いい男ラボ

~男磨きのための情報発信~

大学生活が楽しくない、つまらないという人はコレをすべき!

f:id:C-write:20180111172628j:plain

「大学生活楽しくないなぁ」と思っている人は、男女問わず少なくないでしょう。

 

大学では、自分から積極的に他者との交流を深めていかないと、なかなか友達が作りにくいです。

 

最悪の場合、ぼっちなんてことも...

 

 

 

「とりあえず卒業できればいい」なんて考えている人もいるかもしれませんが、せっかくの大学生活がつまらないというのは、非常に勿体ないです。

 

大人になって「もっと大学時代にああしておけば、こうしておけば」と後悔している人も多いです。

 

もし、少しでも大学生活を楽しみたいという気持ちがあるのなら、大学生活を楽しくする努力をすることをおすすめします。

 

今回は、『 大学生活が楽しくない人がすべきこと 』について紹介したいと思います。

大学生活が楽しくない人がすべきこと

早速、"大学生活を楽しむためにしたほうが良いこと" について紹介していきますが、これらをすべて実行する必要はありません。

 

いくつか紹介していくので、自分に合ったものを試してみてください。

 

ただし、「面倒くさい」と考えて何もしないのは無しです。当たり前のことですが、何もしなければ、現状は何も変わりません。

 

少しでもいいので、現状を変えるということを意識していただければと思います。

サークルに入る

当たり前すぎると思うかもしれませんが、大事なことなので紹介しておきます。

 

もし、大学内での交友関係を増やしたいと考えているのであれば、遅くてもいいのでサークルに入りましょう。

 

「今から入っても遅そう」

「すでに人間関係が出来上がってそう」

 

なんて考える人もいますが、関係ありません。自分が思うほど他人はそのようなことを気にしないものです。

 

 

 

これは、すでにサークルに入っている人も同じです。

 

「とりあえずサークル入ってみたけど、しっくりきていない」

「入ってみたら自分には合わなかった」

 

という人も、他のサークルに入ることを考えてみてください。サークルで作る交友関係次第で大学生活は大きく変わるはずです。

 

新たなサークルに入ることに躊躇する人も多いですが、合わなければ、やめて他のサークルに行けばいいんです。

 

サークルの良し悪しなんて、実際に入ってみるまでは分かりませんから、合わないことがあるのも当然です。

 

小さなことを気にしているせいで、大学生活を棒に振るのはもったいないです。大学生活を楽しみたければ、どんどん行動していきましょう。

趣味や好きなことに没頭する

これは社会人になると分かることですが、仕事を始めると自由に使える時間が圧倒的に減ります。

 

そのため、大人になって学生時代の時間の使い方を悔やむ人は少なくありません。

 

「もっとやりたいことを思いっきりしておけば良かった」

「ダラダラ過ごすくらいなら、仕事に役立ちそうな能力を少しでもつけておけばよかった」

 

といったことを考える社会人は本当に多いです。

 

 

もし、このような後悔をしたくないのなら、とにかく興味のあることをたくさんしておきましょう。

 

なにか趣味があるのなら趣味を極めるでもいいですし、趣味がなければ趣味を探すのも良いでしょう。

 

「趣味を探すってどうやって?」と思う人もいるかもしれませんが、これは少しでも興味のあるものに、どんどん手を出してみることです。

 

趣味がない人や大学生活が楽しくないと思っている人は、行動力がないことが多いです。

 

 

少しでも興味があるものを、「とりあえずやってみる」というフットワークの軽さや行動力があれば、案外簡単に趣味は見つかりますし、日常生活も充実しやすくなります。

 

要は、行動力をつけて、とにかく色んなことしてみようということです。

新しくバイトを始める、バイトを変える

大学生活を充実させる方法は、なにも大学内での活動だけではありません。

 

学校外の活動がきっかけで、大学生活が楽しくなることだって多いのです。

 

その一つとして、手軽にできるのがアルバイトです。

 

「バイトはすでにしている」という人も多いかと思いますが、すでにバイトをしている人でも、単発のバイトをしてみることをおすすめします。

 

 

 

大学生に限らず、日常生活が楽しくないと感じる原因の一つは、マンネリ化です。

 

変わり映えのない日常を繰り返すことで、つまらないと感じている人は多いです。

 

単発のバイトは、そのような人にはうってつけです。私も学生時代は、空いた日によく単発のバイトをしていました。

 

普段と違ったバイトをしてみることで、気分転換になったり、新しい出会いがあったりもします。

 

 

 

単発のバイトには学生も多いですから、同じ大学の生徒と出会うことも少なくありません。

 

普段の大学生活やサークルでは出会えなかった人と仲良くなれる可能性もあるのです。

 

このような働き方は、時間に融通が利きやすい大学生だからこそできることでもあります。

 

もし、マンネリ化した大学生活を送っているなら、一度単発のバイトをしてみることをオススメします。お金も稼げて一石二鳥でしょう。

 

 

 

単発のバイトをするためには、まずは派遣会社やイベント会社に登録をしておく必要があります。

 

一度登録をしておけば、あとは自分が都合の良い日にバイトに入るだけです。

 

単発のバイトの多くは、その日初めてでもこなせるような簡単な業務なので、だれでもできるでしょう。

 

 

 

ちなみに、バイトを探すなら【アルバイトEX】 が最もおすすめです。

 

アルバイトEXなら、マイナビ、an、ジョブセンス、イーアイデムなど、20社以上の大手求人メディアから一括で検索できるため、かなり効率よくバイトを探せます。

 

 

>>単発のアルバイトを探してみる

 

 

また、単発のバイトでなくても、普通のバイトを始めてみたり、バイトを変えてみたりしてもいいでしょう。

 

アルバイトEXからの応募であれば、もれなく3万円のお祝い金がもらえるバイト案件もあります。

 

マンネリ化した生活を少し変えるだけでも、普段の生活が楽しくなることは多いです。

 

バイトを気軽に始めたり変えたりというのも、ある意味大学生の特権です。大学生活が楽しくない人は、ぜひ新しくバイトを始めてみてください。

 

 

日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】

 

大学生活を無駄に過ごすのは勿体ない!

以上、大学生活が楽しくない人、つまらない人がすべきことについてでした。

 

サークル、好きなこと、趣味、バイトなど、これら全てに言えることは、とにかく新しいことを始めてみること、行動力を持つことです。

 

行動力といっても、ある程度でいいのです。ある程度の行動力があれば、それなりに楽しい大学生活にしていくことは難しくありません。

 

あとは、あなた自身が何を求めるかによるでしょう。

 

単純な充実感が欲しければ、自分の好きなことや趣味に没頭するのもいいですし、異性との出会いを求めるのなら、サークルに入ったり新しいバイトをしたりといったことが良いでしょう。

 

ぜひ今回紹介したことを参考に、少しでも充実生活を送れるように努力していただけたらと思います。