい人であれば、大きなメリットだと感じる人もいるかもしれません。

 

しかしそのような人は、リスクの大きさを理解できていないことがほとんどでしょう。

 

そもそも多くのブラジリアンワックスには、容器の注意事項の欄に、顔への使用を避けるよう記載されています。

 

また、ブラジリアンワックスを使った脱毛店でも、髭の脱毛はお断りしているところがほとんどです。

 

それくらいブラジリアンワックスで髭を脱毛することは危険であり、使い方として間違っているのです。

 

ですので、もし「青髭を解消したい」「すぐに伸びてくる髭の処理が面倒くさい」などの理由でブラジリアンワックスの使用を考えているのであれば、もっと適切な方法を使ってひげの処理をするべきでしょう。

ブラジリアンワックスをするくらいなら、脱毛を受けるべき

わざわざ大きなリスクをとってブラジリアンワックスを使用するくらいなら、エステサロンやクリニックで脱毛を受けたほうがよっぽど良いでしょう。

 

「脱毛は料金が高い」という人もいますが、髭の脱毛であれば月々3000円ほどの料金で受けることができますし、費用対効果も圧倒的に高いです。

 

サロンによっては無料でひげ脱毛の体験を行っているところもありますから、まずは体験から受けてみるのも良いかと思います。

 

髭脱毛の体験に関しては

www.iiotokolab.com

こちらの記事で詳しく書いているので、気になる人は合わせて読んでみて下さい。

 

また、本格的に髭の脱毛を考えるのであれば 

www.iiotokolab.com

こちらの記事で人気のサロンやクリニックを紹介しているので参考にしてみて下さい。

最後に

ブラジリアンワックスによる髭脱毛の危険性は分かっていただけたでしょうか?このような記事を読んでも、気にせず試してしまう人はいるでしょう。

 

そこは自己責任ですので個人の自由ですが、「問題が起きた後で後悔しても遅い」ということだけは肝に銘じておきましょう。

 

軽い肌荒れくらいで済むならまだ良いですが、跡が残ってしまってしまうくらいのダメージを受けてしまっては治すことも困難になります。

 

ですので、やはりブラジリアンワックスの使用をするくらいなら、サロンやクリニックでの脱毛をオススメします。

 

今回の紹介したことを参考に、自分自身にとってより安全かつ効果的な方法を考えていただけたらと思います。