鼻毛処理の方法に鼻毛ワックスは危険!抜くデメリット&適切な切り方

f:id:C-write:20170523215133j:plain

男性のムダ毛の中でも、地味に嫌なのが “鼻毛” 。

 

男性の鼻毛は、女性にとって『許せないムダ毛』とも言われており、「不潔・汚い・ダサい・気持ち悪い」などの印象を抱かれてしまうようです。

 

実際、どれだけカッコいい人であっても、鼻毛が出ててるだけで相当ダサく見えます。

 

にも関わらず、意外と油断して出ちゃってる男性は多いです。

 なかには「コイツいつも鼻毛出てんな….」と思ってしまうような人もいるくらいです。

 

女性に嫌われないためにも、鼻毛はしっかりと処理しておきたいものですが、

実はこの鼻毛処理、方法によってはさまざまなリスクが存在するのをご存知ですか?

 

そして、多くの人が、この危険な処理方法によって鼻毛を処理しています。

 

最近ではワックスを使って自分で脱毛をする人も多いですが、そのような人たちには、一度、鼻毛の処理がどれだけデリケートなものであるか、しっかり理解していただきたいです。

 

今回はそんな『鼻毛処理によるリスク』や『おすすめの鼻毛処理方法』について紹介します。

 

ちなみに、鼻毛以外のムダ毛については

www.iiotokolab.com

こちらの記事を参考にしてみてください。 

鼻の中の構造

鼻毛処理のリスクを知るには、まず、鼻の中がどのようになっているのかを知っておいた方が良いです。

 

ここでは、鼻毛の処理に関わる部分について2つ説明します。

鼻毛の持つフィルターとしての役割

まず一つ目、知っている人も多いと思いますが、鼻毛には呼吸をする際のフィルターとしての役割があります。

 

私たちは日頃から空気中の酸素を取り入れて生活していますが、この空気中には、目に見えない『細菌・ホコリ・ウイルス』などが漂ってます。

 

そして、空気を吸ったとき、これらのものが体内に侵入してくるのを防いでいるのが鼻毛です。

 

ですので、『許せないムダ毛』なんて言われていますが、むしろ健康的な身体を保つために必要な役割を担っているのです。

鼻の中には粘膜がある

もう一つ重要なのが、鼻の中にある粘膜です。役割としては鼻毛と似たようなもので、細菌やウイルスなどを肺に送らないようにするためのものです。

 

この鼻毛と粘膜の2つが、鼻の中で重要な役割を果たしているということを覚えてお着ましょう。

 

ちなみに、口呼吸だと風邪を引きやすい といわれるのは、鼻にこのような役割があるからです。

危険な鼻毛処理

では、本題の一つである、危険な鼻毛処理について説明します。

 

何も知らずに行っている人は多いので、ぜひ知人や友人にも教えてあげてください。

鼻毛を抜くのはNG!

毛抜きやワックスを使って鼻毛を抜く人は多いですが、これらの使用は避けた方が良いです。

 

まず、鼻毛がフィルターの役割をしていることからも分かりますが、鼻の中は常に汚れやホコリなどがあります。

 

このような状態でデリケートな鼻の中の毛を抜いてしまうと、毛穴に菌が入り、炎症を起こす危険性があります。

 

また、ワックスを使って鼻毛をたくさん抜いていると、鼻の中の粘膜を傷つけてしまう危険性や、鼻毛のフィルターとしての役割を損なうことがあります。

 

脱毛を行うクリニックでも、『鼻毛の脱毛はトラブル避けるため扱っていない』というクリニックが多いです。それくらいデリケートな部分なのです。

ハサミによる雑なカットもダメ!

抜く方法と比べると、まだ良いですが、何も考えずにハサミで切ることも危険な処理方法の一つです。

 

まず、毛の根元から切ったり、鼻の奥のほうまで切ったりすることによって、脱毛と同じように、鼻毛のフィルターとしての役割が損なわれるかもしれません。

 

そして、根元や奥のほうを切っていると、ハサミの先で鼻の中を傷つける可能性もあります。傷つけてしまえば、その後、炎症を起こすことも考えられます。

 

このようなリスクを避けるためにも、鼻毛は『安全性の高い適切なカット』をするべきでしょう。

鼻毛の適切な切り方

f:id:C-write:20170524061341j:plain

脱毛や雑な切り方の危険性は分かったと思うので、ここからは適切な切り方について説明します。

 

使用するのは『先の丸い小さなハサミ(鼻毛カット専用のハサミ)』

もしくは 『鼻毛カッター』です。これらを使ってカットしていきます。

 

 

まずは、鼻の穴の入り口付近の毛を軽く切ってください。

 

切り終えたら、鼻をつまんでみてください。鼻をつまんで鼻毛が出ていたら、それらが見えなくなるところまでカットしてください。

 

そして、次に笑顔を作ってください。このときに、まだ出ている鼻毛があれば、それもカットしてください。

 

鼻毛が出ていなければ終わりです。

 

 

1.鼻の入り口付近の毛をカット

2.鼻をつまんで、出ている鼻毛をカット

3.笑ったときに鼻毛がでていたら、それもカット

といった手順です。

 

鼻毛は見えてさえいなければ、それで良いので、見えている部分や見える可能性のある部分をカットするだけでいいのです。

 

このような切り方をすれば、鼻毛の機能のまず損なうことはないですし、炎症をおこすこともないでしょう。

 

「それだけしか切らなかったら、またすぐ生えてくるじゃん」と思った方は、まだ説明があるので、このまま読み進めてください。

鼻毛のカットは習慣化してしまえば大したことはない

おそらく、脱毛や毛抜きを使って鼻毛を抜いていた人にとっては、

「カットなんて面倒くさい」

「すぐ生えてくるじゃん」 なんて思うかもしれません。

 

しかし、実際には鼻毛のカットなんて大して時間はかかりません。

 

ですので、いっそのこと習慣化してしまったほうがラクです。

 

たとえば、毎日行う習慣の例として、歯磨きやシャンプーがありますが、これらを「面倒くさい」なんて思いながらやってますか?

 

シャンプーの場合、風呂に入るのが面倒くさいと思うことはあっても、風呂に入ってしまえば、何も思わずシャンプーをしますよね?

 

歯磨きも同じで、日課になっているものは、毎日難なくこなせているはずです。

 

そして、鼻毛の処理は歯磨きやシャンプーよりも早く終わる簡単なものです。

 

これらのことを踏まえれば、鼻毛処理は日課にすると面倒なものではなくなるということが分かっていただけるかと思います。

 

 

ちなみに、習慣化する際は、現在行っている習慣と一緒に行うようにすると、より簡単に習慣化されます。

 

おすすめは

・風呂場に鼻毛カッターやハサミを置いておき、シャンプーや身体を洗うの同じように、風呂で毎日行う作業にする。

・歯ブラシの横に置いておき、歯磨きをする前、もしくは歯磨き後に鼻毛の処理を行う。

このどちらかを行い、鼻毛の確認と処理を日課にしてしまうことです。

 

ですので、今回の内容を簡単にまとめると、

『鼻の穴の周囲にある、見えている毛だけを処理することが安全な処理方法』

『鼻毛の確認&処理を日課にしてしまうことが、安全性と身だしなみの両方を考えた一番良い鼻毛処理』ということです。

それでも脱毛がしたいのなら、プロに任せるべき

ここまでの内容を読んでも、「脱毛の方がラクだから脱毛がいい」と思う人は、自分で行わず、鼻毛の脱毛を行っているクリニックに頼むべきでしょう。

 

先ほどいったように、鼻毛の脱毛を行っているクリニックは少ないです。それくらいデリケートでトラブルが起きやすい部分なのです。

 

ですので、鼻毛の脱毛を行っているクリニックも、皮膚のトラブルが起きないよう慎重に脱毛を行っているはずです。

 

そのような部分を自分自身で適当に脱毛してしまうのは、やはりオススメできません。

 

どうしてもと言うなら、クリニックを訪ね、一度プロに相談してみてください。

 

今回の記事を参考にして、ぜひ安全な鼻毛処理を心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする