いい男ラボ

~男磨きのための情報発信~

髭が生えない原因って?薄いヒゲを改善しヒゲを生やすには

f:id:C-write:20180105122944j:plain

髭が濃いことで悩む人は多いですが、なかには髭が生えないことが悩みだという人もいます。

 

そこで今回は、髭が生えない原因髭を生やす方法について考えてみたいと思います。

 

髭が生えない原因って?

髭が生える要因として一番に挙げられるのは、男性ホルモンの影響でしょう。

 

男性ホルモンが多いと体毛は濃くなり、男性ホルモンが少ないと体毛も生えにくいというのが一般的です。

 

そのため、髭が薄い人は、男性ホルモンが少ない可能性があります。

 

そして、この解決策として一般的によく言われるのが、男性ホルモンを増やすことです。

男性ホルモンを増やす方法

実は、男性ホルモンを増やす方法はさまざまなところで紹介されています。

 

これによって、髭を濃くできるとも言われているので、まずはその方法をいくつか紹介したいと思います。

積極的に筋トレを行う

筋トレを行うと、男性ホルモンが活性化しやすくなります。

 

ただし、少し筋トレをするくらいではそれほど効果はないため、ある程度ハードなトレーニングが必要です。 

 

男性ホルモンが少ない人には全く筋トレをしない人も多いため、積極的に筋トレをしてみると良いでしょう。

食生活を変える

食事も男性ホルモンに影響を与えます。

 

肉、ネギ、玉ねぎ、にんにくといった食品は、男性ホルモンを活性化させるため、積極的に摂りましょう。

 

反対に、大豆使用した食品なんかは男性ホルモンを抑えやすいので、控えたほうが良いでしょう。

 

 

ただし、あくまでこれは『男性ホルモンを増やす』という目的のみを考えた場合です。

 

実際は、食生活が偏りすぎると健康によくないため、あまり極端な食生活にならないよう気をつけなければなりません。

女性と積極的に関わる

性的な欲求を高めることも、男性ホルモンを増やすことにつながると言われます。

 

そのため、女性との関わりが少ない男性なんかは、積極的に女性と関わっていったほうが良いでしょう。

勝負事をする

勝負事をしたり他人と競い合ったりすることによっても、男性ホルモンは高まります。

 

たとえば、仕事の成績をほかの社員と競い合ったり、スポーツをしたりなど、闘争心を掻き立てるようなことを日頃からしていると、男性ホルモンも活性化しやすいかと思います。

 

何によって闘争心が掻き立てられるかは人によって異なります。

 

何でもいいので、自分の闘争心が掻き立てられるものを日頃から行ってみると良いかもしれません。

ほとんどは体質で決まる?

ここまで男性ホルモンを増やす方法を紹介しましたが、実は髭の濃さや男性ホルモンの量は遺伝的な要素も強く、もともとの体質に左右されることが多いです。

 

そのため、ここまで紹介した方法はよく紹介されてはいますが、実際には、ほとんど効果が感じられないことも多いです。

 

もちろん、全く効果がないわけではありませんし、何もしないよりはいいでしょう。

 

ただし、過度な期待もすべきではないということです。

 

 

また、男性ホルモンは加齢によって増えることも多く、現在髭が薄い人も、加齢によって髭が濃くなる可能性は十分あります。(※加齢によって男性ホルモンが減ることもあります。)

 

多くの場合は、15~20代前半に男性ホルモンは増加しやすいですが、これには個人差があり、20代後半や30代前半を境に、急に髭が濃くなる人も少なくありません。

 

そのため、年齢を重ねて髭が生えるのを待つというのも一つの手でしょう。

 

 

ただし、これに関しても全く髭が濃くならない可能性もあるため、どちらにしろあまり期待はできません。

どうしても生やしたいのであれば....

髭が生えない悩みを解決するのは簡単ではなく、その方法も確立はされていません。

 

ですが、そんな中で最近髭を生やす方法として使われているのが、育毛剤の使用です。

 

「髭に育毛剤って効くの?」と思う人がほとんどではないかと思います。

 

私自身もそう思っていましたが、たまたま育毛剤を使ってみたら髭が濃くなったという人は意外といるようです。

 

 

頭皮に育毛剤を使う場合は、脱毛や薄毛の原因を抑えながら発毛を促さなければいけないので大変なのですが、髭の場合は、とにかく発毛を促せばよいです。

 

そのため、頭皮の育毛に比べば、髭の育毛はシンプルです。育毛剤が髭に効果を発揮するのは、このような理由があるからかもしれません。

 

 

ただし、育毛剤を使用する際には2つの注意点があります。

 

それは、

 

男性ホルモンを抑える効果が強い育毛剤はNG

肌への刺激が強すぎる育毛剤はNG

 

ということです。

 

 

先ほど言ったように、頭皮の育毛を行う場合には、脱毛を抑えながら育毛をしなければなりません。

 

そのため、男性ホルモンを抑える効果が強い育毛剤もあります。

 

これは身体に悪影響があるわけではありませんが、髭を生やすということにおいてはマイナスに働く可能性があります。

 

また、肌への刺激が強い育毛剤だと、人によっては肌荒れを起こすこともあります。

 

髭に育毛剤を使う場合には、これら二つの特徴を持った育毛剤を避ける必要があります。

 

 

ですが、この判断をするのはかなり難しいと思うので、もし髭に育毛剤を使いたいのであれば、『 天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>』の使用をオススメします。

 

イクオス

イクオスであれば安全性も高く、純粋に発毛のみに特化して使用できるでしょう。実際にイクオスで髭の育毛を行っている人もいるようです。

 

一つ気をつけてほしいのが、イクオスは公式サイト以外での販売は行っていません。

 

そのため、仮にその他のショッピングサイトにイクオスの商品があったとすれば、それは非公式に販売されているものということになります。

 

詳しくは公式サイトにも記載してあるので読んでおきましょう。

 

 

 

育毛剤による髭の育毛は、科学的根拠が示されているわけではありませんが、実際に使っている人はいるので、気になる人は一度試してみると良いでしょう。

 

ぜひ今回の記事を参考に、髭の育毛について考えていただけたらと思います。