髭が原因の肌荒れとは?ヒゲによる肌荒れを防ぐ方法

f:id:C-write:20180105122624j:plain

かゆみ、乾燥、炎症、ニキビや吹き出物など、髭周りは肌トラブルが起きやすいです。

 

実際に、髭周りが肌荒れを起こしている男性は少なくありません。

 

髭周りが肌荒れを起こしやすいのには原因があります。

 

今回はその原因と肌荒れを防ぐ方法について紹介したいと思います。

 

  • 髭が原因で起こる肌荒れとは?
  • 髭を剃らなくても肌荒れの原因に!
  • 髭による肌荒れを防ぐ方法 
  • 髭による肌荒れは対策が必須
  • 髭が原因で起こる肌荒れとは?

    髭による肌荒れの多くは、髭剃りが原因になっていることが多いです。

     

    髭を剃ると、どうしても肌を傷つけてしまいます。そして肌が傷つくと、 皮膚のバリア機能が低下し、デリケートな状態になります。

     

    肌がこのような状態になると、外部の刺激や細菌などの影響を受けやすくなるため、肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。

     

     

    また、髭剃り後の肌は乾燥しやすい状態にもなっています。乾燥してしまうと、身体が肌を潤そうと皮脂の分泌が促されます。

     

    皮脂の過剰分泌はニキビや吹き出物の原因になるため、結果的に髭剃りによってニキビができてしまいます。

     

    特に、髭が生えている部分には毛穴が多いですから、皮脂が分泌しやすくニキビもできやすいでしょう。

    髭を剃らなくても肌荒れの原因に!

    髭剃りによって肌荒れが起きることは多いですが、実は髭を生やしていても、肌荒れは起きやすいのです。

     

    というのも、髭を生やしていると髭に汚れが付着しやすいからです。

     

    髭に付着した汚れや細菌が、肌トラブルを引き起こす原因になることもあるのです。

     

    つまり、髭が生え続ける以上、肌トラブルは起きやすくなるということです。

     

    髭周りに肌トラブルが起きやすいのはこのためです。

    髭による肌荒れを防ぐ方法 

    髭を剃ろうが伸ばそうが、結局肌トラブルは起きやすいです。

     

    そのため、これはしっかり対策することによって肌荒れを防ぐしかありません。

     

    ここからは、髭による肌荒れを防ぐ方法を紹介していきます。

    髭を剃る前の準備

    髭を剃る前の準備として、まずは髭を柔らかくすることをオススメします。

     

    髭を柔らかくすると剃りやすくなり、肌への負担を多少減らすことができます。

     

    髭を柔らかくするためには、髭を濡らし蒸しタオルで温めましょう。温めることで髭は柔らかくなります。

     

     

    一番ラクなのは、風呂を上がる前に剃ることでしょう。

     

    風呂を上がる直前であれば、髭は濡れていますし十分温まっているはずです。

    カミソリの刃は定期的に新しく

    カミソリの刃は、ある程度使うとキレが悪くなります。

     

    このような刃で髭を剃っていると、余計な力を加えなければならなくなり、肌への負担が大きくなります。

     

    そのため、カミソリは定期的に新しいものに取り換えましょう。

     

    T字のカミソリなら、1週間~2週間に一回くらい変えた方が良いです。

     

    また、カミソリよりは電気シェーバーの方が肌への負担は少ないので、できるだけ肌への負担の軽減したいのなら、電気シェーバーがおすすめです。

    髭を剃る際の工夫

    続いて髭を剃る際の工夫ですが、大前提としてシェービング剤はしっかり使うようにしましょう。

     

    シェービング剤を使用することで、肌とカミソリの摩擦を軽減でき、肌が傷つきにくくなります。

     

    また、髭を剃る際には、いきなり逆剃りをしてはいけません。

     

     

    逆剃りとは、毛の流れとは反対方向に髭を剃ることで、髭を深く剃る際に行います。

     

    ですが、いきなり逆剃りをすると、その分肌を傷つけやすくなります。

     

    そのため、まずは毛の流れに剃って大まかに髭を剃ります。そして、逆剃りは最後の仕上げのときにだけ軽く行う程度にしましょう。

     

    このような工夫も、肌荒れを防ぐことにつながります。

    髭剃り後のアフターケア

    髭剃りは剃って終わりではありません。髭剃り後のアフターケアもしっかりと行いましょう。

     

    先ほども言ったように、髭剃り後の肌は乾燥しやすく、デリケートな状態です。

     

    そのため、しっかり保湿をしながら、髭剃りによって受けたダメージをケアしましょう。

     

    使うのは、髭剃り後に使うアフターケア用のローションが良いです。

     

    詳しくは、

    【 髭に使う化粧水としてオススメなのはコレ! 】という記事を参考にしてください。アフターケアにおすすめのローションを紹介しています。

    髭が生えないようにする

    以上のようなケアを行えば、肌荒れを軽減することは可能でしょう。ですが、完全に防ぐことは難しいかと思います。

     

    敏感な人であれば、ここまで紹介したことを実践しても肌荒れは治らないでしょう。

     

     

    そのような人の場合、髭を脱毛をしてしまうのも一つの手です。

     

    髭を脱毛してしまえば、髭を剃る必要もなくなりますし、汚れの付着による肌荒れの心配もありません。

     

    実際に、髭の脱毛をしてから肌荒れが減ったという人は多いです。

     

     

    脱毛と聞くと、「料金が高い」と思っている人もいますが、髭の脱毛であれば月々3000円ほどの料金でも受けることは可能です。

     

    月々の負担が軽いため、お金がない大学生でも髭の脱毛を受ける人は多いのです。

     

    脱毛の料金に関して気になる人は

    【 ヒゲ脱毛で人気のクリニックやエステサロンまとめ:おすすめはココ! 】で紹介しているクリニックやサロンを確認してみてください。

     

    髭を脱毛するのにおすすめのクリニックやサロンを紹介しています。

     

     

    また、本格的な脱毛は考えていなくても、とりあえず体験だけ受けてみることも可能です。

     

    体験を行っているサロンはそれほど多くないですが、一部のサロンでは髭脱毛の体験を受けられます。

     

    体験に関しては

    【 ひげ脱毛の無料体験・お試しができるメンズ脱毛サロンはココ! 】という記事で紹介しています。

     

    一度受けてみて損はないと思うので、確認してみてください。

    髭による肌荒れは対策が必須

    以上、髭が原因の肌荒れについてでした。

     

    髭は剃っても生やしていても、肌荒れが起きやすくなります。そのため、なかなか改善しづらいことも多いです。

     

    もし、改善するのが難しいと感じるのであれば、一度クリニックやサロンに相談して脱毛を検討してみるのも良いでしょう。

     

    髭による肌荒れを改善したければ、何かしら対策が必要になります。今回紹介したことをぜひ参考にしていただけたらと思います。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする