【髭を抑える3つの方法】髭がうざい!邪魔!と感じる男性にオススメ

f:id:C-write:20180104120321j:plain

髭の好き嫌いは人によって大きく分かれますが、「髭がうざい」「邪魔」と思っている男性は多いかと思います。 

 

実際、髭にはデメリットが多すぎます。

 

 

処理が面倒くさい

女性からの印象が悪くなる

肌荒れを起こしやすい

仕事に悪影響を及ぼす

 

 

髭にはこれだけのデメリットがありながら、メリットはほとんどないと言っていいでしょう。

 

 

唯一のメリットと言えば、髭を好む一部の女性には好感を持たれる可能性があるくらいでしょうか。

 

ただし、このような女性はごくわずかであるため、ほとんどの場合、髭を生やすことは自己満足で終わってしまいます。

 

そのため、よっぽどのポリシーがない限りは、髭は生えないほうが得です。

 

そこで今回は、髭を抑える方法について紹介したいと思います。

 

  • 髭を抑える3つの方法
  • 不適切な方法に注意!
  • 適切な方法で髭を抑えよう
  • 髭を抑える3つの方法

    髭は多くの男性にとって鬱陶しいものですが、幸い現代には髭を抑える方法が用意されています。

     

    その方法を3つに分けて紹介したいと思います。

    髭を抑えるローションを使う

    最初に紹介するのは抑毛ローションです。

     

    抑毛ローションは、体毛の成長を抑える目的で使用されるものなのですが、髭には髭専用の抑毛ローションである『ゼロファクター 』を使います。

     

     

    抑毛ローションの多くは、女性のムダ毛を抑えるという目的で作られているものが多いですが、男性の体毛は女性に比べて剛毛であり、特に髭は毛が太く毛根が強いです。

     

    そのため、男性の髭に抑毛ローションを使うなら、髭専用であるゼロファクターの一択でしょう。

     

     

    ただし、抑毛ローション自体、即効性があるわけではないため、効果を得るまでにある程度の期間が必要になるかと思います。

     

    もし、より高い効果を求めるのなら、次に紹介する方法がオススメです。

    発毛組織を破壊してしまう

    髭を抑えるのに最も効果的なのは、髭の根本的な原因となる発毛組織を破壊してしまうことです。

     

    発毛組織を減らせば、髭を薄くできますし、ほとんど生えない状態にすることも可能です。

     

    これができるのは、クリニックやサロンでの脱毛です。

     

    脱毛と聞くと、「料金が高い」と思っている人が多いですが、実は髭の脱毛であれば、月々3000円ほどの料金でも受けられるのです。

     

    かなり軽い負担で受けられるため、お金をあまり持っていない大学生でも髭の脱毛を受ける人は多いです。

     

    料金が気になる人は

    【 ヒゲ脱毛で人気のクリニックやエステサロンまとめ:おすすめはココ! 】という記事を確認してみてください。髭の脱毛を受けるのにオススメのクリニックやサロンを紹介しています。

     

     

    また、本格的な脱毛は受けないとしても、とりあえず体験を受けてみるのもオススメです。

     

    一部のサロンでは、髭脱毛を体験で受けられます。

     

    髭の悩みを抱える人は、一度受けておいて損はないかと思います。

     

    体験に関しては、

    【 ひげ脱毛の無料体験・お試しができるメンズ脱毛サロンはココ! 】という記事で紹介しているので参考にしてみてください。

    自宅で手軽にできる脱毛とは?

    脱毛が髭を抑えるのに最も効果的だということは分かっていただけたかと思いますが、なかには

     

    「クリニックに通う時間がない」

    「近くに髭の脱毛を受けられる場所がない」

     

    という人もいるでしょう。そのような人は、自宅で脱毛を行うのも一つの手です。

     

    自宅での脱毛なら、空いた時間にいつでも脱毛ができますし、人にバレずにこっそり脱毛をしたい人にもオススメです。

     

     

    自宅で髭の脱毛を行うときには、『 ケノン 』という家庭用脱毛器を使用します。

     

    自宅で本格脱毛!最新型脱毛器「ケノン」使えばわかる凄さ!

    家庭用脱毛器にもいくつか種類がありますが、ケノンはヒゲを脱毛したい男性に人気の脱毛器です。

     

    多くの家庭用脱毛器は女性向けに作られています。

     

    ですが、女性の体毛に比べて男性の体毛は剛毛であり、特に髭の場合は毛が太く、毛根も強いため、それに対応できる脱毛器でなければなりません。

     

    ケノンが多くの男性に支持されているのは、男性の髭にも対応できる脱毛器という理由があるからです。

     

     

    ただし、家庭用脱毛器でも十分な効果はあるのですが、クリニックやサロンで受ける脱毛と比べると、どうしてもその効果は劣ってしまいます。

     

    そのため、自宅から通える範囲にクリニックやサロンがある人は、クリニックやサロンでの脱毛を検討したほうが良いかと思います。

    不適切な方法に注意!

     髭を抑える方法については以上ですが、なかには不適切な方法で髭を抑えようとしている人もいます。

     

    これらの方法では、髭は抑えられないので注意してください。不適切な方法は以下の2つです。

    脱毛クリーム(除毛クリーム)は効かない

    脱毛クリームを使って髭を薄く使用と考える人がいますが、これはやめておきましょう。

     

    脱毛クリームは本来、除毛クリームという名前であり、皮膚表面の毛を溶かして取り除くだけのものです。

     

    そのため、原理としては髭を剃るのと大差はありません。

     

    カミソリ負けを防いだり、髭の処理をラクにしたりはできますが、髭を薄くするような効果はありません。時間が経てば、元通りに生えてきます。

     

    脱毛クリームという呼び方のせいで、毛が生えなくなると勘違いをする人も多いので注意してください。

    ワックスは危険

     もう一つの不適切な方法は、ブラジリアンワックスによる脱毛です。

     

    ブラジリアンワックスは毛根から髭を抜くことができるので、髭剃りや除毛クリームに比べて、キレイに髭を処理できます。

     

    しかし、この方法も、あくまで髭を抜くだけですから、ある程度時間が経てば元通りになります。

     

     

    また、髭の処理にブラジリアンワックスを使うのは、肌に大きな負担をかけてしまいます。

     

    多くの場合は出血を伴いますし、深刻な肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

     

    そもそも、ブラジリアンワックスを髭に使うのは本来の用途ではありませんし、危険性も高いため止めておくべきでしょう。

    適切な方法で髭を抑えよう

    以上、髭を抑える方法と不適切な方法についてでした。

     

    繰り返しになりますが、髭を抑えたいのなら、やはり脱毛をしたほうがいいでしょう。

     

    実際に、多くの男性が髭の脱毛を受けていますし、その効果の高さを実感しています。

     

    気になる人は体験から受けてみることもできますし、クリニックやサロンに通えない人は自宅での脱毛もできます。

     

    自分に合わせた脱毛を選べますから、ぜひ一度検討してみてください。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする