仕事ができない、辛いと感じてる人が「できる人」に変わる6つの秘訣

f:id:C-write:20170408182416j:plain

「仕事ができなくて辛い」と感じている人は、その原因を分かっていますか?

 

理由は人それぞれ異なると思いますが、仕事ができない人には共通点も多いです。

 

もし、少しでも仕事ができるようになりたいと考えているなら、仕事ができない原因を一度考えてみましょう。

 

ここでは “仕事ができない人の6つの特徴”“できる人に”変わるための6つのポイント” について紹介します。

仕事ができない人の6つの特徴

まずは仕事ができない人の共通点からです。

 

仕事ができないと感じているなら、何かしら当てはまる可能性が高いので確認してみてください。

1. 集中力が低い

できる人の多くは集中力が高いです。そして、集中力が高い分、作業効率も良いです。

 

一方、仕事ができない人は、集中力が低い傾向にあります。

 

あなたは作業中に仕事と関係ないことを考えてはいませんか?

 

もしくは、気づいたらボーっとしていた なんてことはありませんか?

 

もしかすると、集中力の低さが仕事に影響しているかもしれません。

2. やらされている意識が強い

「やらされている」という感覚で仕事をこなす人は多いです。

 

あなたにも、思い当たる節があるのではないでしょうか? 

 

なかには、このようなタイプであっても、それなりに仕事をこなせる人はいますが、できない人ほど、やらされている意識が強い傾向にあります。

 

もし、できない人がこのような意識を持ったままでいると、おそらく、ずっとできない人のままでしょう。

 

また、嫌々やらされる作業というのは、集中力も低くなります。覚えておきましょう。

3. 深く理解しようとしない

仕事ができる人は、自分の業務に対する理解度が高いです。

 

それに対して、できない人は「自分のしている業務は何なのか」ということに対する理解が浅く、深く考えていないことがあります。

 

いま自分の行っている業務が会社のなかで「どのような役割でどのような意味を持っているのか」 あなたは理解しようとしてますか?

 

理解したつもりになって、何となくで作業をこなしてませんか?

4. できるだけ責任を負わない立場を選びたがる

責任から逃れたいと思うことは、人間として普通のことかもしれません。

 

しかし、仕事をしていく上で、責任は誰かしらが負わなければならないものです。

 

もし、あなたが責任を負わない立場であれば、その分の責任は他の誰かが担っているのです。

 

自ら責任を負って行動できるか、人に責任を負ってもらうことでしか行動できないのか、この差はかなり大きいです。

 

このような主体性の無さは、仕事ができない人によく見られます。

5. 客観的視点に欠けている

「何であえてこんな面倒な作業をしなければいけないんだ」

 

「こんな面倒くさい作業、やっても意味ないだろ」 

 

といったように、主観でしか物事を捉えられない人は多いです。

 

もちろん、実際に会社側が無意味な作業をさせていることもあるかと思いますが、大事なのは、あなたの意見が客観的な事実であるかどうかです。

 

たとえば、「こんな面倒くさい作業に意味はない」と思ったとき、その作業が合理性に欠け、会社の利益に上手くつながっていないのであれば、客観的に捉えられていると言えるでしょう。

 

ですが、自分自身の損得感情による主観的な意見では、ただの愚痴でしかありません。

 

愚痴を否定はしませんが、主観的な意見でしか考えれないと、仕事に対する理解度は低いままでしょう。 

6. 慎重すぎる

丁寧なことは悪いことではありません。

 

しかし、スピード感を意識できていないと、結局仕事ができない人になってしまいます。

 

仕事ができない人には、小さなミスを恐れ、慎重かつ丁寧になりすぎる人も多いです。

 

もちろん、適当に作業するのは論外ですが、スピード感とクオリティのバランスは、どちらかに偏りすぎてはいけません。

 

スピード感を持った作業ができているか、一度考えてみましょう。

仕事ができる人に変わるための6つのポイント

ここからは、できない人の特徴もふまえながら、どのようにできる人に近づいていくかについて紹介したいと思います。

1. 集中力を高めていく

集中力が低い状態だと、仕事ができるようになるのは難しいでしょう。

 

たとえば、自分自身の仕事に興味は持てているか、その業務をこなす目的はハッキリしているか、といったことが集中力に影響してきます。

 

 集中力を高める方法について、詳しくは

【集中力を高める方法】仕事や勉強に集中できない人に必要なものは? という記事で紹介しています。

2. やらされる感覚から抜け出す

もし、自分の仕事に対してやらされている感覚があるのなら、できる限り無くすべきです。

そのような人は「お金のために仕方なく働いている」という感覚が強いのでしょう。

 

気持ちは分からなくもないですが、そのような意識はあなたにとって何のプラスにもなりません。

 

お金のためにやっているのであれば「会社が給料上げてでもいてほしいと思える人材になろう」くらいの気持ちがあってもいいのでは?

 

どうせやるなら、嫌々やらされるよりも、開き直って稼いでやると思いましょう。

 

このような主体性を持っていたほうが、結果的に収入アップにも繋がりやすいはずです。

3. 自分の得意・不得意を知る

あなたは自分の得意なことや不得意なことは理解できてますか?

 

もし、会社の上司やあなた自身が、あなたの強みを理解していなければ、苦手なことに対して結果を出すよう求められているかもしれません。

 

それはそれで成長できる面もあると思いますが、もっと力を発揮できる場所が他にあるとしたら勿体ないです。

 

 

それに、苦手なことで力を発揮するように求められるのは、多くの人にとってはストレスになります。

 

そのストレスがあなたの成長を妨げていることだってあるわけです。

 

そのため、自分の得意・不得意はある程度理解しておいたほうが良いです。

 

もし、現在の職場自体が自分の力を発揮するのにふさわしくないと感じるなら、転職を考えるのも一つの手でしょう。

4. 客観的視点を持つ

「なぜこの作業が必要なのか」

「会社にとって、よりプラスになるにはどのような行動をとれば良いか」

「客にとって会社のこの方針は良いのだろうか」

 

といったように、会社の立場や顧客の視点から考えられる人のほうが、仕事への理解度も深く、結果を出しやすいです。

 

自分にとってどうか ” ではなく ” 客観的に見てどうなのか ” ということを日頃から考えるようにしましょう。

5. できる人とは責任を負うことができる人だと知る

仕事ができる人というのは、自然と責任ある立場になっていくものです。

 

それを避けているようでは、いつまで経っても仕事ができる人にはなれないでしょう。

 

自分の行動に責任を持てるからこそ、自分の意見をしっかり言えるし、新しいことにも積極的にチャレンジできるのです。

 

なので、常に自分の仕事に対する責任感は持っておきましょう。責任逃れの思考はあなたの成長を妨げます。

6. とにかく量をこなしてみる

もし、自分の仕事にスピード感が無いと感じるようであれば、一度クオリティは置いといて、とにかく作業量をこなすことを意識してみると良いかもしれません。

 

丁寧になりすぎる人は、多少適当にこなすくらいが丁度良い場合もあります。

 

また、量をこなすことは質の向上にもつながりますから、そうなれば結果的に作業効率が上がります。

 

作業が遅い人はぜひ試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。当てはまるものはありましたか?

 

今回の内容全体を通して言えることは、結局のところ意識が低ければ仕事ができるようにもならないということです。

 

そのため、そもそも意識が低いことが原因で仕事ができていない場合、そのような人は今回のこの記事を読もうとすら思わないでしょう。

 

逆に言えば、このような記事を自ら読むという時点で、仕事ができる人に変われる可能性があるともいえるわけです。

 

 

仕事ができないという自覚、できるようになりたいという気持ちこそが、仕事ができるようになる第一歩であり、一番大切だと思います。

 

ぜひ今回紹介したことを参考に、成長意欲を持ち続けていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする