髭が臭いのはなぜ?髭が放つクサいニオイの原因と解消方法

f:id:C-write:20170522225611j:plain

「なんか髭がクサい気がする…」と感じたことはありませんか?

 

自分自身では自分のニオイに気づきにくく、気づいていない人も多いですが、髭は臭くなることがあります。

 

おそらく、自分で「臭いかも」と感じるのであれば、それは間違っていないでしょう。

 

髭がくさいという事実を受け入れたくない人もいるかもしれませんが、自分で気づけただけ良しとしましょう。

 

なぜなら、自分で気づけない人は、これからも自覚なくクサいニオイを放ち続けてしまうからです。最悪の場合、異性に臭いと思われる可能性もあるでしょう。

 

そして、髭のニオイは、しっかりと対策をすれば改善できます。今回は、髭が臭い原因とその解消方法について紹介するので、髭のニオイが気になる人はしっかりと確認しておいてください。

 

  • 髭が臭いのはなぜ?
  • 歳を重ねるほど悪化する?
  • 「臭い…」と思われないためには
  • 根本的原因を破壊する方法
  • 髭のニオイは解消できる!
  • 髭が臭いのはなぜ?

    早速、髭がクサくなる原因についてですが、これにはいくつかの可能性が考えられます。

     

    一つずつ紹介していきます。

    皮脂が原因のニオイ

    まず考えられるのは、皮脂の酸化によるニオイでしょう。

     

    皮脂の分泌が多い部位は、皮脂が酸化し、悪臭を放つことがあります。

     

    このニオイが髭に付くことで、髭がクサくなっている人も少なくないかと思います。

     

    皮脂臭が原因となっている場合、髭だけでなく、顔や頭皮からも似たニオイが発生している可能性があるので注意してください。

    傷ついた肌が原因のニオイ

    もう一つ、肌が傷つくことによってニオイが発生しやすくなっている可能性もあります。

     

    これは、髭剃りによって肌を傷つけることで起こります。

     

    髭を剃る際の肌に刃を当てるという行為は、どうしても肌を傷つけてしまいます。

     

    そして、傷ついた肌は細菌の侵入や繁殖を許しやすく、その細菌が悪臭を放つことがあるのです。

     

    もちろん、このニオイも髭に付着してしまいます。

    その他の付着したニオイ

    その他にも、さまざまなニオイの付着が考えられます。

     

    たとえば、タバコやコーヒーのニオイは強く残りやすいです。

     

    多くの場合、このような臭いに加えて体臭や皮脂臭が混ざることで、よりクサいニオイを発生しています。

     

    他にも、食事から付着するニオイもありますし、周りの環境によって付着するニオイもあるでしょう。

     

    このように、髭にはさまざまなニオイが付着しやすく、それらのニオイが混ざることによってさらにクサいニオイを発生してしまうのです。

    歳を重ねるほど悪化する?

    すでに髭のニオイを感じているのなら、このニオイは、加齢によってさらに悪化する可能性があります。

     

    というのも、皮脂臭というのは加齢臭の原因でもあり、年齢を重ねることで強くなっていきます。

     

    そのため、現在すでに髭がクサいのであれば、放っておくとどんどん悪化してしまうでしょう。

     

    これを防ぎたければ、しっかり対策をしておいた方が良いです。

    「臭い…」と思われないためには

    では、どのようにして髭が放つ悪臭を改善するのか、ここからはその方法を紹介したいと思います。

     

    ちなみに、髭の剃り方を変えるという方法を見かけることがありますが、髭の剃り方を変えるだけでニオイがなくなるとは考えにくいでしょう。

     

    いくら剃り方を変えようが、どうしても肌は傷ついてしまいますし、皮脂の分泌も防げません。

     

    髭のニオイを解決するには、もっと根本的な原因に働きかける必要があります。

    皮脂の分泌を抑える

    一つ目の方法は、皮脂の分泌を抑制することです。皮脂の分泌をある程度抑えられれば、その分ニオイも発生しにくくなります。

     

    皮脂臭は、ほかのニオイと混ざることで、より強力な悪臭になっていることも多いです。

    そのため、たとえその他のニオイの付着は防げなくても、皮脂臭を防ぐだけで効果は大きいはずです。

     

     

    と言っても、外的なケアで皮脂の分泌を抑えるのは、なかなか難しいです。

     

    皮脂を抑える方法には、保湿や乾燥を防ぐことがよく挙げられます。

     

    これは間違ってはいませんが、実際には、化粧品でケアをしたとしても、皮脂は分泌してしまうことが多いです。

     

    そのため、化粧品による保湿に頼るのはおすすめしません。

     

     

    もし、皮脂を抑えたいのであれば、身体の中からケアをしていくことをおすすめします。

     

    実は、皮脂の分泌に関しては、サプリメントによって身体の中からケアをしたほうが効果的です。

     

    男性の皮脂を抑えたければ、『 ジェントルフェイス 』というサプリメントを試してみてください。

     

    ジェントルフェイス

    サプリメントの服用は手軽かつ効果的なのですが、これまでは皮脂を抑えられるようなサプリメントは存在しませんでした。

     

    ジェントルフェイスは、男性の顔のテカリやベタつきを抑えるのに特化した唯一のサプリと言っていいでしょう。

     

    美意識の高い多くの男性に使われており、さまざまなメディアでも取り上げられているようです。

     

    特別価格として、初回に限り980円というのもありがたいです。皮脂を抑えたい人は、一度試してみると良いでしょう。

    根本的原因を破壊する方法

    もし、最も効果的な方法を試みたいのなら、根本的な原因をなくしてしまうのが一番です。

     

    これは、脱毛を受けることによって可能です。

     

    脱毛を受ければ、そもそも髭が生えにくくなるため、髭を剃る必要もなくなってきます。

     

    髭にニオイが付着することもありません。

     

    また、脱毛を行えば、毛穴の機能が低下し縮小するため、皮脂の分泌も自然と抑えられます。

     

     

    ちなみに、脱毛と聞くと「料金が高い」と思っている人が多いようですが、髭の脱毛であれば月々3000円ほどでも受けられます。

     

    そのため、お金がない大学生でも、髭の脱毛を受けている人は多いのです。

     

    髭の脱毛に関しては、

    【 ヒゲ脱毛で人気のクリニックやエステサロンまとめ:おすすめはココ! 】という記事でおすすめのクリニックやサロンを紹介しています。

     

     

    また、本格的な脱毛を考えていない人でも、とりあえず脱毛の体験を受けてみると良いでしょう。

     

    体験を行なっているサロンはそれほど多くありませんが、一部のサロンでは髭脱毛の体験が受けられます。

     

    髭脱毛の体験に関しては、

    ひげ脱毛の無料体験・お試しができるメンズ脱毛サロンはココ! 】という記事で紹介しているので参考にしてください。一度受けてみて損はないはずです。

    髭のニオイは解消できる!

    以上、髭がクサい原因とその解消方法についてでした。

     

    先ほども言ったように、髭のニオイは加齢と共に強くなる可能性が高いです。

     

    もしそれを防ぎたいなら、しっかり対策をしていきましょう。

     

    ぜひ今回紹介したことを参考にしていただけたらと思います。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする