日焼けをしてても髭脱毛は可能?色黒男子におすすめのクリニック

f:id:C-write:20170714200948j:plain

日焼けをしていると髭脱毛ができないというのを聞いたことはありませんか?

 

基本的に日焼けした肌にはレーザー脱毛ができないことになっています。これは日焼けした肌に脱毛を行うことにさまざまな弊害があるからです。

 

ですので、多くのクリニックでは脱毛を受ける人に日焼けをしないよう注意を促しているのですが、

実は日焼けをしている人は絶対にレーザー脱毛が受けられないのかというと、そういうわけでもありません。

 

しかし、これを知らずに

「脱毛したいけど、日焼けしてしまった」

「日焼けしている人は脱毛を諦めるしかないのか」と思う人もいるようなので、

 

今回は

・日焼けした肌で髭脱毛を行うとどうなるのか?

・日焼けしてても髭脱毛が可能なクリニック

について紹介したいと思います。 

日焼けがダメな理由

まずは、なぜ日焼けをすると脱毛ができないのかについて紹介します。

 

日焼けした肌の表面には、メラニン色素が生成されます。そして、レーザー脱毛に使用される機械の多くは、メラニンに反応するようにできています。

 

このメラニンに反応する仕組みがあるために、日焼けをした肌には脱毛ができないのです。

 

では、実際に日焼けした肌に照射を行った場合にどのような弊害があるのか、具体的に紹介していきたいと思います。

痛みが増す

肌が焼けていると、そのぶん多くのメラニンに反応してしまい刺激が増すため、痛みも強力になります。

 

ですので仮に許容範囲の日焼けであっても、痛みが増すのが嫌なら極力日焼けをしないようにしましょう。

やけどのリスクがある

日焼けをした肌に脱毛を行うと、やけどを伴う危険性があります。これに関しても、メラニンに強く反応してしまうことが原因です。

 

このような肌トラブルを避けるために、多くのクリニックでは日焼けした肌への脱毛を行っていないのです。

脱毛効果が弱まる

メラニンが多いと、その分照射したときの力が毛以外の箇所に分散してしまうため、脱毛効果が弱まります。

 

痛みは強くなるのに、脱毛効果は弱まるという状態になってしまうのです。

 

また、日焼けをしてしまうと強い出力での照射もできないため、そのような意味でも脱毛の効果が弱まると言えます。

どれくらいの日焼けから脱毛できなくなる?

日焼けがダメだということは分かっても、「どれくらいの日焼けから脱毛が受けられなくなるのか」ということが気になる人は多いかと思います。

 

しかし、これに関してはクリニックによっても判断が異なりますし、明確な基準があるわけではありません。

 

ただし、結構シビアだとは言われています。

 

しっかり焼けている場合だと、3ヶ月以上脱毛を受けられないことだってあるようです。

 

軽く焼けているだけでも、1ヶ月くらいは脱毛ができないようなので、それほどクリニック側も慎重な判断をしているということでしょう。

日焼けした肌にも照射が可能な機械を使うことで解決!

ここまでの内容だと、「日焼けした人は髭脱毛を諦めなければならないのか」と思うかもしれません。

 

しかし、冒頭でも話したとおり、日焼けをした人が絶対に脱毛できないというわけではありません。

 

これは、日焼けした肌にでも照射が可能な脱毛機を使うことで解決します。

 

どのような脱毛機があるのか簡単に紹介したいと思います。

メディオスター

日焼けした肌に照射できる脱毛機の一つに、メディオスターという脱毛機があります。

 

一般的なレーザー脱毛機は、黒い色素に反応する光線によって熱を与え、毛根を破壊するという仕組みになっています。

 

これに対し、メディオスターは毛根を破壊するのではなく、バルジと呼ばれる発毛因子を破壊することによって、毛が新しく生えてくること止めるという仕組みになっています。

 

このような仕組みの違いによって、日焼けした肌にも照射ができるようになっているのです。

 

また、メディオスターによる脱毛は毛根を破壊するわけではないため、一般的なレーザー脱毛より痛みが少なく、肌への負担も軽いと言われています。

 

他にも、一般的なレーザー脱毛よりも打ち漏らしが少ないため、脱毛期間が短く済むという特徴もあります。

 

