髭を毎日剃るのがめんどくさい人へ!面倒な髭剃りの時間を短縮する方法

f:id:C-write:20180106170646j:plain

「髭を剃るのが面倒くさい!」

 

男性であれば、誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

 

毎日髭剃っていると時間も手間もかかります。かといって、仕事柄髭を生やしておくわけにはいかない人も多いでしょう。

 

髭には、日常生活でのデメリットが結構多いです。

 

そこで今回は、髭のデメリット や 髭剃りの面倒くささをなくす方法 について紹介したいと思います。

 

  • 髭のデメリットとは?
  • 髭剃りの面倒くささを無くそう
  • 髭を毎日剃るのがめんどくさい人へ
  • 髭のデメリットとは?

    男性のなかには、髭剃りが面倒くさいから髭を生やしているという人もいます。

     

    ある意味これも一つの手かもしれませんが、基本的にはやめておいた方がいいでしょう。

     

    というのも、髭を生やしていると、日常生活にとっていい影響がないからです。

     

    髭による影響には、以下のようなものがあります。

    仕事に悪影響を及ぼす

    まず、仕事で人と接する際に、悪影響を及ぼす可能性があります。

     

    たとえば営業職の場合、身だしなみ一つで営業成績が大きく左右されてしまうこともあるでしょう。

     

    人は他者を、第一印象によって判断することが多いです。

     

    仮に、ある程度接しながら印象を良くしようとしても、第一印象が悪かった場合には、その印象を払拭するのは簡単ではありません。

     

    特に、営業職の場合、初対面の相手にセールスをしなければならないため、第一印象は非常に重要です。

     

    最初のイメージが悪いと、どうしても交渉が上手くいきづらくなります。

     

     

     

    そして髭は、他者に対して

     

    だらしなさそう

    清潔感がない

    威圧感がある

     

    といった印象を与えることがあります。

     

    もし、初対面でこのような印象を持った相手にセールスをされてしまった場合、あなたならどう思いますか?

     

    多くの人は、「信用できない」「胡散臭い」などと感じるでしょう。最初から話を聞きたくないと思われる可能性もあります。

     

     

     

    もちろん、仕事で悪影響を及ぼすのは、営業職だけではありません。

     

    飲食店の店員に清潔感が無かったら客は嫌でしょうし、だらしなく見えたり威圧感を感たりする店員なんて、どんな職種だろうと客からすれば嫌です。

     

    実際、仕事の場合だと、髭を生やすことを禁止している会社が多いため、しっかり処理をしている人が多いでしょう。

     

    ですが、このような第一印象によるは、日常生活においても悪影響だということを忘れてはいけません。

    女性からの印象が悪い

    男性が特に気にしなければならないのが、女性からの印象でしょう。

     

    多くの女性は、男性の髭に対して好意的ではありません。むしろ、嫌っている人の方が多いくらいです。

     

    女性が髭を嫌う理由としては、先ほどと同様に

     

    清潔感が感じられない

    だらしない

    おじさんっぽく見える

     

    などの理由が挙げられます。

     

     

     

    また、女性の髭に対する印象に関しては、さまざまな企業が調査を行っており、その調査結果を公開しています。

     

    それらのデータを平均すると、約8割以上の女性が「髭がない男性の方が好き」と答えているのです。

    f:id:C-write:20171226033215j:plain

     

    もちろん、なかには髭が好きだという女性もいますが、そのような女性は全体の1割ほどしかいません。

     

    このような結果からも、髭を生やしていても、ほとんど得がないことが分かります。むしろ、損をする可能性が高いでしょう。

    髭剃りの面倒くささを無くそう

    というわけで、結局ヒゲはしっかりと処理をすべきなのですが、それでも「髭剃りは面倒くさすぎる!」という人は多いでしょう。

     

    かといって、放ったらかしておくわけにもいきませんから、ここからは髭剃りの面倒くささを無くす方法について紹介したいと思います。

    髭の剃り方を変えるのは、ほぼ効果なし?

    髭剃りの面倒くささを解決する方法としてよく挙げられるのが、髭の剃り方を変えることです。

     

    髭を剃る方法にも、T字カミソリや電気シェーバーなどがあります。

     

    これを変えることによって髭剃りの時間を短縮するというものですが、正直これにはあまり期待しないほうが良いでしょう。

     

    必ずしも時間が短縮できるとは限りませんし、好みの差も大きいです。

     

     

     

    それに、髭剃りを面倒くさいと思っている人にとっては、「どっちにしろ面倒くさい!」と感じる可能性が高いです。

     

    髭の剃り方に関しては、どちらかといえば肌への負担を軽減したり、深く剃ったりしたいときなどに変更するものだと思っておいた方が良いかと思います。

    髭を薄くする

    もし、髭が薄くなれば、髭剃りの面倒くささは軽減されるでしょう。

     

    これには、髭の成長を抑える抑毛ローションを使うという方法があります。

     

    『 ゼロファクター 』は、髭に特化した抑毛ローションであり、髭の濃さに悩む多くの男性に使われています。

     

     

    ただし、抑毛ローションも即効性があるわけではないので、すぐに髭剃りがラクになることはないでしょう。

     

    根気よく使用できる人は、一度試してみると良いかと思います。

    ほとんど髭を剃らずに済む方法

    もっとも効果的で確実なのは、やはり脱毛です。脱毛をしてしまえば、髭剃りや手入れはほとんど必要なくなるでしょう。

     

    脱毛と聞くと、「料金が高くて無理!」なんてイメージを持っている人が多いですが、実は 髭の脱毛であれば、月々3000円ほどの料金で受けることも可能” なのです。

     

    分割払いを活用すれば、あまりお金のない大学生でも気軽に受けられるくらいの負担で済みます。

     

    これが以外と知られておらず、「脱毛は高い」と思い込んでいる人が多いのが勿体ないです。

     

     

     

    ちなみに、髭剃りにかかるコストは面倒くささだけではありません。

     

    毎日髭剃りに使う時間のロス

    シェーバー、カミソリなどの代金

    替刃代

    ローションやクリーム代

    機器の手入れをする手間

     

    と言ったように、細かいコストが日々積み重なっています。

     

     

    このようなコストを、月々3000円ほどの料金で無くせるのであれば、かなりコスパが良いのではないかと思います。

     

    髭がある程度濃い人であれば、青髭も脱毛によって解消できるため、見た目にも良い影響があります。

     

    もし、髭の脱毛に関して興味があれば、

    【 ヒゲ脱毛で人気のクリニックやエステサロンまとめ:おすすめはココ! 】という記事を確認してみてください。髭の脱毛におすすめのクリニックやサロンを紹介しています。

     

     

    また、いきなり本格的な脱毛を始めなくても、まずは脱毛の体験から受けてみることも可能です。

     

    体験を行っているサロンはそれほど多くありませんが、一部のサロンではヒゲ脱毛の体験が受けられます。

     

    詳しくは

    【 ひげ脱毛の無料体験・お試しができるメンズ脱毛サロンはココ! 】という記事を参考にしてください。一度受けてみて損はないでしょう。

    髭を毎日剃るのがめんどくさい人へ

    以上、髭のデメリット髭剃りの面倒くささを無くす方法についてでした。

     

    もし、髭の面倒くささをなくしたいのであれば、やはり一番おすすめなのは脱毛です。

     

    脱毛は、実際に多く男性が髭の悩みを解決おり、非常に効果的です。

     

     

    なかには、「クリニックやサロンに通う暇がない」という人もいますが、現代では自宅で脱毛ができる方法もあります。

     

    気になる人は

    【 髭脱毛を自宅で行うには?最も効果的なセルフ脱毛とは 】を読んでみてください。

     

    もちろん、クリニックやサロンでの脱毛に比べると効果は劣りますが、それでも自分の生活スタイルに合わせて脱毛ができます。

     

    まずは体験を受けてみるだけでもいいので、今回の紹介した内容を参考にぜひ脱毛を検討してみてください。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする