口臭対策・口臭ケアをしない人の殆どは臭い!誰もがすべき口臭改善法

f:id:C-write:20170518185556j:plain

女性が気にする男の臭いの中でも、常に上位にきている “口臭” 。

 

男の評価を大きく左右するものであり、口臭次第で好き嫌いが分かれることも少なくありません。

 

 実際に女性は、男性の見た目やルックス以上に臭いを気にします。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

これはヤフー知恵袋の男性の口臭に関する質問です。

 

このような一般の人の意見を見ると、臭いのキツい人は恋愛対象として見られない可能性が高く、いかに口臭のケアが大事なものか分かるでしょう。

 

また、厄介なのが、自分の口臭は自分自身では気づきにくいということ。

 

もしかすると、「この人臭いな」とあなたが思っている人と同じように、周りはあなたの臭いを嫌っているかもしれません。

 

ですので、最低限のエチケットとして、自分でできる簡単な口臭ケアくらいは行うべきではないかと思います。

考えられる原因

口臭ケアをする上で知っておきたいのが、口臭の原因です。

 

考えられるものはいくつかあるので、まずはそれをみていきましょう。

 

口臭ケアを全く意識してない人は、何かしら当てはまっている可能性が高いので、確認してみて下さい。

口の中に残る食べかすや汚れ

口内の手入れ不足による『食べかすの残りや汚れ』が口臭を引き起こしていることはよくあります。

 

具体的には、

・歯の隙間に食べかすが詰まったまま

・舌苔が除去できていない

・虫歯や歯周病がある

といったものが考えられ、実は毎日歯磨きをしている人でも、これに当てはまる人は多いです。

 

これは、普段の食生活や歯の磨き方には個人差があるため、歯磨きだけでは不十分な人が多いからです。

 

実際に、歯磨きだけでしっかりとケアするには、かなり丁寧に磨く必要があります。そして、それができているという人はかなり少ないはず。

 

ですので、「歯磨きをちゃんとしているから大丈夫」なんて思っている人は注意が必要です。

口の中が乾燥している

口の中の乾燥も口臭の原因の一つで、『食生活の乱れ・緊張やストレス・口呼吸』などによって起こります。

 

これらは、唾液の分泌量を減少させ、口内の殺菌作用が低下します。ですので、細菌が繁殖しやすく、舌苔も溜まりやすくなります。

 

日頃から緊張する場面が多い人や、鼻が悪く口呼吸になりがちな人は、これに当てはまっているかもしれません。

病気や体調の変化

病気や体調不良なども口臭の原因にはなりますが、この場合、口臭のためというよりは、純粋に病気を治すことや体調を戻すことを考えることが大事でしょう。

 

身体が良くなれば、口臭も自然と解消されます。

 

『風邪・呼吸器や消化器の病気・肝機能障害』などが口臭をキツくするのですが、自力での改善が難しいものもあるので、このような病気が疑われる人はまず病院で診てもらうことが先です。

日頃行うべき口臭対策

f:id:C-write:20170518185958j:plain

大体の原因は分かったと思うので、ここからは改善方法について紹介します。

 

自力で簡単にできるものですので、しっかり実践しましょう。

歯間ブラシやデンタルフロスを使う

歯磨きしか行っていない人に取り入れてほしいのが、歯間ブラシやデンタルフロスの使用です。

 

歯の間に詰まった細かい食べかすは、歯ブラシだけでは落とせないことが多いです。

 

試しにこれらを使ってみて、もし食べかすや汚れがとれるようなら、それが口臭の原因になっているかもしれません。一度試してみて下さい。

こまめに水を飲む

水を飲むことは、口の乾燥を防いでくれます。

 

また、体内の悪臭成分を尿と一緒に排出してくれる効果もありますので、日頃水分をこまめに摂れるよう、水を持ち歩くことをおすすめします。

 

もしくは、緑茶でもいいでしょう。

 

緑茶に含まれるカテキンには、抗菌作用があり、口内の細菌の繁殖を抑える効果があるため、口臭の抑制に効く飲み物と言われてます。

 

ただし、緑茶そのものの味やニオイはあるため、それが気になる人は、無味無臭の水の方が良いかと思います。

ガムで唾液の分泌を促す

ガムは直接的な消臭だけでなく、唾液の分泌によって口内の細菌の繁殖を防ぐ効果があります。

 

ですので、水と同じく、いつでも噛めるよう持ち歩きましょう。水と組み合わせることによってより効果を発揮してくれるでしょう。

舌苔の適度なケア

舌苔は何もしないと口臭を発生させますが、除去しすぎても口臭に繋がるので扱い方がすこし難しいです。

 

目安としては

『ピンク色・ピンクが透けるくらいの薄い白色』であれば問題ないですが、

『ピンク色が見えないくらいの白色・黄色』の舌苔はケアする必要があります。

 

ただし、歯ブラシで磨くと舌を傷つける可能性があるので、一番いいのは舌ブラシを使って磨くことです。

 

もし歯ブラシで磨く場合には、舌を傷つけないよう軽めに磨くようにしましょう。

便通を整える

口臭の予防で意外にも大切なのが便通です。

 

便が長いあいだ体内にとどまると、有害物質を発生させ、体臭や口臭を引き起こします。

 

これによって起こる口臭は、他人にとってかなり不快なものになるので、便秘になることだけは避けたいです。

 

分かりやすい解決方法は、とにかく食物繊維を沢山摂ること。口臭に限らず体臭全体の軽減や肌質を良くすることにも繋がるのでオススメです。

朝食を摂る

朝食を抜くことによって発生する口臭に気づかず、周りを不快にしている人は少なくないです。

 

これは、胃が空っぽの状態が続くことにより、膵臓で作られるすい液から臭いの元となるガスが発生するためです。

 

また、夜寝ている間というのは唾液の分泌が少ないため、朝起きたときは唾液の量が不足してます。

 

この状態で朝食を摂らないとなると、唾液は不足したままになるのでこれも口臭の原因になります。

 

朝食を抜くとかなりキツい口臭になっていることがあるので、しっかり摂るようにしましょう。

マウスウォッシュの使用

マウスウォッシュを使用し口臭のケアをする人もいます。

 

歯周病や虫歯の予防にもなるとも言われているため、そのような目的で使っている人も多いでしょう。

 

ただし、口臭を抑える効果は一時的なものであるため、根本的な解決になるとは言えません。ですので、他のものに比べると優先順位は低いと思います。

特にオススメな3つ

いま紹介したものの中でも、特に優先して行ってほしいのは

歯間ブラシやデンタルフロス使用

舌苔の適度なケア

朝食を摂る の3つです。

 

普段この3つを行っていない人は、これらが口臭の原因になっている可能性が非常に高く、実践するだけで口臭の根本的な原因を取り除くことができます。

 

ですので、まずはこの3つから実践してみて下さい。

治療による口臭改善

自力のケアである程度改善する人も多いですが、中にはそれが難しい場合もあります。

 

そのような人は専門家に見てもらった方が良いでしょう。

 

どのような治療があるのか、いくつか簡単に紹介します。

虫歯や歯周病の治療

虫歯や歯周病は臭いの原因となる細菌を増やすので、確実に治療するべきです。

 

これらが原因で口臭がキツくなっている人は、治療によってかなり改善されるでしょう。

親知らずの抜歯

実は、親知らずには口臭の原因になりやすいポイントがいくつかあります。

 

まず、食べかすが詰まりやすいため細菌を発生させやすいです。

 

また、歯茎が腫れやすく膿をもちやすいため、これも口臭の原因になります。

 

他には、虫歯になりやすいなどの理由もあり、口臭を発生させやすいため、できれば親知らずは早めに抜いておきたいです。

口内の除菌

口臭を抑えるものとして、抗生物質を使った口内の除菌があります。

 

これは細菌の増加による口臭の悪化を抑えてくれます。ただし、これは一時的な口臭対策であり、根本的な解決にはなりにくいです。

漢方の使用

口臭の治療には、体内のバランスを整えることにより、口臭を抑えることを目的とした漢方による治療もあります。

 

ストレスや疲れなどによって体内バランスが乱れている人には効果的でしょう。

呼吸器や消化器などの病気の治療

臓器の病気による口臭は、自力で判断できるものではないので、専門医に診てもらうほかないでしょう。

 

しっかりケアを行っていても口臭が治らないような人は、病気の可能性を疑ったほうがいいかもしれません。

 

まずは毎日できるケアから

以上、様々なものを紹介しましたが、やはり

歯間ブラシやデンタルフロス使用

舌苔の適度なケア

朝食を摂る 

この3つは必ず実践してほしいです。

 

これが一番身近でよくある原因であり、自力で改善しやすいものだからです。

 

また、もし慢性的な便秘の人であれば、この3つと同じくらい便秘の改善も重要になってきます。

 

そして、これらを実践した上で一度専門家に診てもらうなどして、口内の状態の確認やや口臭チェックを行うと良いでしょう。

 

繰り返しになりますが、自分では気づきにくい問題だからこそ、意識的にケアを行う必要があると思うので、ぜひ今回紹介したものを参考にしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする