嫌な上司になってませんか?嫌われる上司になる人・NGな10の特徴

f:id:C-write:20170515001625j:plain

嫌な上司・嫌われている上司なんてのは、どこの会社にも1人くらいはいるものです。

 

あなたにも1人くらい思い浮かぶ人物がいるのではないでしょうか?

 

このような上司は、客観的に見ると誰でも分かるような嫌なことをしてしまうのが特徴です。

 

しかし、嫌な上司は、客観的に見て誰もが嫌だと分かるはずのことをなぜしてしまうのでしょうか?

 

 

一つは、会社のストレスが関係しているのかもしれません。

 

仕事上で普段からストレスを抱えているため、自分の行動や言動を客観視する余裕もなく、周りに与えている不快感にも気付けていないのではないかと。

 

また、いざ自分が上司になってみると、『その立場や権力をひけらかしたい』という思いが無意識にあらわれ、自然と周りが嫌がることをしてしまっていることも考えられます。

 

つまり、気づかない内に『嫌な上司・嫌われる上司』になっている可能性が誰にでもある ということです。

 

 

現在部下がいる人も、いずれ部下を持つ立場になる人にも、ぜひ客観的に自分を見つめ直すことを意識してほしいです。

 

今回は『嫌われる上司になる人・NGな10特徴』を紹介したいと思います。

1.自慢が多い

自慢が多いというのは、嫌われる上司の鉄板ですね。特に年配の上司に多い特徴ではないかと思います。

 

「若い頃は~」なんて過去のエピソードを武勇伝のように語るフレーズは誰しも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

本当に尊敬できる上司であれば、多少の自慢話も全く不快にはならないと思いますが、そのような人はなかなかいません。

 

自慢話が多い上司というのは、大体が小物感漂うパッとしない人か、とことん嫌われているようなタイプでしょう。

 

部下にスゴイと思われたいのは分かりますが、慕われたいと考えるなら、権力のある立場になった時こそ、謙虚さを忘れないくらいが丁度いいのかもしれません。

2.上から目線で部下を見下しがち

本人はそんな意識は無い、というか感覚が麻痺しているのかもしれませんが、言動や行動がいちいち偉そうな上司っていますよね。

 

名前の呼び方だったり、口調だったり、常に威張るようなものの言い方をする上司も嫌われやすい上司の特徴と言えるでしょう。

 

厳しくすることと、偉そうにすることの違いをしっかり分かっていないと、嫌われ上司になってしまう可能性があるので気をつけたいですね。

3.えこひいきが激しい

よくあるのが、性別や容姿によるえこひいきです。

 

“女性に対して甘い” くらいのことならまだいいのですが、女性の中でも、可愛い子とそうでない子で明らかに態度が違ったりすると、まず好感は持たれないでしょう。

 

なかにはセクハラまがいのことをする上司もいますが、これは論外ですね。

 

嫌われて当然ですし、一刻も早く何かしらの処罰を受けてほしいものです。

 

また、自分が嫌いな部下に対して、明らかに態度が違うような上司も部下に嫌われている可能性が高いです。

 

仮に、嫌われているのが他の人であっても、部下に対し、そのような差別をしている上司を慕う人は少ないはず。

 

嫌いな部下がいる人は気をつけた方が良いかもしれません。

4.嫌味っぽい

嫌味っぽい上司は確実といっていいほど嫌われるでしょう。

 

ほんの少し注意するだけでも、いちいち鼻につくような言い回しをしてきます。

 

このような上司は、たいてい聞いてる周りの人間も不快にさせます。

 

また、本人にとってはそれが当たり前になり、気づいてない場合も多いので困りものです。

 

一度客観的な視点を持ち、自分自身を見つめ直すようなきっかけでもなければ、変わることはないでしょう。

5.八つ当たりのような叱り方をする

明らかに自分の虫の居所が悪くて怒っているような上司は嫌ですね。

 

特に、仕事とは関係のないところでのストレスによる八つ当たりなんかは、嫌われます。

 

上司といえど人間ですので、ときには感情的になってしまい、冷静さを欠くこともあるでしょう。たまには、八つ当たりをしてしまうこともあるかもしれません。

 

 しかし、そのような場合は後からでも「悪かった」と言える上司の方が断然カッコイイですし、慕われやすいでしょう。

 

上司の威厳を保つことも大切ではありますが、自分が悪いことをしたときに謝るかどうかは全く別の話です。

 

変なプライドは持たず、悪いことをしたときはしっかり謝れる人になるべきでしょう。

6.上司に媚びている

普段は偉そうにしている上司が、さらに上の人には対しては機嫌を伺い、媚びている姿というのは、部下にとっては不快なものだと思います。

 

もちろん、上司を慕うことはいいのですが、慕うことと媚びることは違います。

 

部下という立場から見ると、その違いは分かりやすいものです。

 

そのため、上司のご機嫌をとるイエスマンではなく、上司を慕いながらも自分の意見も言えるような余裕ある姿を見せたほうが、部下は好印象を抱くでしょう。

7.他の人の悪口を言っている

できない社員や自分の嫌いな部下の悪口を言っているようなタイプの上司もいますね。

 

部下の目線からすると、自分たちと同じ立場の人間の悪口を言っているような上司はあまり慕えないでしょう。自分自身、いつ悪口を言われているか分かりませんから。

 

ときには面白いと思って他の社員や部下をバカにする人もいますが、これも同じですね。

 

基本的に、人をバカにしたり悪口を言っているような人はそもそも好かれないですし、上司となれば、なおさら嫌われてしまうはずです。

8.清潔感が無い

身だしなみや清潔感というのも実はかなり大事だったりします。

 

特に女性の部下を持つ場合、清潔感というのは欠かせない要素になると思います。

 

スーツが整ってない・靴がボロボロ・髪がボサボサ・肌が汚い など、容姿でひいきする上司がいるように、部下も上司に対して清潔感が感じられないと嫌ってしまいます。

 

体質や加齢による衰えなどによって、どうしようもない部分もあるかもしれませんが、せめて自分にできる最低限の努力は行うべきかと思います。

9.自分と比較させる

「俺はこれくらい一日でできる」

「俺がお前くらいのときはこれくらいできていた」

 

などと、比較対象に自分を使う嫌な上司もいますね。

 

相手を褒めるための比較であれば良いと思いますが、「自分と比べてお前は劣る」といった比較は、事実がどうであれ、確実に悪い印象を与えるでしょう。

 

あえて嫌われ役になり、やる気を出させるという考えも無くはないですが、ただ嫌われるだけで終わる可能性が高いので、できるだけ自分と比較させるのは避けたほうが良いかと思います。

10.責任感が感じられない

責任感の有無というのは、慕われる人とそうでない人を分ける重要な要素です。

 

いざという時に責任逃れをしたがるような上司は、まず慕われませんし嫌われる可能性が高いです。

 

特に、部下に責任をなすりつけるようなタイプは確実に嫌われるでしょう。

 

ダメな上司というのは、頭では分かっていても、実際にそのような状況になると自然に逃げ腰になってしまうものです。

 

態度や行動によってしっかりと責任感を示せる上司になりたいですね。

 自分は本当に大丈夫か見直そう!

いかがでしたか?

 

繰り返しになりますが、今回あげた特徴は、客観的に見れば嫌われて当然と分かるものばかりです。

 

しかし世の中には、嫌な上司が沢山います。

 

やはり、いざ自分が上司という立場で主観的になると、自分の言動や態度が他人を不快にしていることに気付きにくくなるのではないかと思うので、「自分は大丈夫だろう」と思っても、油断はしないほうがいいでしょう。

 

できるだけ自分を客観視して、どうせなら部下への気配りができるような余裕のある上司になりたいものです。

 

上司という立場にある人は、少しでも参考にしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする