光脱毛・レーザー脱毛(医療脱毛)・ニードル脱毛の違いと効果を比較

f:id:C-write:20170716075914j:plain

脱毛をする際に気をつけなければいけないことの一つに “どの脱毛方式を選ぶか” というものがあります。

 

脱毛方式はいくつか種類があり、サロンやクリニックによって扱う脱毛方式は違います。

 

そして、それぞれの脱毛方式にごとに、特徴・効果・料金などが異なるため、脱毛を行う際には、自分の目的に合わせた脱毛方式を選ばなければなりません。

 

これを理解していないと、

「思っていたほど効果を得られなかった」

「想像していたのと違った」

といったように、あとで後悔してしまう可能性があるので注意して下さい。

 

今回は、その脱毛方式について

・脱毛方式ごとの特徴と違いの比較

・どの脱毛方式を選ぶべきか

などについて紹介したいと思います。

脱毛方式は大きく分けて3つ

早速、脱毛方式の種類について紹介していきますが、脱毛方式には大きく分けて3つの種類があります。

 

・レーザー脱毛

・光脱毛

・ニードル脱毛

 

 脱毛を受ける際には、これら3つの脱毛方式から選ぶことになるので、それぞれの特徴について紹介していきたいと思います。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療脱毛・医療レーザー脱毛などとも呼ばれています。

 

まず、レーザー脱毛は医療従事者でなければ取り扱うことができないため、クリニックでしか施術できません。

 

ですので、医療従事者のいないエステサロンで行われている脱毛は、レーザー脱毛ではありませんので注意して下さい。

 

 

特徴としては、出力が高く、かなり痛いとされていますが、そのぶん脱毛効果も高いです。

 

一度しっかり脱毛をしてしまえば、以後ほとんど毛は生えなくなると言われています。

 

ただし、効果が高いぶん料金もやや高めです。

 

 

また、レーザー脱毛は一度の脱毛で効果が出るわけではなく、何度か脱毛を繰り返すことによって、徐々に毛が生えなくなってきます。

 

ですので、最初の2,3回くらいは効果をほとんど感じられないことも多く、基本的には数回の脱毛を1セットとして料金が設定されています。

光脱毛

光脱毛は、フラッシュ脱毛・フラッシュライト脱毛などとも呼ばれており、エステサロンで行われる脱毛方式の一種です。

 

痛みはレーザー脱毛に比べると弱く、料金も少し安めに設定されています。

 

ただし、そのぶんレーザー脱毛ほどの効果は得られません。

 

レーザー脱毛を永久脱毛とするなら、光脱毛は減毛・抑毛といった感じでしょうか。

 

 

光脱毛は、ある程度月日が経過すると毛は再生すると思っていたほうがよいかと思います。

 

また、レーザー脱毛と同様に、何度か脱毛を繰り返すことによって効果が出てくる仕組みですから、ある程度の期間と回数が必要になることを予め理解しておきましょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、サロンでは美容電気脱毛と呼ばれていることのほうが多いかもしれません。

 

これはレーザー脱毛や光脱毛とは大きく異なる脱毛方式になります。

 

レーザー脱毛や光脱毛の場合は、ある一定の範囲に対して照射を行い、その範囲内にあるいくつかの毛に対して作用しますが、ニードル脱毛の場合は毛を一本ずつ脱毛していきます。

 

ですので、一回の施術にかかる時間は、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛に比べると長いですが、脱毛効果は一番高いといえるでしょう。

 

 

また、この脱毛方式には、髭のカタチを綺麗に整えられるなどのメリットがあるため、デザイン脱毛としてもよく利用されます。

 

効果に関しては、ニードル脱毛によって一度生えなくなった部分の毛は、ほとんど再生しないと言われています。ただし、そのぶん料金も高くはなります。

3つの脱毛方式を比較

3つの脱毛方式について解説しましたが、より分かりやすいようにそれぞれの特徴を表で比較してみました。

 

  【レーザー脱毛】 【光脱毛】 【ニードル脱毛】
料金 やや高い やや安い 高い
効果 永久脱毛 減毛・抑毛 永久脱毛
痛み 痛い やや痛い かなり痛い
施術時間 短い 短い 長い
回数 6~20回 6~20回 6~20回

 

それぞれの特徴の中でも重要なのは、やはり効果の面でしょう。

 

目的別に分けるとしたら

 

・毛を薄くしたい人 ⇒ レーザー脱毛

・毛が一切生えなくても良い人 ⇒ レーザー脱毛 or ニードル脱毛

・将来的にまた生えてきてほしい人(髭など)⇒ 光脱毛

・髭のカタチを綺麗に整えたい人 ⇒ ニードル脱毛

 

といったような使いわけができるかと思います。もちろん、あくまで一例ですが。

 

 

回数に関しては、正直個人差が大きすぎるため、一概に何回とは言えません。

 

ですので、かなり幅を持たせていますが、少ない人で6回、平均的には10回前後くらいではないかと思います。

 

どの脱毛方式も同じ回数にはなっていますが、ニードル脱毛の場合は若干少なく済むことが多いようです。

 

また、効果に関しても、レーザー脱毛よりニードル脱毛のほうが多少高いと思っていいでしょう。

 

ただし、永久脱毛だからといって、確実に毛が再生しないわけではない ということだけは理解しておいてください。

これらの脱毛方式をごっちゃに捉えないよう注意!

これは脱毛方式に関する理解が浅い人によくあることですが、それぞれの脱毛方式の特徴をごっちゃにしてしまわないように注意して下さい。

 

たとえば、エステサロンに行って永久脱毛のつもりで光脱毛を受けてしまったり、光脱毛を受けるつもりが、ニードル脱毛を行っているサロンに行ってしまったなんてことは少なからずあります。

 

ですので脱毛で失敗しないためにも、脱毛方式ごとの特徴やサロン・クリニックごとに行っている脱毛方式の違いについては、しっかり確認しておきましょう。

サロン&クリニックごとに導入されている脱毛方式の紹介

最後に、サロンやクリニックごとに利用できる脱毛方式を紹介したいと思います。

 

勘違いをして望まない脱毛方式での脱毛を受けてしまわないように、しっかり確認しておいて下さい。

 

基本的には、

クリニックは医療レーザー脱毛

サロンは光脱毛 or ニードル脱毛

という認識で良いかと思います。

湘南美容外科クリニック

オトコの根こそぎレーザー脱毛

医療脱毛なら<湘南美容外科クリニック>

【脱毛方式:レーザー脱毛】

ゴリラクリニック

メンズ永久脱毛はゴリラクリニック

【脱毛方式:レーザー脱毛】

メンズリゼクリニック

メンズ脱毛ならメンズリゼクリニック

【脱毛方式:レーザー脱毛】

MEN’S TBC

1000円で始める男の体脱毛★胸毛やスネ毛など1箇所選べる!MEN’S TBC

【脱毛方式:ニードル脱毛】

ラ・パルレ

メンズ スピード3D脱毛【ラ・パルレ】

【脱毛方式:光脱毛】

BOWZU

脱毛無料キャンペーン

【脱毛方式:光脱毛】

ダンディハウス

ダンディハウス

【脱毛方式:ニードル脱毛、フラッシュ脱毛】

しっかりと自分に合った脱毛方式を選ぼう!

いかがでしたか?脱毛方式の違いについて、ある程度は理解できたでしょうか?

 

脱毛をする上で、どの脱毛方式を選ぶかは非常に重要なことです。

 

脱毛方式に関して詳しくなる必要はありませんが、理解が浅すぎると、あとから後悔する可能性が高いので気をつけておきましょう。

 

もちろん事前に把握できていなかったとしても、サロンやクリニックでは必ずカウンセリングを行いますから、その際にちゃんと確認ができていれば問題ありません。

 

避けるべきなのは、勘違いをしたまま脱毛を受けてしまうことですから、失敗をしないためにも事前カウンセリングは有効活用しましょう。

 

ぜひ今回の記事を参考に、ご自身の目的にあった脱毛方式を選んで下さい。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする