いい男ラボ

~男磨きのための情報発信~

足の臭いが気になるアナタは改善の余地あり!足のにおい対策は誰でもできる

f:id:C-write:20170522224933j:plain

『座敷の居酒屋』

『友達の家にあがったとき』

『仕事中に靴を脱ぐ状況になったとき』など

ふとした瞬間に足の臭いが気になったことはありませんか?

 

もちろん、自分の足の臭いが気になる人もいれば、他人の足の臭いが気になる人もいるでしょう。

 

基本的に、人は他人の臭いに対して敏感ですから、他人の足の臭いが気になることの方が多いかもしれません。

 

体臭は、自分自身では気づきにくいところが厄介ですが、足の臭いに関しては、比較的自分で気づきやすい臭いだと思います。中には気づかない人もいますが...

 

ただし、普段は靴を履いて隠れており、家に帰るまで靴を脱がないことも多いせいか、対策を怠っている人が多いのも事実です。

 

実際に

「仕事終わりに飲みに誘われて行った店が座敷だった」

「営業先で靴を脱ぐことになってしまった」

といったシチュエーションで失敗経験がある人も多いはずです。

 

さいあく、その場に女性がいれば、嫌われたり、生理的に受け付けないと思われる可能性だってあります。

 

女性は臭いに敏感で「どれだけイケメンでも臭い人は無理!」なんて意見もあるくらいです。

 

『靴を脱ぐシチュエーション』というのは、不意打ちのごとく突然やってきますから、そのような状況で失敗しないためにも、日頃からケアや対策を行っておくべきでしょう。

ニオイの原因として考えられるもの

f:id:C-write:20170522225611j:plain

臭い全般にいえることですが、基本的な原因の一つに、雑菌の繁殖があります。

 

雑菌は高温多湿な場所を好むため、靴の中や靴下の中は雑菌がかなり繁殖しやすい場所といえます。この雑菌が繁殖すると、悪臭を放ってしまうのです。

 

具体的な臭いを悪化させる要因については、『外的要因』と『内的要因』に分けて紹介したいと思います。

外的要因

まずは外的要因からですが、これは靴や靴下に問題がある場合です。

 

たとえば、

・同じ靴や靴下をずっと使っている

・靴下を部屋干ししている

といった条件に当てはまる場合、靴や靴下に雑菌が多いせいで、足の臭いを悪化させている可能性があります。

 

靴や靴下単体の臭いはさほどなくても、雑菌が多く潜んでいることはよくあります。

 

このような雑菌は汗をかいたときに力を発揮し、悪臭を放つ原因になるので注意が必要です。

内的要因

続いて内的要因ですが、これは足そのものや体質に原因がある場合の臭いです。

 

先ほど、雑菌の繁殖について話しましたが、実は、皮膚上にも常在菌という菌が存在しており、汗をかいたときに雑菌の繁殖を引き起こします。

 

足をしっかり洗えてない場合、この雑菌が繁殖しやすくなることもありますが、

正直、内的要因に関しては、もともとの体質による部分も大きいです。

 

ですので、根本的な原因の完全に無くすというのは難しいでしょう。

 

 

ただし、難しいといっても、ほとんどの人は足が蒸れたり、汗をかいたりすればクサくなりますし、これは対策をすることで、それなりに防げるものです。

 

ですので、病的な原因が関わるような強い臭いでなければ、大して気にする必要はないでしょう。

足の臭い対策

f:id:C-write:20170522225211j:plain

では、ここから具体的な対策を紹介していきます。

 

足の臭いは他の体臭のように、常に表に出ているものではないので、対処もしやすい方だと思います。

 

誰でもできる簡単なものですので、ぜひ実践してほしいです。

靴のインソールを洗う・定期的に変える

靴のインソールは同じものを使い続けていると、どんどん雑菌が繁殖しやすい状態になるので、できるだけ清潔な状態のものを使いましょう。

 

おすすめは、『消臭効果付き・メッシュ素材のような通気性の良いもの・洗える』といった条件を満たすインソールです。

 

靴を意識したことがなかった人は一度試してみてください。

靴を天日干しする

同じ靴を長く使用したいなら、風通しの良い場所でしっかり乾燥させましょう。

 

日光にあて、しっかり乾燥させることで、雑菌の繁殖を軽減できます。

 

ただし、日に当てると素材が傷む可能性がある靴(革靴など)は、日陰で干すようにしましょう。

靴下を熱いお湯につける・アイロンをかける

これは熱によって靴下を除菌する方法です。

 

靴下の雑菌の繁殖を抑えられるので、臭いも軽減するはずです。

 

ただし、靴下の素材によっては傷んでしまうので、注意してください。

靴下を重曹につけておく

重曹には、中和・消臭・吸湿などの作用があるので、この重曹を利用した対策を行ってみるのも良いでしょう。

 

まず、重曹水をつくります。重曹水は一リットルの水に、大さじ3杯ほどの重曹を目安にしてください。

 

そして、この重曹水に一晩、靴下をつけておきます。つけ終えたら水ですすぎ、普通に洗濯をして完了です。

 

今回紹介する方法の中では少々面倒くさいので、他の方法が難しかったり、効果を感じなかったときに使ってみると良いかもしれません。

替えの靴下を常にバッグに入れておく

とてもシンプルな方法ですが、実用的かつ効果的な方法でしょう。

 

替えの靴下をバッグに入れておけば、靴を脱ぐ前に外やトイレなどで履き替え、その場をしのぐことができます。

 

履き替える前に、制汗剤やボディペーパーで消臭すると、より効果的かと思います。

厚めの靴下を履く

薄い靴下の場合、汗が靴下の表面まで届きやすい分、臭いも外に出てきやすいです。

 

厚みのある靴下であれば、表面まで汗が届きにくいため、臭いも軽減しやすいです。

 

ただし、厚みがある分、足自体は蒸れやすくもなるので、靴下を脱ぐような場合には気をつけた方がよいでしょう。

制汗剤・消臭クリームなどを塗っておく

消臭効果の強いものを使用すれば、かなり効果的な方法です。

 

オススメはクリームやジェルタイプのような、しっかりと塗れるものです。

 

『デオナチュレ』のような、男性用で消臭効果の高いものも市販されているので、自分に効くものを探して遣いましょう。

ミョウバン水を使う

ミョウバン水は、消臭・殺菌・制汗などの作用が期待できると言われてます。

 

作り方は、500mlの水に対し、20g弱ほどのミョウバン割合でしっかり混ぜてください。

 

あとは、これを霧吹き状などにして、足にふりかけるだけです。

 

ただし、肌の弱い人や使ってみて肌が荒れるような場合、使用するのはやめておきしょう。

即効性を重視するなら....

いくつか対策方法をあげましたが、その中でも即効性を重視するなら

・消臭クリームを塗っておく

・替えの靴下とボディペーパーを常にバッグに入れておく

この2つでしょう。

 

もちろん余裕があるなら、他の方法も実践した方が衛生的にも良いです。

 

ただ、よほど臭いが強くない限り、臭い対策に関しては、この2つでも大丈夫ではないかと思います。

 

もし、「消臭クリームを塗って、靴下も替えたのに臭いがする」という場合には、何か病的な原因も考えられるので、一度皮膚科や内科で診てもらいましょう。

足の臭いは、油断しなければ怖くない!

いかがでしたか?対策に関しては、「なんだ、そんなことか」と思った人もいるかもしれません。

 

しかし、こんな簡単なことさえ実践できず、クサい足の臭いを振りまいている人は山ほどいます。

 

臭いの対策というのは、自分のためでもありますが、周りの人を不快にさせないためのエチケットでもあります。

 

足の臭いを平気で振りまいている男と、周りへの気遣いのためにしっかり対策をしている男なら、確実に後者の方が好印象でしょう。

 

自分のため、かつ周りの人のためにも、自分にできる対策は怠らないようにしましょう。

 

ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。