ですので、日焼けした肌に照射できること以外にも、多くのメリットがある脱毛機と言えるでしょう。

ジェントルヤグ

ジェントルヤグは、一般的な脱毛機に搭載されているレーザーとは異なるヤグレーザーを搭載した脱毛機です。

 

このヤグレーザーは、一般的なレーザーとは波長が異なり、黒い色素に反応しにくくなっています。ですので、肌の色に左右されにくく、やけどのリスクも低いです。

 

また、一般的なレーザーよりも肌の奥まで到達するという特徴があるため、根深い毛に対しても高い効果が期待できます。

 

ただし、肌の色素沈着が強い場合や、極度の日焼けが見られる場合には、ヤグレーザーでも照射できないことがあるようです。

これらの脱毛機があるクリニックはココ!

「日焼けをしているけど髭脱毛をしたい」もしくは

「脱毛期間中に日焼けしそうで心配」という人は、紹介した脱毛機が置いてあるクリニックを選ぶといいでしょう。

 

これらの脱毛機があるクリニックなら日焼けをしていても脱毛が可能ですので、そのクリニックを紹介したいと思います。

湘南美容外科クリニック

オトコの根こそぎレーザー脱毛

医療脱毛なら<湘南美容外科クリニック>

 

湘南美容外科クリニックでは、メディオスターによる脱毛が可能なため、日焼けをしている男性にも人気です。

 

初回はトライアル価格で利用できるため、気軽に試せるかと思います。

 

また、ホームページ上には、実際にメディオスターを使用した脱毛動画が公開されているため、一度チェックしてみると良いでしょう。

ゴリラクリニック

月3,367 円で始めるヒゲ永久脱毛の「ゴリラ脱毛」

 

湘南美容外科クリニックと同様に、ゴリラクリニックもメディオスターが導入されているクリニックです。

 

また、多くのタレントや芸能人が利用していることでも有名です。

 

ゴリラクリニックのホームページ上にも数多くの脱毛動画が公開されているため、参考になるのではないかと思います。

メンズリゼクリニック

メンズ脱毛ならメンズリゼクリニック

 

メンズリゼクリニックには、なんとメディオスターとジェントルヤグの2つが導入されています。

 

ですので、どちらの脱毛機も気になるという人は、一度メンズリゼクリニックでカウンセリングを受け、相談してみると良いでしょう。

美容電気脱毛(ニードル脱毛)でも対応可能!

ここまで紹介してきた内容は、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛に関してでした。

 

これらの脱毛方式が、照射の際に黒い色素に反応してしまうため脱毛ができないというのはここまで紹介した通りです。

 

しかし、実はこれらとは全く異なった脱毛方式であれば、日焼けした肌でも脱毛が可能です。

 

それが美容電気脱毛(ニードル脱毛)です。

 

美容電気脱毛は電気を利用し、髭を一本づつ脱毛していく方式であり、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛とは全く仕組みが違います。

 

ですので、黒い色素に反応するということもありませんから、この脱毛方式を利用することでも日焼け肌への脱毛は可能です。

 

ただし、肌が焼けた直後で赤みを帯びているような状態では、美容電気脱毛であっても脱毛できないので、その場合は数日待つ必要があります。

美容電気脱毛ができるサロンはココ!

では最後に、美容電気脱毛を行っているサロンを2つ紹介しておきます。

 

美容電気脱毛を行っているサロンは少ないので、この2つのサロンのどちらかを選ぶことになるでしょう。

ダンディハウス

ダンディハウスの痩身・美顔・脱毛の技術体験お申込みはこちら

 

ダンディハウスは知名度が高い人気のエステサロンです。

 

初回限定価格として1000円でひげ脱毛が体験できるので、迷っている人は一度体験だけ受けてみるのも良いかと思います。

 MEN’S TBC

【TBCヒゲ脱毛】が初回限定1000円★TBCならエステティック初めての男性も安心

 

ダンディハウスと同様に、MEN’S TBCでも1000円でひげ脱毛の体験を受けられます。

 

ですので、美容電気脱毛の体験を受ける際にはお近くに店舗がある方を選ぶとよいでしょう。

最後に

以上、日焼けしている人の髭脱毛についてさまざまなことを紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

日焼けしている人や肌が黒い人は、ぜひ今回の記事を参考に脱毛を考えていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする